022949 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

フランスのすみっこに暮らす

PR

X

プロフィール


しかくいもも

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス

楽天カード

2021.10.11
XML
カテゴリ:フランスdays
我が家はアパルトマンなのだけど、一階下のフロアに
airbnbみたいな事をしている部屋がある。

中央の階段を挟んでワンフロアに2件が入居する我がアパルトマンは
そんな広い訳でもないのだけど、階下のairbnbは本来1件の住居スペースに
無理矢理3部屋の独立部屋をつくり、騒音や駐車場問題で度々住民を怒らせてきた。

そのairbnb、ここ1週間程出入りが結構激しいな、、、、特に夜。
と不思議に思っていた。

料金設定が安価なので、バカンス時期なんかは子供連れが長期で泊まって騒いだり
閑散期は出張してきたような職人さん?のような人が数週間に渡って滞在したりは
いつものことだけど、夜だけやけに出入りが激しくて
夜中の2時3時なのに、車が駐車場に頻繁に出入りもする。
しかも、毎回違う車。

一階エントランスのドアは自動で閉じるオートロックで
風が強いと強くバーーンと閉まるから、住人はみんな
最後までゆっくり閉めるのが習慣になってるはずやのに
度々バーンバーンと閉まるし、、、

おかしいなー、今回の宿泊者はよっぽど若くて
出入りが激しいパーティーでもしてんのかいな??
そんなくらいに思っていた。

そしたら金曜日の深夜、土曜日の朝方の4時頃、
その日も風が強くて、バーンバーンと玄関のエントランスが何回も開閉する音がしてて
あーー、これ、一階の老夫婦は起こされて迷惑やろなー
しかも、今日は酔っ払いもいるのかなー?
バタバタ階段でなんかしてるなー
と、大きな音で起こされて不機嫌な頭でぼんやり考えてたら
じりじりじりじりーーーーー!!って我が家のインターホンが鳴った。

夜中4時。

私も旦那もびっくりして跳び起きて
でも、もちろんこんな夜中に訪問する人に心当たりはないし
応答はしなかった。
そしたら、どうやら他の部屋も順番にインターホンを押しやがった様子で、、、、、

外は大雨やったから、建物内にどうしても入りたいんやろうけど
そんな夜中にインターホンを開けるバカが、このフランスに居るわけない。

窓から様子をのぞいてみたら、黄色いパーカーを着た40代位のオッサンが
こっちを見上げていたけど、そのうちあきらめたのか
フードをかぶって、雨の中を歩いて去って行った。

その後も、誰かが階段を行ったり来たり、、車が出たり入ったり。

なんやねんほんまに、、、と思って寝なおして
朝、一階のマダムの怒鳴り声で目が覚めた。

ちょっと、ありえない!!
なにこれ!!
わたしこんなの掃除しないわよ!!
airbnbのオーナーと組合にも電話してやるわ!!

とか何回も大声で叫ぶのが聞こえて
さすがに旦那が様子を見に行こうと我が家のドアを開けたら
階段のある共有部分が、なんかくさい。。。。
トイレが詰まったみたいな、下水がたまったみたいな匂いが充満してた。

一階まで旦那が降りて行くと、どうやら地下のガレージに続く階段の踊り場で
どなたかがウ〇コを置き土産してるらしい。

一階のマダムは大変なお怒りで
あの連中(airbnbのこと)が来るまで、今まで一度もこんなことなかったわよ!
今日は友人が食事にくるのに、こんな状態なんて台無しよ!
でも私は掃除しないわよ!
airbnbのオーナーに掃除に来させるわ!!と怒りまくっていた様子。

我が家も駐車場を勝手に使われたり、勝手に歩道に駐車したり
タバコ臭や騒音に悩まされたりと、airbnbオーナーにいい感情は持っていないから
ほんんまにねぇ、、、、、とひたすら同調したらしい旦那。

その旦那が帰ってきて、一階のマダム、あの様子やとたぶん
お客さんとして泊ってる売春婦を追い出すんちゃうかな、、、、と言った。

ば、ば、売春婦!!!!?????

え、どういうこと?
もしかして、ここしばらく滞在してる人って
あそこでそういうことしてるん、、、、、??

ホンマに考えが至らずやなーと自分の鈍感にあきれるのだけど

夜になって、30分毎に違う男が出入りするなんて
それしかないやんかー
気づいてると思ってたわーと旦那。

翌日、荷物をまとめてスーツケースをゴロゴロ引きずる
若い黒人の女の子が2人、出て行くのが窓から見えた。

細くて顔立ちのキレイな女の子。
まだ少女といってもいいんちゃうやろか、、、、、
元締めなのかしらんが、黒人のオッサン2人の車に乗って
去って行った彼女たち。

違法やから、こうやって安宿を転々として
商売をしてるんやで。
そう友達に言われたけど、あまりにも幼さののこる彼女たちをみて
なんともいえなく切ない気持ちになった。

でも、まぁ、真夜中の不審車両と騒音はこれでなくなる。
しばらくは静かになることを祈ってる。








最終更新日  2021.10.12 23:02:55
コメント(0) | コメントを書く
[フランスdays] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.