000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Oops! Wrong Planet

PR

Profile


虹之助

Comments

虹之助@ Re[1]:アベノマスク(05/14) DJロマネスクさんへ 千代丸がこのマスク…
DJロマネスク@ Re:アベノマスク(05/14) 虹之助さんは顔小さいから大丈夫♪
虹之助@ Re[1]:炬燵撤去(04/25) DJロマネスクさんへ 毎年書いていると、…

Calendar

Archives

Freepage List

Favorite Blog

【紫】 似てるメロ… New! DJロマネスクさん

魂はどこまで成長す… koalalaさん
Midge大佐のCD爆買日… Midge大佐さん
「やどり木」 littlelinnさん

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

2020/03/22
XML
カテゴリ:映像
TV映画「ヒューゴの不思議な発明」マーティン・スコセッシ監督

11年米。
3月20日深夜放映。
粗筋は映画.comより。
世界各国でベストセラーとなったブライアン・セルズニックの冒険ファンタジー小説「ユゴーの不思議な発明」を、マーティン・スコセッシ監督が3Dで映画化。駅の時計台に隠れ住む孤児の少年ヒューゴの冒険を、「映画の父」として知られるジョルジュ・メリエスの映画創世記の時代とともに描き出す。1930年代のパリ。父親の残した壊れた機械人形とともに駅の時計塔に暮らす少年ヒューゴは、ある日、機械人形の修理に必要なハート型の鍵を持つ少女イザベルと出会い、人形に秘められた壮大な秘密をめぐって冒険に繰り出す。主人公ヒューゴを演じるのは「縞模様のパジャマの少年」のエイサ・バターフィールド。イザベル役に「キック・アス」「モールス」のクロエ・モレッツ。2012年・第84回アカデミー賞では作品賞含む11部門で同年最多ノミネート。撮影賞、美術賞など計5部門で受賞を果たした。

ベストセラー小説「ユゴーの不思議な発明」をマーティン・スコセッシ監督が映像化。父の遺した壊れた機械人形の秘密をめぐって冒険に出る孤児の少年ヒューゴの姿を描く。
1930年代のパリ。火事で父を亡くした少年ヒューゴは駅の時計台にひそかに住んでいる。そんな彼の心の唯一のよりどころは、父の遺した機械人形。壊れたままの人形の修理に悪戦苦闘するヒューゴは、人形の秘密を探る過程で不思議な少女イザベルとジョルジュに出会う・・・

出演はベン・キングズレー、ジュード・ロウ、エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツら。
フランス版ニュー・シネマ・パラダイスの一言で足りる。足りるが、二言三言ほど加えると、これでマーティン・スコセッシにファンタジーが無理なことがよくわかった。こんなダラダラ進行するファンタジー、初めて見た。
メリエスの生涯は実際、こうだったのだろうか。
学天即のようなからくり人形はともかく、クロエ・グレース・モレッツもジュード・ロウも、これでは無駄遣い。






Last updated  2020/03/22 09:39:13 PM
コメント(0) | コメントを書く
[映像] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.