895052 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Oops! Wrong Planet

PR

Profile


虹之助

Comments

虹之助@ Re[1]:アベノマスク(05/14) DJロマネスクさんへ 千代丸がこのマスク…
DJロマネスク@ Re:アベノマスク(05/14) 虹之助さんは顔小さいから大丈夫♪
虹之助@ Re[1]:炬燵撤去(04/25) DJロマネスクさんへ 毎年書いていると、…

Calendar

Archives

Freepage List

Favorite Blog

【熱中症】 自転車… New! DJロマネスクさん

魂はどこまで成長す… koalalaさん
Midge大佐のCD爆買日… Midge大佐さん
「やどり木」 littlelinnさん

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

2020/05/04
XML
カテゴリ:映像
TV映画「バスキア」ジュリアン・シュナーベル監督

96年米。
4月4日深夜放映。
粗筋は映画.comより。
多くの人に愛されながら、27歳の若さで他界した天才画家ジャン=ミシェル・バスキアの生涯を、彼が駆け抜けた80年代のホットなNYアートシーンを背景に描いた伝記映画。レヒ・マジュースキーの原案にマイケル・トーマス・ホールマンが手を加え、バスキアの親友で、本作が初の映画となるアート界のスター、ジュリアン・シュナーベルの監督・脚本で映画化。製作は「デッドマン・ウォーキング」のジョン・キリク、「ザ・ファーム/法律事務所」のランディ・オストロウ、「水曜日に抱かれる女」のジョニー・サイヴァッソン。製作総指揮はピーター・ブラント、ジョゼフ・アレン、ミチヨ・ヨシザキ。撮影はロン・フォーチュナト、音楽はジョン・ケイルがスコアを書き、彼やデイヴィッド・ボウイ、PIL、PJ・ハーヴェイ、ローリング・ストーンズ、ブライアン・イーノ、ポーグスら多彩な楽曲全35曲を挿入歌として使用。美術はダン・リー、編集はマイケル・ベレンボウム、衣裳はジョン・ダンが担当。出演は、バスキア役に舞台出身でこれが初の映画主演作となるジェフリー・ライト。ほかにロック歌手で「ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間」のデイヴィッド・ボウイ、「フランキー・ザ・フライ」のデニス・ホッパー、「スカーレット・レター」のゲイリー・オールドマン、「ラストマン・スタンディング」のクリストファー・ウォーケン、「イングリッシュ・ペイシェント」のウィレム・デフォー、「ネゴシエーター」のマイケル・ウィンコット、「ザ・ファン」のベニチオ・デル・トロ、「ザ・ロック」のクレア・フォーラニ、「フラート」のパーカー・ポージーとエリナ・レーヴェンソン、「がんばれ!ベアーズ」のテイタム・オニール、「フィーリング・ミネソタ」のコートニー・ラヴほか、豪華キャストが共演。

79年、NY。アーティスト志望の若者バスキア(ジェフリー・ライト)は友達のベニー(ベニチオ・デル・トロ)と会ったカフェのウェイトレス、ジーナ(クレア・フォーラニ)にひと目惚れした。彼はジーナを自分のバンドのライブに誘い、その夜、2人は結ばれた。ある日、バスキアがメアリーの画廊の電気工事を手伝っていると、人気アーティストのマイロ(ゲイリー・オールドマン)が現れた。彼をじっと見つめるバスキアに気づいた電気技師グレッグ(ウィレム・デフォー)は自分もアーティストだと告白し、「いつか君もああなれる」と言う。レストランに入るアート界の大物アンディ・ウォーホル(デイヴィッド・ボウイ)と彼の作品を扱う画商ブルーノ・ビショップバーガー(デニス・ホッパー)に出くわしたバスキアは、彼らに自分のポストカードを売ることに成功した。そんな時、あるパーティで彼の絵を見た美術評論家ルネ(マイケル・ウィンコット)は彼に心底惚れ込み、「必ずスターにしてみせる」と宣言。名門グループ展に参加して高い評価を受けたバスキアは、アニナ・ノセイ(エリナ・レーヴェンソン)、ヘンリー・ゲルツァーラー(ポール・バーテル)、そしてビショップバーガーら錚々たる画商たちの注目を集める。バスキアはノセイの画廊で初の個展を開き、彼から与えられたアトリエで憑かれたように一心不乱に絵を描き続け、次々と傑作を生んだ。急速に人気は上昇し、女流アーティストのシンシア・クルーガー(テイタム・オニール)も絵を買おうと訪れるが、その反面、ジーナやベニーからは遠ざかっていく。個展は大成功に終わり、バスキアはビショップバーガーと専属契約を交わし、ルネに贈るはずだった絵をブルーノに売ってしまい、彼はルネを失った。そしてまたこの時、彼に好意的なグルーピーのビッグ・ピンク(コートニー・ラヴ)とジーナが会場で鉢合わせし、ジーナもバスキアの前から去る。その夜、レストランでウォーホルたちの席に着くことを選んだバスキアは、ノセイとの関係をこじらせていく。成功と同時に多くのものを失った彼は、ますます絵を描くことに没頭。ある日、テレビの取材を受けたバスキアは、「黒人画家としてのイメージを利用している」と挑発され、ジャーナリスト(クリストファー・ウォーケン)はそんな彼になおも追求を緩めない。彼の寂しさや虚しさを慰めてくれるのはウォーホルだけだった。だが、その彼が87年に死去し、バスキアはドラッグに溺れる。やがてウォーホルの後を追うように、彼は88年8月12日、27歳の若さで短い生涯を閉じた。

天才画家ジャン=ミシェル・バスキアの生涯を、彼が駆け抜けた1980年代のホットなニューヨークのアートシーンを背景に描いた伝記映画。
1979年、ニューヨーク。アーティスト志望の若者バスキア(ジェフリー・ライト)は、友人のベニー(ベニチオ・デル・トロ)と行ったカフェのウェイトレス、ジーナ(クレア・フォーラニ)にひと目惚れ。彼はジーナを自分のバンドのライブに誘い、その夜に2 人は結ばれた。
ある日、アート界の大物アンディ・ウォーホル(デイヴィッド・ボウイ)と彼の作品を扱う画商のブルーノ・ビショップバーガー(デニス・ホッパー)に出くわしたバスキアは、彼らに自分のポストカードを売ることに成功する。
そんな時、あるパーティで彼の絵を見た美術評論家のルネ(マイケル・ウィンコット)は彼に心底惚れ込み、「必ずスターにしてみせる」と宣言。名門グループ展に参加して高い評価を受けた

出演はジェフリー・ライト、クレア・フォーラニ、マイケル・ウィンコット、デヴィッド・ボウイ、デニス・ホッパー、ゲイリー・オールドマン、ベニチオ・デル・トロ、コートニー・ラヴ、パーカー・ポージー、テイタム・オニール、ウィレム・デフォー、クリストファー・ウォーケン、サム・ロックウェル、ヴィンセント・ギャロ、ポール・バーテルら。
もの凄い豪華キャストで、それだけでも見る価値はある(特にデビッド・ボウイのアンディ・ウォーホールは必見。)が、バスキアに興味がない人には退屈な内容。
去年、六本木ヒルズの森美術館で塩田千春展があった時、同時にバスキア展も入場できたはずだが、時間がなくてバスキアの方はスルーした。行っておけばよかったか。






Last updated  2020/05/05 02:51:29 PM
コメント(0) | コメントを書く
[映像] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.