2017/11/20

沼田まほかる「ユリゴコロ」

カテゴリ:活字
デビュー作「九月が永遠に続けば」で露呈していた問題点を大方クリア。頗る面白い。
以下、ネタバレあり。














母親が途中で入れ替わったという主人公の記憶は正しく、しかも妹が姉に替わって母親になっていたことがわかるまでは、巻擱く能わず。父親、最初の母親、入れ替わった母親、そのいずれが書いたかわからない手記の形をとったのが大正解。
その後、若干ボルテージが落ちるが、それでも十分面白い。序盤から出ずっぱりの細谷さんが、実は母親であったというのは、やや強引すぎるか。





TWITTER

Last updated  2017/11/22 01:12:41 AM
コメント(0) | コメントを書く
[活字] カテゴリの最新記事