3630524 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ルアー職人&フライ巻師のBLOG

Mar 17, 2021
XML
カテゴリ:釣行記
今週は2日とも日本海側に出掛ける予定だったけど、天気予報では雨が降って風も強い予報だったので行く先変更。
前日こちらの川に出掛けていたBarber K情報で水面炸裂を知っていたから、ついその魅力に負けたというのも否めない。
ところがいざ行ってみると、前日炸裂していた水面は1時間おきにポツリポツリと弾けるだけ。
途中、全然気配さえも遠ざかったタイミングで沈めたウーリーバガーに喰ってきた魚は、ファイト中に流れの中で方向転換されてブレイク。
ようやく再開した単発ライズを仕留めたヤツは、ランディング直前にすっぽ抜けと川の神に見捨てられたかのような展開。

そのバラシから1時間以上静まり返った水面を凝視していたら、なんとなく銀色の影が水面直下で反転したような気がしたのでパラシュートスペント#13を浮かべます。
一回目は喰い損ねたものの続けざまに流下してきた虫に出たので、間髪入れず再びフライを流してやると魚体を露わにしてのヒット。
今度は殊更丁寧にやり取りして、ようやくのキャッチ。

キャッチ
キャッチ posted by (C)matsukuni


ドライフライを喰ってくれて、ホントにありがとう。

パラシュートスペントで
パラシュートスペントで posted by (C)matsukuni


ライズを見付けると体中の血が逆流し、そのライズの主にフライを流し込んで水面を割って大きな口が現れた時には血が沸騰する・・・そんな感覚が味わえるのがこの釣りです。
しばらく前にラバーの部分が劣化して以来ずっと使っていなかったストマックポンプですが、今シーズンは久しぶりに再購入してみたので使ってみたのが夕べの写真。

ニジのご飯
ニジのご飯 posted by (C)matsukuni


なるほどこれはライズしないはずだ・・・
たまたま水面付近を流れる虫に反応したのを見付けてフライを流したからドライに出てくれたけど、お腹の中の殆どがニンフだもんね。

その後も日没近くまで粘ったけれど水面は割れず、流れに沈めたウェットフライに2回アタリがあったのも乗せれないまま初日は終了。
なんとか1尾で満足して、夕べの車中食に移行したわけです。

突き出しの後は、大根鍋を経由して、〆のきつねうどん。

大根鍋か
大根鍋か posted by (C)matsukuni

〆のきつねうどん
〆のきつねうどん posted by (C)matsukuni



昨日よりも強風予報だった日本海側を諦め、今日こそ水面炸裂祭りを期待して虹の川連荘。
と・こ・ろ・が・・・

現実はそう甘くなく、今日も散発ライズに翻弄されて、ようやくヒットに漕ぎつけたけれどエサをたっぷり食べて体力を付けた魚は強い。

伸ばされた
伸ばされた posted by (C)matsukuni


#12フックを伸ばされて、バラシたのみに終わりました。
まだまだ修行が必要ですね。
次の休みは日本海側に出撃したいところ。

(kuni)






Last updated  Mar 17, 2021 10:23:33 PM
コメント(8) | コメントを書く
[釣行記] カテゴリの最新記事


PR

X

Category

Favorite Blog

鶏厚揚げ野菜炒め New! 慎之介64さん

裏腹 晴れ太935さん

ビワの葉を収穫する ponpontondaさん

何も出来へん Nori1022さん

かんじ親爺のFF日記 無茶1さん
けんかんこ てんっ♪さん

© Rakuten Group, Inc.