2020/02/22

喜国雅彦「今宵は誰と─小説の中の女たち─」

カテゴリ:活字
喜国雅彦「今宵は誰と─小説の中の女たち─」

2019年6月第1刷。双葉社。2016年から2018年にかけて小説推理に連載された。
文芸作品に登場する、個性的で魅力的な女性たちを描く。
採り上げられている作品は、次の25篇。

安部公房「砂の女」
川端康成「眠れる美女」
三島由紀夫「潮騒」
ツルゲーネフ「はつ恋」
谷崎潤一郎「痴人の愛」
高村光太郎「智恵子抄」
蘭郁二郎「夢鬼」
太宰治「女生徒」
夢野久作「瓶詰地獄」
コレット「青い麦」
江戸川乱歩「芋虫」
泉鏡花「外科室」
アイリッシュ「幻の女」
壷井栄「二十四の瞳」
バタイユ「眼球譚」
中勘助「銀の匙」
ケイン「郵便配達は二度ベルを鳴らす」
キング「ミザリー」
吉行淳之介「夕暮まで」
田山花袋「蒲団」
ゲーテ「ゲーテ詩集」
トウェイン「トム・ソーヤーの冒険」
ポーター「少女パレアナ」
宮本輝「泥の河」
パレツキー「サマータイム・ブルース」

如何にも喜国が選びそうなラインナップ。蘭郁二郎はこれまで名前すら聞いたことのなかった人物で、興味をそそられた。
第2弾が予定されているようだが、出れば当然購入する。





TWITTER

Last updated  2020/02/22 11:09:10 PM
コメント(0) | コメントを書く