1387691 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

まったり感想日記

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

サイド自由欄

*サイトご案内ページ

*頂き物作品のページ

*小説感想
*映画感想

*漫画感想
   (ジャンプ感想




20**年**月**日現在。
最近読んだよ。とか、買ったよ。とか観たよ。

*予約*

バックナンバー

2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天カード

2007年10月14日
XML
テーマ:アニメ!!(3767)
カテゴリ:アニメ(感想
2307年のお話。地球の枯渇した石油に替わって生み出された新たなエネルギー太陽光発電。
対立するのは、アメリカを中心としたUNION
中国・ロシア・インドを中心とした人類革新連盟
ヨーロッパのAEU


大まかに分けられた世界、ずっとずっと戦争から生まれる憎しみの為に生きる地球。
その地球の利権を巡る争いに楔を打ち込んだのがソレスタルビーイングってわけなんですね。

24世紀まで石油がもったことが不思議ですわw(°o°)w
今の世界ですらもヤバイヤバイ言うてるってのに。

お客さん掴む為には仕方なかったことなのかもしれないけど、これって第1話で言って欲しかったなぁわからんめっさ大事なことやで~。
シリーズ通して世界観は共通してないみたいですけども、最初で理解できた方が嬉しかったかな~なんて、個人的に思えます。
ってか、これこそ、お客さんを掴む為に初回説明って必要だったんじゃね?


UNION経済特区東京...何世紀たってもアメリカと仲良ししてるんですね(苦笑)

「自分の利益にならないのに、行動する人たちなんているのかな」

ルイスが言う通り、ボランティアでやる人だっているはずです。
莫大な財産から何の損得勘定なしで動く人は世の中にたくさんいます。

が、こと戦争ですからね、それはおかしいと思う沙慈がいたって間違いじゃないです。
でもうちは、お金ないですから、赤い羽根の募金と国際ボランティア貯金で
イッパイイッパイです(,,´д`)...。oо○うちにも募金して下さい...。


ところで、UNIONの大統領が「我々の替わりを勤めてくれる」と仰ってますけど、やっぱりアメリカへの皮肉の作品じゃないですか、これって。
それのおかげでアメリカと比較してしまうので、ガンダム世界のUNIONが国民の安全と国益だなんて、うわっつらとしか思えず、国益の為に中東への戦争へ、わざわざ軍事介入しているようにしか見えません。

そして、方が付けばデザートを食べられるのはやっぱりアメリカだけ、みたいな感じ...。



一方、南の島で休憩中なのか、ガンダムマイスターたちのところへ、
セカンドミッションを届けるデカパイチャイナ娘・王留美と
執事(ってか、また執事かよ~~~笑)紅龍。


その頃のチームUNION。
情報収集でもしてんのかな、グラハムとポニーテールメガネ・片桐くん。
「あの機体は特殊すぎる」って、21世紀の大問題、
メタボリックガンダムのことを言っているのですか?ンン?

ガンダムからの粒子に対し、「好意を抱くよ」と中村くん。
こちらがあなたに好意です~~~~~~~~~~~ハート(手書き)
声萌えだけか?とか思っていたんですけど、
グラハム萌え目がハートでもいいんじゃね?って思えてきたよ。グッジョブ、中村くんグッド
いや違うよ、中村くんじゃないんだよ、グラハムなんだよ...。


あ、いかん!神谷さんとティエリアが合っていなくね!?

もうちょっと若い声を期待してしまいましたが、大丈夫、来週には絶対慣れていますから。
あ~~~~、
絶望した!そんなことを思う自分に絶望した!!
    ↑言うと思ったって人多いと思うYO!言いたかったんだよ、勘弁してよ♪

...えーと。
若さゆえ、ってセリフはずっと前のガンダムにもあったよーな気がします。
やっぱり若い子がガンダムマイスターとして参加しているので使いたくなるようなセリフなんでしょうか。
ロックオンは歳いってるよね。

比べる必要ないんですけど、ロボアニメはエヴァしか知らないので、つい...。
エヴァでの14歳の子がパイロットってのは割と説明でしっくりきたもんなのですが、このガンダムでもこんな若い世代が搭乗しているのってちゃんと理由があるのでしょうか。
私にとって、ポイントですひらめき


で、歳とは関係ないけどさぁ、ハロが言った「計画通り」はさ、

パロってないはずなのに、
パロだと思っている自分に笑ったよ~~(●≧∪≦)(≧∪≦●)


でも宮野くんは、キングダムハーツでしか知らないんだっ。テヘ♪

そうそう、また教えてもらったんだ~!ハロは”モビルスーツ”じゃなくて”ロボット”だってことを(笑)だって、ロボット=モビルスーツって聞いてしまってたから、こっちまでひとくくりするのかと。
ハロが登場する意味ってのがまだまだ謎なんですけども、今はとても癒されますよね!



民族紛争が終わらないセイロン島へ、武力介入するソレスタルビーイング、そしてそこに向かうのはガンダム軍団。
もちろんそこでも、ロボットでのゲリラ紛争が行われていました。

ソマリアの二の舞にならないのは、やはり武力の差なのでしょうか。
あの悲劇あっても、アメリカが他国の紛争に首を突っ込むのが分かりませんでしたが、大人になって理解できたのは、やはり石油などの、自然エネルギーの利権が莫大だということ。

その利権というのは、セイロン島の紅茶のこと...ではなくて、
グラハムがちゃんと説明してくれていました。

海底を通る太陽エネルギーの安全確保を目的とした人革連の行動とのことです。

過去に捕らわれた刹那...
主人公が暴走するのはよくあるパターンですよね。
第1話冒頭でガンダム=神という見方を刹那がしていることを考えたら、自分が神だと思っているみたいな「オレがガンダムだ」というセリフでした。

一体どこのデスノートΣ(゚Д゚*)))
    ↑言うと思ったって人多いと思うYO!言いたかったんだよ、許して♪

でも、これは「平和の為の」と名が付いていなければ、ただの大量虐殺でしかない。
キレる10代が、24世紀にもなってニュース記事に当たり前に登場しそうな...←違うと思う。

圧倒的武力で双方をねじ伏せるチームガンダム属するソレスタルビーイングの目的は、
謎に満ちています。
200年も前に死んだはずの男がイオリア・シュヘンベルグとして今、声明文を読み上げる。

この場合単なる同姓同名だけでは済ませられない状況であろうし、同一人物であるのなら生きていた頃のVTRであってもおかしくはない?
そんな昔から武力介入を目論んでいたのかもしれないし。

純粋な気持ちでこうなることを予測していたとは思えず、(おっさんの顔も充分に怪しすぎるしね!!)第1話のテロ行為ももしかしたらソレスタルビーイングの自作自演にもとれますよ。


「私たちは物事をかえる時に付き纏う”痛み”」

自分たちへ、憎しみの矛先を向けさせる魂胆を抱えるソレスタルビーイング。
なんだ、イイヤツラなんじゃんっウィンク
それに加担している(って、イヤな言い方かもしれないけども...)人たちにはそれぞれ、重く苦しい過去がのしかかっているんでしょうね。


「君の存在に心奪われた男だぁっ!!」

そして終いにはこのセリフ。
グラハムがモビルスーツを着てガンダムに突撃。
腐女子が喜ぶセリフにとってしまいましたが、ええのん?



第2回の総括(笑)

中身濃いな~って思えます。
内容いいんじゃね?
いいよ、こてんぱんにアメリカを皮肉るのにちょうどよくね?フッ。
別にアメリカさんが嫌いというわけじゃないです、ええ決して(*´ー`)一般市民として見れば大好きなお国ですよ♪

で、さすがサンライズさんですね。バトルシーンは圧巻きらきら
素人ながらに、作画が素敵やったな~って思うのですが、いかがだったのでせう?
あのぅ、ケロロのバトルシーンもかっこいいよ(笑)






最終更新日  2007年10月17日 04時21分55秒

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.