000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

フランスのすみっこに暮らす

PR

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

にっぽん一時帰国のたび

2021.12.31
XML
帰宅しました。

とはいっても、隔離は継続中やけど
最後のPCR検査を終えて(陰性でした!)
現在は、妹が1人暮らしをしている元私の部屋で隔離継続中。
妹は隔離最終日まで実家。

もともと、3日間の隔離を終えたら、こうなる予定をしてたんやけども
タイミング悪く、オミクロン飛行機まるまる隔離適用期間に当たったので
家じゃなくホテルでの隔離を続けていた。。。。

実際の所、ホテルに10日以上は本当にキツかった。
体調は悪くないものの、食欲も眠気もわかず。。。。

今は住み慣れた部屋に戻ってきて、やっと落ち着けたが
それだけ至れり尽くせりをしていただいても、やっぱりホテル暮らしは大変。

妹が冷蔵庫にめいっぱい詰めておいてくれた食材から
とりあえずは、ネギと白菜と豚バラ肉を引っ張り出し
ひとり鍋をすることに。






胃がホンマに疲れているし、あたたかい食事にも飢えていたから
食べながら泣きそうになってしまった。

もちろん、ホテル隔離中に頂いたお弁当もおいしくて
きちんとメニューをかぶらないように考えてくださっているのが
良く分かるお弁当だったので、感謝しかないのだけど。。

でもしばらくは、お弁当はいい。
たまに食べるから、美味しいんやとしみじみ思った。。。。。



さて、そんなこんなしてる内に
あっという間に大晦日。

今年も1年、本当にありがとうございました。
来年も何卒よろしくお願いいたします!






最終更新日  2021.12.31 19:56:55
コメント(0) | コメントを書く


2021.12.30
テーマ:Lovely 紅茶(1141)
絶賛隔離中の年末。

持ってきたコーヒーが尽きたので、紅茶ばかり飲んでいるけど
たまたま持ってきたハーブティーにとっても助けれれているここ数日。。。。。






フランスならどこでも見つけられる格安ドイツ系スーパーで売ってる
紅茶というか、ハーブティーなのだけど
レモンジンジャーの香りがとっても良くて、おいしい。
しかも、安い。

寝る前に少しあったかいもんが飲みたい。
でも、今紅茶飲んだらカフェインで寝れなくなるかもなー
みたいな時に普段は飲んでるんやけど、
何もすることがなくて、ひたすらネットフリックスとテレビとネットサーフィンに
明け暮れてて、ついつい飲み物に手が伸びがちなこの状況に於いて、
胃に優しそうなこのお茶を持ってきて大正解やった。

荷造りの時は、箱、かさばるしなぁ、、、とか思ってたけど
飲みきれへんかったら、実家に置いて帰ったらええんやしと荷物に加えた私を
ホンマにほめてあげたい。

孤独なこの状況で、このレモンとショウガの匂いと
お湯の温かさだけが癒し。


あと少し、ここを出るまでこれで頑張るのだ。






最終更新日  2021.12.30 14:45:29
コメント(0) | コメントを書く
2021.12.28
自治体の隔離ホテル滞在の現在は、
ネットフリックスとテレビをひたすら見るしかないのだけど
そんな昨日、夕方に飛び込んできたニュース






そう、緩和!!

本日、12月28日から緩和しますと厚労大臣がゆーてはる。

オミクロンの特別措置を終了して、濃厚接触者と認定する人を
陽性者と同列と前後2列に限定する。とのことらしい。

要するに、元の制度に戻んねんなーと思うのだけど
さて、じゃぁ、現在隔離中の私みたいな人はどうなんやろ??

普通に考えるのであれば、濃厚接触エリア以外の人を現時点で解放するってのが
通りではある。


が、


あかんのですってー。

朝から管轄の保健所に電話して聞いてみたら、
この措置は12月28日入国者から対象なので
それ以前に入られた方は、現状継続です。との事。

厚生労働省からの通達を自治体保健所としては
そのように解釈しております。
昨日までの入国者リストを遡って、対象者をリストアップなんて膨大でできないようで、、、
みたいな感じやったから、保健所としても、心苦しい、、、
という心情はひしひしと伝わってきたけど
でもそんなんおかしいわーーーーーー!

もはや、疫学的な根拠とかではなくて
柔軟なルール変更と対応ができないから。
我慢してください。

そういうこと。

私の便でオミクロンやったのは、九州のある県の40代男女やったし
おそらく夫婦なんやろう。
私の前の列は無人で、その前はトイレとギャレ。
後ろ2列は子供連れの若い夫婦と、若いおにーちゃん。
どう考えても40代夫婦なんていなかったから、濃厚接触者からは外れてると思うねんけど
それを誰も確認してくれないし、教えてもくれない。


もう1週間、帰国が遅かったら、、、、
もう1週間帰国が早かったら、、、、、


今までも、関空を使用するときは何かとトラブルに巻き込まれてきた私。
搭乗直前のフライトキャンセルに、香港でのデモ隊の空港占拠に
ドバイでの丸一日ディレイに、、、、、、

今回も一抹の不安を覚えながらも、でも今回はJALやし!と思っていたけど
やっぱりあかん。

関空とはホンマに相性が悪い。。。。。。。。






最終更新日  2021.12.28 14:48:07
コメント(0) | コメントを書く
2021.12.27
オミクロンが居はったかもしれへんでー

そう予告を受けた翌々日、本来であればPCR検査を受けて陰性であれば
自宅隔離に移行となるバズが、オミクロンが同乗機内にいた可能性が高いとのことで
帰宅は叶わず、自治体が用意してくれた車で地元自治体へ移動となった。
もちろん陰性で。。。。

そこから数日たった所で少し振り返ってみると、、、


【国指定隔離施設】
0日目 入国日
1日目 隔離
2日目 隔離 朝にPCR検体提出
3日目 16時に陰性のお知らせをホテル事務局から貰って退所



3日目午後 自治体が派遣してくれた車に乗って移動 
       厚生労働省のHPで同乗者がオミクロンと確認できる



【自治体指定隔離施設】
3日目 夕方 地元自治体の療養施設へ入所 
4日目 隔離 自治体保健所から、同乗者がオミクロンであったと報告の入電
5日目 隔離
6日目 隔離
7日目 隔離
8日目 隔離 ←今ココ


自治体の車で移動中、厚生労働省のHPで空港再確認すると
同乗航空機やと思われる2人がオミクロン株と確定されてるのを確認した。






と、言うことは、、、
1月2日までのホテル隔離が確定したということ。。。。

がっくりしながら車に揺られること小一時間。
隔離施設に到着した。

今回は、自治体保健所が事前にホテル名を伝えてくれてたから
どんな部屋かは事前にHPで確認済。
ツインルームがメインのホテルやったから
広さは少しあるだろうと思ってたけど、予想以上に少し広い。

やっぱりツインのベッドルームで、アパホテルの部屋の3倍くらいはあるかも?
でも、ベッドは片方しかシーツがかかってなくて
片方はマットレスむき出しの状態。

タオルはそれぞれ1セット。
シャンプー、コンディショナー、ボディーソープはあるけど
アパにあったような、歯ブラシ等の細かいアメニティはなし。
湯沸かしケトル、コップはあり。

お茶等は、一切なしなので
やっぱり紅茶やインスタントコーヒーは持ってきて良かった。

入室してしばらくして、ホテル事務局から電話で
今後のスケジュールと、案内の電話がかかってきたので
11日もここで過ごすから、タオルをもう3セット程ほしいんやけど、、、と伝えたら
オミクロン濃厚接触者の使用物は、シーツからタオルからすべてを
退所時にゴミとして処分するから1セットしか渡せませんとの事。

そこで、既にえ、、、となったのだけど
じゃぁ、ネットで購入したり、家族に差し入れを頼んだりしますねと言ったら
基本、差し入れもご遠慮いただきたい、、、、、とかおっしゃる。

これにはちょっと私も頭に来てしまって、
いやいやいや、基本的にタオル等は隔離施設で用意してるって聞いてて
持ってこなかったんやけど、あと11日もあるのに1セットって、、、、、
でも、懐事情も理解はできるから
だから、こっちで用意しますってゆーてるのに
それもあかんって、、、、、

11日間同じタオルを使い続けるとか、不潔すぎるし

人間として健康的な暮らしをする上での最低限を考えた時に
これはないですよね?

そう言うと、そうですよねぇ。。。。。としか言わない。

もう、これは埒があかんなーと思った私は
とりあえず、必需品として足りないものがいくつかあるので
家族に頼みますと言って電話を切ったけど、
こちら(保菌者かもしれん側)からの物を渡してほしいってゆーてるんちゃうんやから
何があかんのか、説明できるなら説明してほしいわという気分。

結局、翌日に家族に頼んだ事を受付に電話で伝えると
内容を細かくきかれ、到着した物の検品もされる様子。

それは別にかまいませんのでお願いしますとなって
無事に届けられた。





新たに追加したのは、

◎フリース地のパジャマ
◎フェイスタオルとバスタオル
◎洗濯用ハンガー(洗剤は持参してた)
◎ギリギリ足りなそうで化粧水
◎もこもこルームソックス
◎ひざ掛けブランケット

これら。


部屋が広くなった分、寒くて寒くて、、、
暖房は付いてるけど、やっぱり上部を温めるから
足元がめちゃ冷えるので、慌てて家族に頼み
あったかグッズを買いに走ってもらった。

こればっかりは、振り分けられる施設によっても違うし
事前に準備する判断もけっこう難しいとこやと思う。

なにより、フランスに帰るときになるべくたくさんの必要な物を
スーツケースに詰め込んで帰りたい側としては、ただでさえ
隔離グッズで荷物が増えて難儀してるというのに、
こんな嵩張るバスタオルやパジャマを何枚も持ってこれんしね。。。

今回は少し無理を通した形になったけど
こればっかりは受け入れられない。
タオル11日間使えは不潔極まりないし、部屋は寒くて寒くてコロナ発祥する前に
風邪ひくわ!と抗議したのでした。






最終更新日  2021.12.28 00:57:56
コメント(0) | コメントを書く
2021.12.23
隔離施設への入所翌日、なんとなーく奇妙な紙がぴらっと一枚配られた。
ゴハンのタイミングでドア横にクリップで貼られてて、
館内放送で、大切なご案内をお配りしてますので読んでくださーいとも。

なんやろなと読んでみると、今はやりのオミクロン株の人が同乗する機内に居た場合の
今後の身の振り方についてのご案内。。。。。




んーーーと、これが配られるってことは、、、、、
え、もしかして、、、、、

帰国直前のオミクロン騒ぎが始まったときに
フランスからの帰国者の隔離は3日やけども、もし機内にオミクロン陽性者がいたら
自宅での隔離じゃなくて、ホテルで14日間の隔離になります。

そんな情報もちらっと目にしてたから、ちょっと心配もしていた。
でも、まさか、、、、そんな気持ちがあったのも正直な所で。

そしたら次は、帰国者が隔離に使用する『My SOS』アプリからも
お知らせが、、、、、



えーーーーもう、確定やん。。。。

このお知らせには、登録待機場所が管轄する保健所(ホテル3日間隔離後に
自主隔離する場所)に連絡をしてくれと記載があったけど、実際には
その自治体からすぐに携帯に連絡がきた。

あなたの乗ってた飛行機にコロナ陽性者がいて
その人がオミクロンかどうかを現在解析しいている。
解析に数日かかるので、現時点で確定ではないけど
デルタ株でないことは確認が取れている。
あとは、オミクロンか従来型かのどちらか。
確認が出るまでに3日間のホテル隔離が終わってしまうので
とりあえず、オミクロンかそうでないかの確定が出るまでの間は
オミクロンの濃厚接触者であるとの前提で扱わなければいけないから
自治体の管理する宿泊療養施設へ移っていただく。
自治体から、現在の隔離ホテル(新大阪アパホテル)まで迎えに行きます。

大まかにこんな内容。

ち――――ーんという感じ。

元々、6日の隔離は結構キツイやろうから
フランスが6日隔離の指定国になったらやめよう。
3日やし、がんばろーと決めた帰国。

まさか、それが14日になるなんて。。。。。。。。

とはいえ、もう帰ってきてしもてるし
なるようにしかならん。

自治体から迎えに来てくれて、そのまま自治体の隔離施設へ収容されるらしいので
また少し実家に近くなったと思えば。。。。。

すこーしずつ実家に近づいては行くものの
実際に家に帰れるまではもう少しかかる。

オミクロンかどうかの結果は自治体が連絡をくれるらしいけど
この厚生労働省の報道向けのホームページからも逐次確認ができるのを見つけたので
逐次様子を見てたら、、、、あ、たぶんこれや、、、、、

→厚生労働省のHP、報道向けやけども『空港検疫』と発表される項目で確認できる
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/houdou_list_202112.html







オミクロンかはまだ確定がでてないけど、無症状陽性で2人いはる。。。。
関西からだいぶ遠方の同じ自治体やし、ご家族かな。。。。

まぁ、しゃーない。

逐次様子をみながら、2週間の計画を立てることにする。。。。。。。

はぁ。。。。。






最終更新日  2021.12.26 12:05:04
コメント(0) | コメントを書く
2021.12.22
無事に関西空港のコロナテストで陰性が出て
入国!!とはなったものの、今度は3日間の隔離が待ってます。





私が日本に入国した19日現在はフランスからの帰国者は
政府指定宿泊施設で3日間の隔離が義務でした。(現在は6日間に変更)






検査結果待ちスペースで番号を呼び出された時、
20人程度が同時に並べられて、グループになって出てきたんやけど
このグループのまま、入国して機内預け荷物をピックアップして
税関を通って、で、到着ロビーでまた点呼を取られて
最終的にはそのままバスへ。





バスは各席にシールドが付けられてるコロナ仕様?な感じで
ここで初めて行先を教えてもらえた。

アパホテル新大阪駅前に向かいまーす!だそうだ。

新大阪っていうと、関空からは小一時間かかる。
だから、番号呼び出し前にトイレ行っておいいてくださいねーって
ゆーてはってんな。。。。。

関空の場合は、ほぼ家族連れが日航で単身はビジネス系ホテルやと
事前に認識はしてたから、アパやろなとは思ってて
でも同時に、アパやったら新大阪やから我が県には少し近くなるし
お迎え頼む家族にも遠くなくて楽やし、良かった。
それに、アパは狭くても室内設備が充実してて清潔なことは
出張で良く泊まってて知ってるしね。

到着して、前列から順番に下車していくんだけど
ここも、空港同様にすごーーーくオペレーションが上手。

とってもスムーズに受付を済ませて、注意事項聞いて
すぐエレベーターで一人ずつ案内してくれて、部屋階に着いたら
階の担当者がすぐキャッチして部屋まで案内してくれて
その場でお昼良かったらどうぞとお弁当も渡してくれた。

ありがたい。。。。

お部屋はというと、普通の全国どこにでもあるアパと同じで
大きなベッドがでーーんとあって、デスクがあって、というレイアウト。





やっぱり狭いけど、ベッドの下は大きなスーツケースが入るだけの
高さが開けてあるから、場所は少し確保できるし
アパホテルは壁に掛ける場所をたくさん設置してあるのも助かるポイント。
ちなみに、アパにある設備は、、、、

【アパホテルにあるもの】
湯沸かしケトル
冷蔵庫(一部分冷凍庫の小さいやつ)
バスタオル3枚
フェイスタオル3枚
バスマット1枚
紙コップ6個
小さな水のみ用グラス2個
緑茶スティック3本
使い捨てスリッパ1個(使い捨てじゃないのは2個)
歯ブラシ、コットン、ヘアゴム、髭剃り
シャンプー、コンディショナー、ボディーソープは備え付けがあり


こんな感じ。
まぁ、普段と変わらないなという印象。

個人的に嬉しかったのは、ユニバーサルのコンセントがさせる場所があると言うこと!
というのも、私の持ってる電子機器の殆どがヨーロッパ仕様なので
いざ使おうと思うと、コンセントの型がちがう、、、という事態になる。





もし隔離がなかったら、パソコンなんて持って帰らんかったし
もし持って帰ったとしても、100均で簡単にいつでも買えるから
深く考えたことなんてなかったけど、今回の帰国と隔離に当たっては
出国からそのままホテルに隔離で一切外には出れへんし
暇つぶしのパソコンは必須。
でも、無いからといって外に出て100均で買ってきますもでけへん。
(施設によってはネット購入配達は可。アパ新大阪は可)

これはあかんと直前で気づいた私は、以前旦那が日本に来た時にたしか1個だけ買った記憶のある
コンセントの先の形を変えるモノを家じゅうひっくり返して持参。





これこれこれこれ。

アパホテルには幸いあったけど、すべての施設にあるわけじゃないやろうから
必要な方は忘れずに持ってこられることをお伝えしたい。

他にも、隔離に当たって持ってきて良かったと思ったものを
少しだけ書き出してみると、


【持参するのをオススメするもの】
コップ
食器洗い洗剤
スポンジ
ウェットティッシュ
インスタントのコーヒー、紅茶等
ふりかけ
大き目のレジャーシート(ヨガマットでも)


コップは紙コップしかないから、インスタントのスープ等持ってくる人は必要やし
私は、めちゃくちゃ温かいお茶を飲むので、紙コップでは不便ということで
割れないホーローのコーヒーカップ。




それに伴い、洗う洗剤とスポンジもいるので、捨てても惜しくない小さいスポンジと
無印のケースに小分けにした食器洗い洗剤も。





お茶スティックは3本しかないので、必要に応じて持参が必要だし
白ごはんも、冷めてることが多いので
ふりかけあった方が食べやすいかも。(小さなふりかがけついてくることもあった)

レジャーシートは、場所が狭いので荷物整理したりするのに使用。
やっぱり土足用絨毯に膝をついたり物を置いたりするのに抵抗があるし
これがあったら素足でベッドから降りれるし。。。。
なので、滞在中はずっとこのレジャーシートを敷いて過ごした。

ゴハンに関しては、8時半、12時半、19時半と部屋前に事前に配布された後に
館内放送で一斉にすぐにとってくださいねーとアナウンスがなされて初めて
ドアを開けて取れるという方式。(食べたらゴミはイスの下へ出しておくと回収される)





食事内容は、毎回サラダとデザートもあって
とっても良かったというのが私の感想。

◎朝◎



◎昼◎




◎晩◎



ゴハンとゴハンの間で小腹が空くし、お菓子を持ってきた方が、、、との
アドバイスも事前に見たので持ってきたが、私にはまったく不要やったかな。

お弁当の量が私にとっては多めで、大体デザートまでたどり着かなくて
それがオヤツ代わりになったりして。
なので、オヤツは念のため、、、、みたいな感じでええと思う。

不安ドキドキで始まった隔離生活やったけど、

0日目 入所日
1日目 隔離
2日目 隔離
3日目 早朝に検体提出→PCR検査結果で陰性判明次第で退所(16時ごろ予定)

こんなスケジュールで行われる行程は結構順調で。
時差ぼけもあるし、ぼーーーーっと寝たり起きたりテレビ見たりしてたら
3日なんてあっという間。


入所翌日に、ぴらっと一枚の紙が配られるまでは、、、、、、、






最終更新日  2021.12.26 12:04:49
コメント(0) | コメントを書く
2021.12.21
ドタバタでパリを出発して12時間、
無事に関空へ到着した。




結局、パリの空港ではゆっくりと買い物をするどころではなく
少しお土産物やさんを冷やかしただけでポカリスエットを作るべく
慌ててエールフランスのラウンジへ行き、ミネラルウォーターを2本ゲットして
クロワッサンとパン・オ・ショコラで空腹を満たした。





横目に見ていただけだけど、エールフランスのラウンジで受付をした時に
私の搭乗券をチェックしたスタッフが、あら、あなたもこの便なのね?
あなたは大丈夫なの??と聞いてきた。

なんのこっちゃ分からず、はい??と聞き返したら
横から日本語が聞こえてきて、日本人の初老の男性が受付で電話を借りて
飛行機に乗れない云々の話をしている様子。

あーーーたぶん、日本に行く人でパリで乗り継ぎで
でも、PCR不備かなんかでパリで乗れないとかなってんねんやろな。。。。

みたいな感じ。
だいぶん揉めてる様子やったから、あれは大変そう、、、、、
接客業はただでさえ大変やけど、このコロナ禍で
こんな風に怒りをぶつけられることも多いんやろな、、、さらに大変やろな、、、と。
一方で、確認しなかった自分が悪いとスパッと割り切れるかと言われれば
諦めきれなくて、交渉しちゃう気持ちも分からなくはない。
大変な時期やな、、、と改めて思う。

結局、関空行の飛行機は案の定定刻通りには出発できずで
セキュリティで大行列に引っかかってる乗客をまって1時間弱遅れて離陸。
窓から外を見てると、JALの誘導をしてくれてる係の人は
日本で見るのと同じように飛行機に手を振ってくださっていて
ここにも久々の日本を見つけてジー―ーンとした。




フライトは順調で、予定時刻とほぼ同時刻に到着。
関空行の臨時便だったからか、この時期にしては機内も混んでいて、
まぁまぁの人数やし、子供連れも多かった。

外国人の新規入国は停止されてるから、
のっぴきならない事情の人以外は日本に入れないはずやけど
思ったより外国人の姿を多く見たのには少し驚いたかな。。。。。

着陸後は、飛行機は到着と同時に検疫のアナウンスが入って
前から順番に、密にならないようにと誘導された。

私はエコノミーの一番後ろのブロックだったので
最後の最後やったけど、20分も待たなかったように思う。

で、そこからは延々歩くことになる。
箇所箇所に分かりやすいように係員が配置されていて
誘導に従って歩くだけなんやけども、これがけっこうな距離を歩くねんな。。。。

機内で全く寝れないタイプの私としては
12時間の長時間フライトに空港延々歩くのは結構キツかった。
が、機内持ち込みをキャリーケースにしたのは大正解。

これがボストンバックやったらギブアップしてた。
もし、これから日本に帰国予定の方がいれば
手持ちが多い場合は、ぜひぜひキャリーを引いて行かれることをお勧めしたい。

大まかに言ってしまうと、機内で貰う3枚の紙(機内で記入すると時短に!)をもって
延々と北ウィングを歩き回って、チェックして貰うという感じで
所謂これが、皆さまが言われる『スタンプラリー』の様子。

まずはホテル分けのストラップを首から下げて
何回も同じことを聞かれて、同じ紙見せて、、、で
もはやどんな順番で、どこで何を答えたかは覚えてないし、
唾液でのPCR検査では、ホンマに梅干とレモンの写真が貼ってあって
ホンマにあるんや、、、と笑えてきてしまって
なかなか酸っぱい口にならず苦労したのは予想外の出来事やったけど
流れはものすごく上手くオーガナイズされてると思った。





関空で到着便が少ないってのもあるし
たぶん朝到着便で、人がそんなに多くないってのもあったと思う。

いくつかのラッキーが重なった結果
自分の番号を貰って、検査結果まちのスペースに来たのは大体1時間半後。





それでも1時間半の間、あっちにこっちに歩いてたことになるから
まぁまぁ大変。

さらに、その結果待ちスペースで1時間半を過ぎたころ
ホワイトボードに番号が書きだされてお呼び出し。

一列に並んでネガティブロード(陰性結果やった人の通る道)を誘導されて





最後に赤紙をもらって、はい、陰性確定。





色が赤色やから、陽性ちゃうんか?ってドキッとするけど
赤色が陰性らしい。

そして、ここでやっと日本入国!!
預入荷物はもちろんとーーーーーっくに出てきてて
キレイにターンテーブルの横に並べてくださってたので
カートに乗せて、税関へ。

よっぽど疲労感が見て取れたのか、税関のおにーさんに
長くかかりましたか??と聞かれたから
3時間くらいですねー、長時間フライトの後は結構キツイですねーと言うと
早かったですねー!と驚かれ。。。

3時間で早いと言われたら、他の方は、、、、、想像するのは辞めた。

私が結構早いですねと言われた時間で出てこれたのは
たぶん準備をきっちりしたのとラッキーが重なったからやと思うけども
とりあえずオススメをまとめると、


【事前にやっておくこと】
◎指定アプリのダウンロード
◎アプリの設定
◎質問事項の事前入力及び、QRコードのスクショの保存
◎機内で貰う書類は機内で記入
◎できれば飛行機は日本に朝着する飛行機を予約


【持ち物】
◎クリアファイル(書類いっぱい貰うので)
◎ペン
◎機内荷物多い方はキャリーケース
◎お菓子等(待ち時間長いからお腹すく、、、)


こんなもんかな。


さて、やっと入国できて
これで解放!とはいかないホテル隔離へまた続きます。。。。。。






最終更新日  2021.12.24 12:43:12
コメント(0) | コメントを書く
2021.12.20
今回の帰国はJAL。

パリ発関空行の臨時便で、関西圏に実家のある私は
エールフランスで帰らなあかんかな、、、嫌やな、、、と思ってたところで
偶然このチケットを見つけて即予約した。

やっぱり、日系航空会社の安心感に勝るものはない。
チェックインは3時間前から開始とのことで、少しカウンター前で待ったけど
時間通りにきっちり開始。

フランス人スタッフであっても、ものすごく対日本人に対しての
接客を意識されてるのを感じた。

荷物に手間取っていたら、すぐに手助けをしてくれるし
お客さんが日本人だったら〇〇様と呼びかけ
チケットはちゃんと両手で手渡してくれる。

しばらくそんな丁寧な接客から離れていたので、めっちゃ戸惑ったとともに
でも、あぁ、ここからもう日本気分やわ、、、、、とものすごく安心もした。

カウンターのおねぇさんが

パスポートコントロール、すっっっごい混んでるから
寄り道せずに、すぐ中に入ってくださいね!

そう言うまでは。

まぁ、ノエル(クリスマス)休暇の最初の土曜日やもんなー
空港も結構人多いよなーと言われた通りに
寄り道せずに歩いていくと、想像を絶する人だかりが。。。。。。。




こんな人ごみ、コロナ以降2年ぶりとかに見たかもしれん。。。。。

呆然としながらも、並ばな話にならないから
とりあえずは並び始めるが、進まない。。。

私の後ろにいたアメリカパスポートの女の子なんかは、スタッフに
私、1時間後の飛行機なんやけど、これ時間どれくらいかかる?と聞いてたけど
大丈夫!進んでるよ!と返事が返ってきて、思わず女の子と笑ってしまった。

進んでる、、、、まぁ、牛歩のようにやけどな。。。。。。

結局、そのアメリカパスポートの女の子は
列の1人1人に声かけて謝って、先に進ませてもらっていたが
私は私で3時間あると言えど気が気じゃなかった。

が、よくよく考えたらチェックインしたの私が一番最初やし
私が間に合わなかったら、他の人はだれ一人間に合わへん理屈やから
待ってくれるやろう、、、、とも思っていた。

あまりの混雑にコロナが怖すぎて、自分は1メートルの間隔を前と開けて並び
容赦なく後ろをつめてくる、これまた別のアメリカンな若者には、
キャリーケースを後ろ手に距離を確保し、、、こんな状態で2時間半かかった。





もしも、もしも、日本でコロナ陽性になったとすれば
それはたぶん飛行機内での感染じゃなくて、
このパスポートコントロールのせいやわと思う。。。。






最終更新日  2021.12.23 00:57:17
コメント(0) | コメントを書く
2021.12.19
出発の朝。

4時に起きてお風呂に入って
最後に家の中を簡単に片づけて、掃除して、、、

旦那は基本的には1人でなんでもできる人やけど
シンプルな動線にしておかないと、面倒になって後回しにして
で、散らかるタイプ。

1か月以上留守にする身としては、なるべく返ってきたときのダメージを
少なくしておきたく、前日から掃除に洗濯に、ゴミ集めに、、、と
バタバタ忙しかった。

私の住む地方都市からパリのシャルルドゴールまでは
車だと2時間半程度でいくのだけど、今回はバスで1人で行くことにした。

旦那は車で送ると言ったけど、コロナになってから
空港内はエアチケットを持ってる人しか入れない事になっているし
バスやったら安いし、、、今回は1人。

懸念は30キロオーバーのスーツケースとボストンバック、
機内持ち込みのキャリーケースを1人で
空港のバス停のあるロワシーポール(第3ターミナル)から
ターミナル間を走っている電車にのって第2ターミナルまで一人でいけるかどうか、、、、
やけど、まぁやるしかない。

まだうすぐらーい時間に出発して3時間半。
クリスマスの休暇最初の週末やったから、空港までの渋滞を心配したけど
時間通り、搭乗時刻の3時間半前とピッタリの時間帯に到着できた。




が、やっぱり荷物は大変やった。
空港やし、カートがあるし大丈夫やわーとか思ってた私は
ホンマにアホやったと思う。

ターミナル間移動の電車に乗るのに、カートで移動できるわけないのに、、、、

結局、すっごく寒いはずやのに汗だくになって
腕もプルプル震えながら、第2ターミナルまで荷物を引っ張っていく羽目になった。

空港の入場制限については、どの時点なんやろ??と思ってたら
ターミナルに入ってすぐの通路で係員がエアチケットを確認する場所が。




でも、ちらっと小さな文字のエアチケットを見ただけで
そうぞーーーと通してくれたことを思うと、結構誰でも入れそうやな、、、と思ってしまった。

このチェックを通ってすぐ、通路脇に放置されてた荷物カートを見つけたから
それに飛びついて荷物を載せてやっと一息。

が、カートを押し始めてからなんかおかしいのに気づく。。。。

カートやのに、めっちゃ力入れて押さないと動かん。
私の後ろから来る人は、カートをスイスイ押しながら歩いていくのに
私はヒィヒィ言いながら押してる。

私の荷物、そんな重いんかいな。。。。と思ったけれど
良く見たら、カートの後輪が回転せずに滑ってる!

要するに、壊れてたんよね。。。。。

そりゃ放置されるはずやわと踏んだり蹴ったりの気持ちで
再度カートを交換して無事にチェックインカウンターまで着いたのでした。





この滑り出し、なーーーんか嫌な予感。。。。。






最終更新日  2021.12.22 00:30:00
コメント(0) | コメントを書く
2021.12.18
12月18日のフライトでフランスから日本に一時帰国するために必要な
PCR検査をしに16日昼過ぎにラボ(Laboratoire)へ。

フランスは薬局とかでも簡易的なPCRできるけど
それは日本入国に際しては対象外なので、ラボが一番確実で
私はこのフランス保健省のHPから、対象の検査ができる場所を検索した。

フランス保健省HP
https://www.sante.fr/cf/centres-depistage-covid.html


この、ラボとは研究機関で、色々な検査をしてくれる場所。
例えば、ホームドクターに血液検査必要だねーと言われたら
ドクターに処方箋を貰って、それをもってラボに行くと
そこで検査をしてくれる(結果はメールで患者と処方箋発行のドクターに送られる)
そういう場所。

なんてめんどくさいシステムやねんとの声にはものすごく同意したいものの
このコロナ過に於いてはPCR検査を予約なしで
無料で(ワクチン接種が条件)してくれる場所でもあってありがたい。

通常だと、ラボに検査に行ったら24時間以内に
メールで結果を知らせてくれるし、陰性証明書は
そこからダウンロードもできる、、、んやけども
今回は、日本政府指定のフォーマットを強く推奨するっていう
航空会社があちこちに記載してくれてる注意書きと
ユーチューブやブログで拝見するいろんな方の体験談を見て
指定のフォーマットで用意することにした。

流れはこんな感じ

12月16日 昼過ぎにラボに行きPCRテスト
      その際に、政府指定のフォーマットに
      結果を転記してほしいと頼んでOKを貰う

12月17日 午前中にメールでの陰性証明書を受け取ったので
      それを持ってもう一回ラボに行き、政府指定のフォーマットに
      内容を手書きで転記、サイン、ハンコを貰う

12月18日 チェックイン時にカウンターで72時間以内の陰性証明書と
      入国時にダウンロードが必要なアプリダウンロードが済んでいるか
      の確認があって無事搭乗


因みに、外務省のHPから指定フォーマットのフランス語版が
ダウンロードできるようになってるので、それを持参した。
フランス人、英語に苦手意識ある人おおいし、、、、、、

↓↓日本政府指定のフォーマット↓↓
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page25_001994.html


こんな時期に日本へ行く人しか使わないフォーマットなんて
見たこともない田舎のラボで対応してくれるのか、、、心配したけど
とっても快く記入、サイン、ハンコをくれた。



しかし、PM14時26分て、、、、
ラボの機関名や住所はハンコに記載があるから、これでいいでしょ!と
ハンコだけでん!と押してくれた。

まぁ、問題なく入国できたので良し。

各々色々な事情はあれど、この書類を用意するのが一番安全。
そう思う。






最終更新日  2021.12.21 00:01:19
コメント(0) | コメントを書く

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.