1425648 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

まったり感想日記

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

サイド自由欄

*サイトご案内ページ

*頂き物作品のページ

*小説感想
*映画感想

*漫画感想
   (ジャンプ感想




20**年**月**日現在。
最近読んだよ。とか、買ったよ。とか観たよ。

*予約*

バックナンバー

2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天カード

2007年09月12日
XML
カテゴリ:ドラマ感想
公式HPより。第11話あらすじ。

 芦屋瑞稀(堀北真希)は、佐野泉(小栗旬)の父親・岳彦(杉本哲太)のことで口論となった佐野と関係修復ができないまま、中津秀一(生田斗真)からの告白を受け、思い悩む。

そんな折、桜咲学園が陸上競技大会の予選会場に選ばれ、その開会式を盛り上げるためのパフォーマンスをすることに。生徒たちは面倒くさがるが、参加した寮にはハワイ旅行が贈られると聞き、全寮が立候補する。

一方の佐野は、桃郷学院のグランドで弟・佐野森(大東俊介)を指導する岳彦を見ていた。内心、岳彦と対峙したいとも思うが一歩が踏み出せず、グラウンドを後にする。

梅田北斗(上川隆也)に言われ、桃郷学院まで来た瑞稀だったが、佐野とは行き違ってしまう。ところが、そこで目にしたのは、担架に乗せられ運ばれる岳彦の姿だった。


佐野の事、隙かと訊ねる中津が切ないですわ~~~ほえー

「オレはお前を絶対悲しませたりしない」

言っちゃったことを公開しそうな雰囲気の中津ですが、
オーラくんは中津の一番の理解者っぽいですね。
同室だし、オーラを読み取れるわけですから気持ちを汲み取って上げられるんでしょうねー。


高校陸上大会が桜咲学院で開催決定。
パフォーマンスを引き受けてくれた寮には、毎度の景品プレゼント。

えっと、財政難とか言われているのは、いちいち生徒をモノで釣っているからではないかと雫
確かに子供はモノで釣るもんだけども!!私も釣られるけども...orz


瑞稀が佐野の親父さんが倒れたことを告げ、無理矢理病院に佐野を送り出す。

シャツを裏表に着ていたこと考えても、やっぱ親が倒れたことに動揺しているってことなんでしょうか。
意地張ってるばかりだから、行き辛いのは分かりますけど。


 ~~関係ないCMネタ~~
    オーランドブルームのUNOのCMがかっこよすぎた!q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p!


「すまなかったな」

妻を看取れなかったこと、夫らしいことをしてやれなかったこと、申し訳ない思いが集約された言葉。
佐野だって、母が夫の名前を呼んでいたのは、寂しかったからじゃない、夫を信じていたからと分かっていたました。

「オレにも信じられるヤツらがいるんだ」

私がお母さんの立場なら、やっぱり仕事頑張ってね、って思いながら死ねると思うんですよ。
信じているからこそ、自分のことを思っていてくれているとちゃんと理解している。

子供には分かり辛い大人の女の気持ちってあったんでしょうね。
瑞稀や中津に対する思いが、父と、そして弟と和解させてくれたように思えますきらきら


中津に会うのはギクシャクするわね、瑞稀と中津、前回の夜のシーンから初対面です。

でも、あのギューッて抱きしめたシーンからどうやって切り抜けたんだろう?
やっぱこの作品は、前回のラストと次回の冒頭が繋がらない( ̄▽ ̄)ノ_彡☆

佐野が瑞稀の正体を知っていたと知る中津は今回も宣戦布告。

オトコっていきものは、何でも勝負勝負なんですね。
それでも、イケメンが言うんだからサマになっています目がハート
ブロッサム女子が介入した3寮対決で、意地を見せる中津をひたすら応援したいです。

水中息止め対決なんて、お気に入りです(笑)

ギャル語対決のひばり様が、マヂでイカしていたのえすが、
対決自体がどんどんと違う方向へ進んでいくのも楽しいもんです。
火おこし対決での中津の遊ばれ様に、真希ちゃんが本気で笑っていたので、
私も吹きましたε=(>ε<)プップップー。

既に、小学生の運動会のノリ、あと、”芸人”として闘う男たちの競技にも見えなくないですグッド
結局は30-30-30勝で、ドローに終わり、一致団結で大会を盛り上げることになったわけです...が、この対決は何だったんだ??
楽しかったからヨシとする音符



父と和解できた佐野ってば、素直ですこと!(*^▽^*)!
長い時間が必要だったとの佐野の言葉に、
瑞樹は「その時間が必要だった」とかなりポジティブですよね。
困らせるのも、励ますのも、上手です♪

「今度の大会、お前の為に跳ぶから」

毎度言うけど、それって彼女に対する決意表明だってばよ!!

日ごろの感謝を込めて跳んでくれると思っている水木が、鈍感すぎて、さりげなく告白しているらしい佐野に同情して泣けてきますわからん



秋葉さんのお話もちょいと。
「変な事言ってもいい?この瞬間の溜めにカメラマンやってきたと思う」

いやいや変なことないですよ!!
誰だって自分の大好きな事で、素敵な瞬間が訪れるのなら至福のときじゃないでしょうか。
ましてや佐野を追いかけていた秋葉なら、ただのイケメン佐野を撮るよりも、
有意義な時間だと思いますきらきら


そして本日イチオシなシーン、、待ってました(≧∇≦)/!!

にこやかにチア男子を送り出す関目くん&佐野の笑顔もまた素敵ですが、それ以上にピンクハート楽しみにしておりましたヾ(´▽`;)ゝ

アヴリルの『ガールフレンド』の選曲もまたナイス~~。

瑞樹の笑顔、中津の軽やかなダンス、皆揃ってウォーターボーイズみたい(笑)
髪の毛しばって、こんだけのイケメンが勢ぞろいでチアなんて清清しいったらありゃしない!!
この大会見ている日とたちがどんだけお得感に包まれたことか~~目がハート

「あいつら見てると、人の心を動かすのは純粋な気持ちだけって事を思い知らされる」

男性大好きな梅田せんせならではの言葉...とも思いますが、こちらも純粋な気持ちで、先生として生徒を見ている瞬間なんでしょうね。

しかし、チアだけでどんだけ私も語ってんだか。どんだけ興奮してんだか。

これに癒されたのか?「オウっ」を連発する兄に対しても動じることのない弟もなかなかいい根性してます。



パスをし続けて瑞樹に見せる為に1番高いバーを待つ佐野は2回失敗して、
神楽坂くんは楽々クリア。
ラスト1本は、瑞樹の持ってきたお守りと、父からの伝言を聞き、
中津たちは手拍子で雰囲気を作り、佐野を応援。
そしてジャンプ。


誰もが笑顔の中、ひばり様だけ深刻な顔して寮長3人に桜咲学院に恩なのがいることを告げる---で、次週であります。

佐野パパから呼ばれた瑞樹が、病院から会場に急ぐ途中でパスポートの入った財布を落とし、女だということをひばり様にバレてしまったわけですが、佐野パパが電話で伝えたらよかったじゃん!!
「2足下がれ」なんて口頭でよさそうなのですが~~ショック

えっと、制服をしっかりと着こなしているオスカー先輩がかっこよく見えますが、
目の錯覚ではないですよね目がハート






最終更新日  2007年09月16日 13時43分04秒
[ドラマ感想] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.