894426 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Oops! Wrong Planet

PR

Profile


虹之助

Comments

虹之助@ Re[1]:アベノマスク(05/14) DJロマネスクさんへ 千代丸がこのマスク…
DJロマネスク@ Re:アベノマスク(05/14) 虹之助さんは顔小さいから大丈夫♪
虹之助@ Re[1]:炬燵撤去(04/25) DJロマネスクさんへ 毎年書いていると、…

Calendar

Archives

Freepage List

Favorite Blog

【美空ひばり】 感… DJロマネスクさん

魂はどこまで成長す… koalalaさん
Midge大佐のCD爆買日… Midge大佐さん
「やどり木」 littlelinnさん

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

2020/06/12
XML
カテゴリ:映像
TV映画「ザ・バトル ネイビーシールズVSミュータント」ジャリッド・コーン監督

16年米。
5月23日深夜放映。
粗筋は映画.comより。
殺戮ミュータント軍団に立ち向かう元ネイビーシールズ隊長の死闘を描いたバトルアクション。大学教授のセリーナは週末に特別課題を実施するため、生徒5人を連れて人里離れた湖を訪れる。セリーナの恋人で元ネイビーシールズの隊長だったジョンが運転する車で現地に到着するが、日が暮れてきた頃、2人の生徒が謎の集団に襲われて惨殺され、セリーナと残り3人も連れ去られてしまう。救出に向かったジョンを待ち受けていたのは、人肉をむさぼる恐ろしいミュータントの群れだった。「メガ・ピラニア」などアサイラム作品でおなじみのポール・ローガンが主演を務め、「ソウ」シリーズのコスタス・マンディロアらが共演。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2018」上映作品。

ネイビーシールズVSミュータント軍団。血沸き肉躍る痛快バトルアクション。かつてエースと呼ばれた元特殊部隊隊長が、恋人を拉致した謎の殺戮ミュータント軍団に立ち向かう。
大学教授のセリーナ(ティファニー・ブラウワー)は週末に特別課題を実施するため、受講を希望する生徒5 名を連れて人里離れたサファイア湖へ出かけることになった。セリーナの恋人で元ネイビーシールズのリーダーだったジョン(ポール・ローガン)が運転する車で目的地へ到着した一行は、早速課題に勤しむ。日が沈んで辺りが暗くなったころ、生徒2 人が謎の集団に襲われ惨殺される。
そしてセリーナを含む4 名が拉致されてしまった。騒ぎを嗅ぎ付けて救出に向かうジョン。しかし、彼の前に現れたのは異常な人間と化したミュータント軍団だった…。

出演はポール・ローガン、ビル・モーズリイ、ヴァーノン・ウェルズら。
タイトルに「ネイビーシールズ」が入る作品は数種類あって、いずれもB級。比較的まともそうなのがチャーリー・シーン主演作だが、見ていないので何とも言えない。
去年の12月に見た「ネイビーシールズ D-DAY」は、糞のような映画だった。そして、この「ネイビーシールズVSミュータント」も負けず劣らず糞で、あらゆる点で見事にヘタクソ。「映画でやってはいけないこと」の講義で使うサンプル作品にうってつけ。
元ネイビーシールズのおっさんが強すぎるのか、ミュータント軍団が弱すぎるのか、バトル・アクションと銘打っていながらアクションらしいアクションもなく、おっさんはちぎっては投げ状態でミュータントたちを簡単に屠って行く。これでは、ミュータントたちはショッカーの戦闘員でしかない。
お座なりなアクションとは打って変わって、なぜかグロいシーンには力瘤が入っていて、女子生徒の両手に五寸釘を打ち付けるわ、拘束した男子生徒の四肢を電動鋸で切断するわ、さながらスプラッターの様相を呈す。この監督、本当はスプラッター映画を撮りたかったのかもしれない。






Last updated  2020/06/12 11:12:21 PM
コメント(0) | コメントを書く
[映像] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.