016742 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

フランスのすみっこに暮らす

PR

X

プロフィール


しかくいもも

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス

楽天カード

2021.06.02
XML
テーマ:海外生活(7962)
カテゴリ:フランスdays
週末から昨日にかけて、フランスは気温が30度近くまであがって
やっと夏が来た、、、、!
そんな雰囲気になっている。




友人のシンディーとお茶しよーとなって街中に出たのだけど
平日にも関わらずすごい人出!

ロックダウンが明けて、気温も上がって
夏が大好きなフランス人がじっとしてられるわけない条件がそろってるから
まぁ仕方ないかとも思う。

朝10時にシンディーと美術館のカフェで待ち合わせしてべらべらしゃべり
12時にシンディー旦那も昼休みで合流したので公園に移動してお弁当を食べ
15時に薬局で気になっていた化粧品を買って一息つくべくまたカフェへ移動。

なんとも平和な一日だったのだけど、その終盤に泥棒に遭遇してしまった。

街の広場の一角に日本でもお馴染みのパン屋さん『Paul(ポール)』でのこと
私とシンディーは出入り口がすぐの所のテラス席に陣取って
コーヒーとカヌレを注文して食べていた。

1時間程度過ぎたころだったか、、、
シンディーの本当に50センチ程度真後ろに、
クレープとアイスクリームを販売する小窓があったのだけど
そこに近づいて行って、小窓をのぞき込む男性がいた。

背の高い、金髪の、結構ガタイのしっかりした
水色の半そでシャツをきた白マスクのおじさん。

シンディーの真後ろに小窓があるから、私からはテーブルを挟んで正面に見えてたのだけど
最初、そのおじさんが小窓に手を突っ込んだので
この店の従業員か何かで、モノを移動させているのか、、、??
そんな程度にぼーーーーっと見ていた。
それほど、堂々としていた、、、、、ように私には見えていた。

でも、なんとなくその光景を眺めていたら
小窓から手を外に出したおじさんの手に
焼いたクレープの生地が束になって(5枚程度?)掴まれていた。
んでもって、それを折りたたんで、ポケットに入れた!のだ。

私はやっとそこになって、この人が泥棒なんやと気づいて
目の前のシンディーにフランス語で

『あの人、クレープ盗んだ、、、、!』と言ったら
それが聞こえたのか、私の方を振り返り気にしながら
ばーーーーーーっと去っていった。

私はこんなことに遭遇したのは初めてで呆然。

シンディーがすぐに、お店の人にここのクレープおじさんに盗まれたで!と伝えて
お店の人も様子を見にすぐ出てきたけど、もう時遅し。

人となりは伝えて、お店の人も教えてくれてありがとうと言ってくれたけど
私も、もっと早く気づいて、せめてムッシュお金払ってませんよくらい
言えたらよかったのに、、、、と後悔。

でも、ほんとうに、ホームレスとかジプシーとかでもないし
本当にきちんとした身なりの、ふつーーーーの白人のおじさんやってん。。。。。

帰宅して旦那に事の顛末を話したら
そういう時は、向かっていったらあかん。
反撃された時の方が危ない。
とくにモモ(私)はアジア人なんやから、気を付けて。
絶対に追いかけていったらあかんで。

そう言い聞かす旦那は、私の性格をよく分かってると思う。






最終更新日  2021.06.03 15:37:38
コメント(0) | コメントを書く
[フランスdays] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.