2020/04/11

「帝一の國」

カテゴリ:映像
TV映画「帝一の國」永井聡監督

17年東宝。
4月6日放映。
粗筋は映画.comより。
古屋兎丸の同名コミックを、菅田将暉、野村周平、竹内涼真ら人気若手俳優の共演で実写映画化した学園コメディ。全国屈指のエリートたちが集まる超名門・海帝高校。政財界に強力なコネを持つこの学校で生徒会長を務めた者には、将来の内閣入りが確約されるという。主席入学を果たした1年生の赤場帝一は、総理大臣になって自分の国をつくるという夢を叶えるための第一歩として、生徒会長の座を狙っていた。2年後の生徒会長選挙で優位に立つべく誰よりも早く行動を開始した帝一は、想像を絶する命がけの権力闘争の中へ身を投じていく。「ジャッジ!」「世界から猫が消えたなら」の永井聡監督がメガホンをとり、「ROOKIES」のいずみ吉紘が脚本を担当。

菅田将暉、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉雄大、永野芽郁ら超人気俳優が大集結!生徒会選挙は命がけ!学園政権闘争コメディ・本編ノーカット放送!
全国屈指の頭脳を持つエリート学生たちが通う、超名門・海帝高校。政財界に強力なコネを持ち、海帝でトップ=生徒会長をつとめたものには、将来の内閣入りが確約されているという。時は4月、新学期。大きな野心を持つ男が首席入学を果たす。新1年生・赤場帝一(菅田将暉)。彼の夢は「総理大臣になって、自分の国を作る」こと。そのためには、海帝高校の生徒会長になることが絶対条件。
「2年後の生徒会長選挙で優位に立つためには、1年生の時にどう動くかが鍵となる。戦いはもう始まっているのだ!」誰よりも早く、野望への第一歩を踏み出す帝一。

出演は菅田将暉、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉雄大、松本岳、永野芽郁、吉田鋼太郎、木村了、鈴木勝大、岡山天音、井之脇海、榎木孝明、山路和弘、真飛聖、中村育二ら。
兎丸の原作は読んでいない。
舞台が男子校なので、所謂若手イケメン俳優が大挙して出演。女優はほぼ永野芽郁のみ。その永野芽郁も出番は決して多くはないが、その分、エンドロールすべてを費やして彼女のダンスがフィーチャーされている。これは猛烈に可愛い。
イケメン俳優たちが悉く大仰な演技で迫る様は、男版タカラヅカのようでもあった。いや、といって、女装した女役がいるわけではないが。





TWITTER

Last updated  2020/04/11 10:59:59 PM
コメント(0) | コメントを書く