2921779 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ルアー職人&フライ巻師のBLOG

全492件 (492件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 50 >

その他諸々、釣りのお話

May 21, 2019
XML
どうしてこんなニゴイと変わらない風貌の魚が、こんなにパワフルかつスピーディーなファイトをするのだろう。



冒頭で書いたニゴイもフライで狙って釣れるターゲットではあるけど、ボーンフィッシュほどのパワーとスピード、そして耐久力は持っていないもんね。
ボクが初めて#8のタックルを買ったのは、まさにこのボーンフィッシュを釣りたいというが一番の理由だったなんてことは自分でも忘れ掛けていたなぁ。
まぁ、当時も今もそんな釣行は未だ夢のままなんだけど・・・

(kuni)






Last updated  May 21, 2019 09:45:31 PM
コメント(6) | コメントを書く
Apr 27, 2019
ウェーダーは今シーズン購入したので水漏れなく快適になりましたが、ウェーディングシューズも相当傷んできています。

いよいよかなり傷んできた
いよいよかなり傷んできた posted by (C)matsukuni


縫い目のホツレはアクアシールの目止めでは間に合わなくなり、あちらこちらに開いた穴から川砂が大量にシューズ内に侵入します。
靴の中に砂が入ると、せっかくのウェーダーのソックス部分も傷むから楽観視できない。
とは言っても決して安価な買い物ではないから、「じゃ、買おか」とは簡単に決断出来ないのが辛いところ。

そんなマイシューズのBOAシステムのダイヤルが妙に硬くなってしまっていたので、パーツ交換してみたら嘘みたいに軽い操作でワイヤを締め上げることができるようになりました。

パーツ交換
パーツ交換 posted by (C)matsukuni


もうちょっとだけ頑張ってもらおうかな。


そしてこちらは前回の釣行時に使った、引っ張り系&ナチュラルドリフト系のフライ達の一部。

リアル系
リアル系 posted by (C)matsukuni


下のマシュマロボディのウェットは実に「虫っぽさオーラ」全開だったし、上の定番ストリーマーは足元の駆け上がりで何者かに襲われたし、どちらも良い働きをしてくれた感じ。
もっともっと良い働きを期待しつつ、明日はボクが働きましょう。

(kuni)






Last updated  Apr 27, 2019 08:02:40 PM
コメント(10) | コメントを書く
Apr 15, 2019
今の本流のメインリールとなっているハーディー社『The St. Aidan』ですが、このシンプルな造りのクラシックな1台はボクのお気に入り。

ラインを巻くと表情が引き締まる
St. Aidan posted by (C)matsukuni

ウェットで攻める
ウェットフライとSt. Aidan posted by (C)matsukuni


クリックドラグなので逆転時のサウンドがなんとも味があって、とってもよろしい。
あのスクリーミングサウンドを聞いてしまうと、ちょっとサイレントなリールには戻れないかな。

リールと尻尾
リールと尻尾 posted by (C)matsukuni


自重も軽めなのも、大きなメリットですね。
もちろん控えに回った往年のラージアーバーの名品、LOOP社のトラディショナルもまだまだ使い続けるつもり。

02戌年にブラックドッグ
LOOP3トラディショナル posted by (C)matsukuni


フライタックルは比較的、モデルの変遷がゆっくりなのが嬉しいね。

(kuni)






Last updated  Apr 15, 2019 10:09:18 PM
コメント(6) | コメントを書く
Apr 11, 2019
古いウェーダー2着使い回し作戦が限界を迎えたので、ついに観念して新しいウェーダーを注文していたのが届きました。





このメーカーの、このモデル・・・実は3代続けて同じもの。
自分の体型に合っていて、なおかつコスパもまずまず。
これで水漏れを気にすることなく、釣りに集中することが出来そうです。

(kuni)






Last updated  Apr 11, 2019 09:18:00 PM
コメント(10) | コメントを書く
Mar 5, 2019
ラージサイズのネットが到着しました。
今回は少しだけ贅沢をして、ネットを納めるケースは皮製をチョイス。

大きいネットが到着
大きいネットが到着 posted by (C)matsukuni


この皮が使い込んで飴色になるのが、今から楽しみです。
実物を見るとケースの大きさだけでも、かなりの差があるのが分かりますが、写真だとそんなに変わらないように見えますね。
でも実際に広げてみると、その差は歴然。

広げると差が歴然
広げると差が歴然 posted by (C)matsukuni


フレームがバネ状の金属なので流れの中で水流を受ける際に抵抗を受けてたわみ易くなるので、今回はメッシュネットではなくナイロンの目の大きいネットを選びました。
開口部がスタンダードサイズより10cmくらい大きくて、長い方の内径が50cm程度あるので、これで少々の魚が来ても安心です。

開口部50cmくらい
開口部50cmくらい posted by (C)matsukuni


ただ元々持っていたスタンダードサイズもそうなのですが、ネットの形状が先細りの円錐状なのが気に入らないので、時間を見つけて少しずつクレモナ糸を編んで自分の好みのテーパーになるようにネットを編むことにしよう。
シーズンに入ってしまったので、いつになるか分からないけどね。

(kuni)






Last updated  Mar 5, 2019 09:43:32 PM
コメント(8) | コメントを書く
Mar 3, 2019
もう使い始めて4シーズン目となるチェストバッグと、コンパクトに畳めるインスタネット

チェストバッグとインスタネット
チェストバッグとインスタネット posted by (C)matsukuni


バッグのベルトにセットしたチープなプラスチックケースに収まっているのがインスタネットで、これを引っ張り出して『パッ』と開くとそこそこ大きめのランディングネットになります。

このネットでサツキマスや本流アマゴを今まで掬ってきて、携行性にも優れていて使い勝手も上々だったので、別段不満はありませんでした。

広げたインスタネット
広げたインスタネット posted by (C)matsukuni

11激流から
サツキマス posted by (C)matsukuni

02尺越えアマゴ
本流アマゴ posted by (C)matsukuni


そして先月45cmくらいのレインボーも快適に掬えたのですが・・・

05最後の最後でキャッチ
45レインボー posted by (C)matsukuni


泣き二尺を掬うのは、かなり難儀しました。

泣き二尺
泣き二尺 posted by (C)matsukuni


放流されたレインボーとは言え、これをもし足元でランディングミスで獲り損ねていたら相当ショックだったはず。
勘の良いお友達の皆さまには、とっくに読まれていることでしょうが・・・
同様の大型ネットを調べていたら、この指が『ポチッ』といっちゃったわけですね。

だって万が一にも大本命の遡上魚が掛かって、ネットが原因でキャッチし損ねてしまったら、悔やんでも悔やみきれないでしょう?

写真のネットはサツキ用、近日中に届くネットはサクラ用。
そんなに簡単に釣れないことは、身を持って知っていますよ。
でもね・・・保険ですよ、ほ・け・ん。ぽっ

(kuni)






Last updated  Mar 3, 2019 09:06:40 PM
コメント(8) | コメントを書く
Feb 7, 2019
よーしよし、これで3月に向けて一番大切な準備が整った。

年券
年券 posted by (C)matsukuni


今日の仕事帰りに、いつもお世話になっているフライショップ『Loop Knot』さんで、ボクのホームリバーふたつ分の年券を購入して来ました。
そしてもうひとつヒジョーに大切な準備が残っている・・・花粉対策の抗アレルギー薬。
毎年早めに処方して貰いに行きたいのだけど、どうしてもこの時期の病院はインフル感染が怖くて中々行けないのが実情です。

ま、薬がなくても釣りには行けるけど、年券なしでは行けないから、まずは一安心だけどね。

(kuni)






Last updated  Feb 7, 2019 09:33:34 PM
コメント(6) | コメントを書く
Jan 31, 2019
久しぶりにキャスティング練習に行って来た。
初めてのタックルだったこともあって、どうも「これは!」と思えるキャストが決まらないままに帰って来ることになりました。
ホンの1時間半ほど竿を振っただけなのに、右腕の筋肉が張っているところをみると、どうやら無駄な力が入り過ぎていたのが飛ばない一番の原因だったのかも。

キャスティング練習
キャスティング練習 posted by (C)matsukuni


なんとなくラインの乗りを感じ難かった気がするので、上手くDループが作れていなかったのでしょうねぇ。
思っていた以上に張りのあるロッドだったから、もっと軽く振ってやる方がラインの重みをロッドに乗せることができるのかな。
3月の解禁までに、もう少し練習を重ねておかないと痛い目に遭うね・・・これは。
もう少し気合いを入れて、プラクティス&プラクティス。


なにやら「とある市長さん」がパワハラだの暴言だのと、メディアがこぞって書き立てています。
いやまぁ、確かにその暴言の内容たるや、メディアが『抜粋』している箇所だけを聞けば、本業の地上げ屋バリの横暴さなので当然ながらボクも「とある市長さん」のいる一市民としては「なにやってはりますの!?」と言いたいところではありますが・・・

ただ実際に市長が激昂する理由となった国道はボク自身毎日通勤で使うルートでもあるので、その進捗度合いたるや他の区間に比べたら「何年放ったらかしにしたら気が済むの??」と苦言を呈したいところ。
死亡事故まで起きた交差点のことを思えば、市長が必死になって工事を進めようとしていたことは決して理解できないことはない。(クドイようだが、その激昂したときの暴言は決して許されるものではないが)
実際に殆ど報道はされなかった音声に「自分が土下座してでもなんとかする。市民の安全のためだ」という箇所があったというのが、いかにマスコミが内容を面白おかしくするために暴言部分だけをクローズアップしたのかと勘ぐってしまうところではあるし。
他にネタがないのか、その暴言部分だけをクローズアップして周囲にわめき散らすマスコミには辟易するね。

件の暴言が吐かれたのは1年以上も前のことなのに、次の市長選が近付いてきたこの時期にわざわざリークしたヤツがいるといのもキナ臭い気もするし。
誰かが情報操作しているならば、そちらの方こそ炙りだされて然るべきだと思うけどね。

別に「とある市長さん」にだけ肩入れするつもりは微塵もないけど、今までしっかりとした市制を築いてきたこともまた事実なんだけどなぁ。

(kuni)






Last updated  Jan 31, 2019 12:13:24 PM
コメント(10) | コメントを書く
Jan 8, 2019
なんとなく『この羽根で巻こう』という構想は頭にあるのに、中々タイイングに掛かる時間が取れない・・・

この羽根で
この羽根で posted by (C)matsukuni


特に何があるというわけでもないけど、巻いている余裕がないですなぁ。
まぁ、1本巻き出したら色々と巻きたい(もしくは巻いておくべき)フライが次々と出てくるのでしょうけどね。

今のストックでシーズンインできないこともないけど、やはりモチベーションを上げていくためにも今年のスターティングフライを巻いておきたいところです。

(kuni)






Last updated  Jan 8, 2019 10:39:00 PM
コメント(6) | コメントを書く
Dec 29, 2018
シューティングヘッドに繋ぐ、ランニングラインを買ってみた。
触った感じは抵抗感も少なくて、巻き癖も付き難そうだし悪くない気がするけど、実際の使い勝手だけはフィールドでしか分からないね。

BRAIDED MONO PE
BRAIDED MONO PE posted by (C)matsukuni


気になるところはブレイデッドの形状ゆえのライン表面の凹凸が、ロッドブランクスやガイドを傷めないかという点くらいかな。
これは#5のスカジットキャスト向けタックルに使うとして、リールに巻き込んでおく予定。

単純に飛距離のみを求めるなら、モノフィラのナイロンラインを使うのがベストだけど、前にも書いたように寒い季節だと細いモノフィララインを手で手繰る時に滑っちゃって困るんだなぁ。
なので、ランニングラインは飛距離とハンドリング性能を天秤に掛けて、色々と思案する必要があるのです。


久しぶりの寒気が訪れているので、夜明け前などは特に寒いですね。
陽が昇ったら暖かくなるかと期待してたけど、風も強いし気温は然程上がらないしで冬らしい暮れって感じの一日。
明日も明後日も寒い日が続きそうなので、職場のメンバーも風邪を引かないように31日の仕事納めまでいきたいところ。

(kuni)






Last updated  Dec 29, 2018 05:38:40 PM
コメント(6) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全492件 (492件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 50 >

PR

Category

Favorite Blog

オレンチオレンジ New! 慎之介64さん

良さそう New! Nori1022さん

今シーズン初の入鹿… New! ponpontondaさん

海の幸を食らう 晴れ太935さん

かんじ親爺のFF日記 無茶1さん
けんかんこ てんっ♪さん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.