2648404 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

M.KEIZOの「花のある風景」撮りある記

2021/04/14
XML
カテゴリ:桜風景

平和町桜ネックレスは、第一幕の小公園の祇園枝垂れ桜から始まり、第二幕目は須ヶ谷川づつみの染井吉野の桜並木、
終盤を飾る第三幕は、豪華絢爛のサトザクラの出番になりました。
八重曙・普賢象・鬱金・御衣黄などのサトザクラ群が日光川桜づつみを染めています。





(1)日光川桜づつみの南端にある小公園から約560m先の北の端まで行って戻ってきます。
写真: 中央小公園付近 (4)






(2)早かった祇園しだれ桜(右)は、もう葉桜になりました。
写真: 中央小公園付近 (1)






(3)葉桜と咲き誇るサトザクラ
写真: 中央小公園付近 (2)






(4)サトザクラの突羽根と江戸など
写真: 中央小公園付近 (3)






(5)堤防道路を上流方向に散策します。
写真: 中央小公園付近 (5)






(6)今が満開の八重匂(やえにおい)
写真: 八重匂 (1)






(7)八重匂・・・ヤマザクラ系のサトザクラで東京では、4月中旬に重弁の淡紅紫色の花を咲かせる。外側の花弁のふちや外面は紅紫色である。少し垂れて咲く。
写真: 八重匂 (2)






(8)八重匂
写真: 八重匂 (3)






(9)八重匂
写真: 八重匂 (4)






(10)
写真: 御衣黄 (2)






(11)黄色い花は御衣黄(ぎょいこう)・・・花は緑色の部分と黄色の部分がまじっていて、花弁の中心に緑色の条があり、満開になるにしたがって紅色の縦線がはっきり現れ、花弁はやや外側に反る。花弁数は12~14枚あり花径は3.3~3.5cmぐらいで、やや小輪である。
写真: 御衣黄 (1)






(12)渦桜(うずざくら)・・・花は一様に淡紅色で、多少らせん状に配列する。花径は3.0~3.5cm、花弁数は30枚ぐらいあり、倒卵形で長さ1.5~1.7cm、幅1.2~1.5cmあって先は2裂する。
写真: 渦桜 (1)






(13)渦桜
写真: 渦桜 (2)






(14)八重紅虎の尾(やえべにとらのお)
写真: 八重紅虎の尾 (1)






(15)八重紅虎の尾・・・花は紅色、花径は3.5~4.0cm、小枝にかたまって咲く特徴がある。花弁数は25~35枚。
写真: 八重紅虎の尾 (2)






(16)天の川(あまのかわ)・・・花は淡紅色で、花弁の先のほうが紅色がやや濃い。花径は4.0~4.5cm、花弁数は約15枚で3列をなし、最内列は多少直立する。
写真: 天の川






(17)紅豊(べにゆたか)・・・花は横向き、下向き、八重咲きで平開形、花径は4.8~5.0cmで大輪、紅色または濃紅色。花弁数は15~18枚。
写真: 紅豊






(18)鬱金(うこん)
写真: 鬱金 (1)






(19)鬱金
写真: 鬱金 (2)






(20)鬱金・・・花は淡黄緑色、最外部のものは外面が淡紅色を帯びる。花径は3.5~4.0cm、花弁数は10~15枚。
写真: 鬱金 (3)


 



(21)駿河台匂(するがだいにおい)・・・花は白色で芳香がある。花径は3.5~4.0cm、花弁数は5枚、ときに1~3個の旗弁がある。中肋(ちゅうろく)そってしわがあり、先端は2裂または多裂する。
写真: 駿河台匂 (1)






(22)駿河台匂
写真: 駿河台匂 (2)






(23)普賢象(ふげんぞう)
写真: 普賢象 (1)






(24)普賢象
写真: 普賢象 (2)






(25)普賢象・・・花ははじめは淡紅色、のち淡灰白色となり、ナデシコ咲きとなる。花弁数は30~35枚、花径は4.0~5.0cmあり豊麗である。
写真: 普賢象 (3)


続編に続きます・・・




愛知県稲沢市平和町 平和町桜ネックレス・日光川桜づつみ桜並木・・・2021.04.08 撮影






最終更新日  2021/04/14 08:45:23 PM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.