074703 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

松浦伸也の日記

PR

カレンダー

コメント新着

田中み@ Re[2]:好きな他人のために自分の時間を使う感覚を持つこと(07/17) まつーらしにゃさんへ やったー!! コメ…
田中みずき@ Re:好きな他人のために自分の時間を使う感覚を持つこと(07/17) 松浦さん、お久しぶりです。 銭湯ペンキ絵…
ぽんた∩(=^エ^=)@ いいぞ~! その調子だ。“○(=^V^=)○”
ぽんた∩(=^エ^=)@ 大丈夫か~? きっと無事だと信じているぞ。

サイド自由欄

おれがおれがのがを捨てて
おかげおかげのげで生きる

売れない芸人を目指しています。

食の関係づくりと、
住の環境づくりと、
職の構造づくりが、なりわいです。

人を幸せにすることすべてを。

フリーページ

2019年12月27日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

完全に風邪を引いた。
毎年のことなんだけどこの10年くらい年末年始、必ず風邪を引く。
いつものこと過ぎて変に思わなかったけどやっぱり変なことだ。
気が緩んでいるんだと思う。

今日の夕方、マシュマロマンみたいに着込んで、バイクで実家に帰ってきた。

7時には横になったけど仕事をしてしまったり細々したことをしてしまいこの時間まで眠れなかった。



さてー。

このところ、シェアハウスについて考える事が多い。

いま、僕は大小4軒のシェアハウスを運営している。

20名くらい住んでいて、みんな楽しくやれていると思う。

ただ、僕がしているのはシェアハウスの運営ではない。

そもそもかなり安く家賃を設定してあり、運営と言えるほど儲かっていない。

住んでいる人は1万円〜3万円程度で住んでいる。

僕が目標にしているのは、若い人に可能性をもたらす環境を作ることだ。

様々な状況にある若者がいるが、どん底のやつが生活を立て直したり、

自分で仕事を興したい奴が様々な事を試す場になってほしいと思っている。
もちろん普通に仕事を頑張ったり勉強を頑張ってるやつもいる。

実際、東京で暮らすには最低限な暮らしでも10万円は生活に掛けなくてはいけない。

これでは、月に13日は8時間労働をしなくてはならない。

週の半分をバイトに費やして、まず暮らしの基礎を作る。

その上で、次に繋がる行動をする。

これは、チャレンジしたい人にはあまりに環境圧が高すぎるように思う。

地方から来た学生は、仕送りがないとまともに勉強が出来ないし、

自分で食べていくやり方を身につけたい人は、それがまずお金になるアルバイトに繋がるかどうかを考えなくてはいけない。
これは、丁稚奉公や、下働きという形で今もあるけど、特に安定した変化の少ない時代であれば有効だ。

ただ、今の変化の早い世の中には即していないように思う。
料理人や、ドライバーでさえ、自分たちが死ぬまで、食い切ることができるのかわからない。
書店がなくなる世界というのを、20年前は想像できなかったが、今はそうなりつつある。

今あるものの一部が残るとしても、かなり変化した形で残る。これは仕方のない社会の変化だ。

さて。

そんな中で僕らは何に時間をかけるべきなのか。

もちろんアルバイトではないはずだし、うわっついたあらゆるなにかでもない。
もっと地道に実践の中で社会を学び、先を掴むために必要な力を養うことだと思う。
その為には安心していられる環境と、自由な時間が必要になる。

いろいろな試行錯誤をしている仲間が身近にいれば万々歳だ。
そのためにできるだけ安くそういう仲間がいる環境を作ろうと思い、作っている。

僕にはなかったから、いろいろ苦労をしてしまったけど、

それを次の人のために作ることはできると思ってつくった。

うーむ、書いていてリズムが悪い文章になってしまった。

すべて体調のせいというわけではないだろうけど、やはりダメだなー、読みにくくてすいません。

引き続き、シェアハウスをもっと作って安くいろんな若者が活用できるようにしたい。

そのためにも、もっとうまく仕組みを考えられないかと思っている。

引き続きがんばります。

さっきこれを見ながら考えていたことをまとめて終える。

Objective & Key Resultsを考えるとこうまとめることができる。

目標:可能性をもたらす環境を提供する
主要な成果:住んだ後に人生が好転した人を2020年までに100人にする。

以上です。








最終更新日  2019年12月27日 08時46分00秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.