043162 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

フランスのすみっこに暮らす

PR

全5件 (5件中 1-5件目)

1

フランスおうち素人DIY

2021.04.12
XML
テーマ:IKEAを楽しむ(170)
IKEAに行きたい。
そう思い続けて早数ヶ月。

でも、フランスは大型商業施設の営業中止制限が出て、
その後またロックダウンになって、、、

ここ数ヶ月、IKEAはずーーーーっと閉まっています。

でも、IKEA側も色々策は打っていて
『クリック&コレクト』という、所謂ドライブスルー形式で商品を注文することができる。

ネットで注文して、取りに行く日を予約して
IKEAの駐車場で受け取るというもの。

が、スタッフの人が注文内容をカートに準備して
駐車場まで運んできてくれる、、、という手間がかかるのだから
もちろん最低購入金額がある。

それが、100ユーロ(13000円くらい?)

大型の家具を買うのならともかく、私が欲しいのは小さな小物。
100ユーロなんて量買わないし、、、、
でも、それがないとなかなか部屋がイメージ通りに仕上がらないし、、、
あーーーーIKEA早く開かないかなぁ。。。。

そんなことをぼやきながらIKEAからの広告メールをぽちっと開いてみた。
そしたら、期間限定で30ユーロからドライブスルーで購入可能と宣伝している!

お!!
やったーーーー!!

歓喜して、早速注文して、取りに行って
早速取り付けてみた。

それがコレ





上着を着る期間がながーーーーい我が地域では必須の
コートかけ。

玄関脇の部屋をドレッシングルームにしたので
そこにカバンとかコートとかを掛ける場所を作りたいと思ったのと
来客が来た時とか、いつも置き場所に困るし
欲しかったのです。


因みに、IKEAでの受け取りはめちゃくちゃスムーズだった。
ここ、フランスやんな?と思わず旦那と笑ったほど。

IKEAの建物が見えてきたあたりから、『ドライブスルーこっち』
みたいな看板があちこちに。
それに従って、駐車場に入っていくとスタッフの人が迎えてくれて
予約番号と名前を伝える。

引き取り時間は『16時~17時の間』みたいに1時間指定されているので
その時間と合っているかを確認。

『じゃぁ、〇〇の番号の所にバックで駐車して外に出ないで
車内で待機していてねー』との指示に従い駐車して待つこと5分。

ひとりのお姉さんが、IKEAお馴染みのカートをトランクの前まで運んできてくれて
『ボンジュール!名前教えてくださーい!OK〇〇さんねー
荷物はトランクの前に置いといたから持って行ってねー』と言って去っていくのを確認してから
車の外に出て荷物を積み込んで、カートをカート置き場に戻して終了。




待つこと前提の気持ちで飲み物とかお菓子とか少し持ってきた自分が
なんだか滑稽だった 笑

翌日に取り付けようと思ってたけど、思ってたより早く帰宅できたので
もう早速取り付けることに。





電動ドリルとか、多少の工具は必要なものの
簡単に取り付けられました。


少しづつ少しづつ、、、
あともうちょっとでドレッシングルームも完成予定なのでした。






最終更新日  2021.04.12 21:24:27
コメント(0) | コメントを書く


2021.03.16
フランス語では寝室のことを『chambre シャンブル』と言いますが
出来上がりましたー。




あまり広いスペースではないので、床にモノを置きたくなく、、、
壁にお星さま型のフックを付けました。
パジャマはこのお星さまに。



このお星さまは日本の雑貨店『Salut』で購入したもの。
白の壁にいい感じに映えました♡




カーテンはうすい落ち着いたピンク色にしたかったのですが
思う色が見つけられず、とりあえず家にあったブルーのカーテン。
我が家は三階で周りに高い建物もないので、レースのカーテンのみ。
フランスは泥棒大国なので、一軒家だとこうはいきませんが。。。

ベッドも新しくIKEAで購入して、必死に組み立てました。



この部屋に置いたのは日本から持ってきた無印のプラスチックの引き出しのみ。
本当は6個置きたいので、次回帰国時にあと2個買わなければ。

以上、とりあえず完成ですーーーー♡






最終更新日  2021.03.16 16:04:51
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.15
少し期間が開いてしまいましたが、、、、
寝室のDIY②です。

寝室DIY①はこちら


壁にばっかり目が行って、ペンキ塗り終えたーーーーと思ってたら
天井の穴をパテで埋めるのを忘れていました。。。。

それも、キレイにしましたー!




そしたら次は床です。

絨毯をはがしたむき出しの床に床材を貼っていきます。
これは、プラスチック素材の床材でただ単に床に貼るだけという簡単な物。




裏は、こんな風に接着剤が付いています。





ペタペタ貼っていきます。





大きさが合わないところはカッターで切れ目を入れると
パキッと折れるので、四苦八苦しながらも意外となんとかなりました。

コンセントも古いものだったので取り替えます。




色々なメーカーものがありますが、旦那はドイツメーカーの『シュナイダー』か
フランスメーカーの『ルグランド』じゃないとだめだーと主張。
電気だから、少し高くてもいいメーカーのを買った方がいいとのこと。
まぁ確かに。

と言うわけで、二つ見比べてちょっといかつい感じのドイツメーカーより
フランスメーカーの方がいいかな、、、となり『ルグランド』に。




コンセントだとわかりにくいのですが、スイッチだとこんな感じで違います。

↓↓ドイツメーカーのシュナイダー



↓↓フランスメーカーのルグランド



このビミョーな違い分かります、、、?笑
なんとなーーーく角のとんがり具合とかドイツの堅実な感じが出てる気が、、、笑





旦那が、電気関係も触れる人間なので
こういう小さい変更も自分たちでできるのは助かります。




出来上がりー!!






最終更新日  2021.03.16 16:24:18
コメント(0) | コメントを書く
2021.02.12
昨年9月の事、フランスに引っ越して初日は、
剥がした壁紙をゴミ袋に入れるところから始まりました。。。





私がフランスに来るまでには寝室をキレイにしておくよーと言った旦那​でしたが、
そうよねー。
終わるわけないやんなーと、ごみ袋片手に片づけながらぼやいていました。

行程としては、壁紙を片づけたら
壁、天井の陥没箇所をパテ(土?)で埋めてやすりをかけて
ペンキを塗って、絨毯をはがして、床を張り替える。

※パテはたぶん日本だとこのあたりの商品↓↓

セメダイン 内壁や木部の凹み・穴埋め用パテ かべパテ(300g) 白色 【品番:HC-121】●


文字で書くとこれだけ?という感じだけど
これが結構大変な作業だった、、、、、


壁紙は、薬品を使って剥がしてもいいけど
熱湯をハケで壁紙にしみ込ませていったら、ペロンと剥がれたので
ひたすら熱湯を塗っていく。

絨毯は、ごみ袋に入る高さに合わせて
カッターで切って剥がしていく。

ペンキをムラにならないように塗っていく。

するとこんな感じにー





ペンキを塗ると、雰囲気が一気に明るくなりますねぇ、、、

が!!!

天井の事考えるの忘れてた、、、、、、


つづく






最終更新日  2021.02.25 12:39:13
コメント(0) | コメントを書く
2021.02.05
旦那と出会ってもうすぐ6年。


初めてこのアパルトマンに呼んでもらった時、あまりの散らかりようと傷み具合に
びーーーーーっくりした事を覚えてる。

一緒に住んだ半年の間に、捨てれるものは捨てて
片づけまくって掃除した私だけど、さすがに内装の修復までは手が回らなくって
放置していた。

見た目酷いけど、清潔やったらいいわ

と。

でも、この度フランスに引っ越ししてくるにあたって

こんな家はいややーーーー!

と訴え、旦那は重い腰を上げて本格的にあちこち修理することにした。






◎ペンキがはがれてボロボロのキッチン
◎昔に猫がいたので壁紙がボロボロで雨の日はなんとなく獣臭がする絨毯床の寝室
◎水のパイプから水滴が漏れで3日一回は桶の水(キレイな水)を捨てる必要のあるトイレ
◎14年間殆ど換気の窓を開けなかったから、湿気で壁の一部が腐食し落ちているお風呂場
◎もはや足の踏み場もなくガラクタを突っ込んであった書斎

そのほかにも挙げればキリがなく書ききれない 笑

6年前の当時、何とか居心地よく過ごせるのはサロン(居間)だけで
それも彼はペンキを塗りなおしている最中だったから
私が初めて来たとき、安心して座れる場所はソファの上しかなかった。

しかも、どの部屋も電気はつかず、明かりはパソコンのモニターのみ。
キッチンもパイプの腐食で水を止めていたので
水が出るのはバスルームだけ。

使える家電は、電気ケトルと電子レンジとパソコンだけで
冷蔵庫も洗濯機も掃除機も壊れていた(掃除機は2台もあったのに、、、)。

ようこんな家に私を招こうとおもたな。。。。

と思ったものだ。

旦那は10代~20代前半にかけてかなりゲームに没頭した時期があったらしく、
様々なゲームの大会で得た賞金でこのアパルトマンをキャッシュで買ったらしいが、
1人には広すぎるこのアパルトマンで、ゲームして、眠たくなったら寝て
お腹がすいたらピザのデリバリーをほぼ毎日頼む生活。

その他は一切手をかけずに放置してきた結果、こんなオンボロアパルトマンになってしまった。
それを自分たちでイチからやり直すのだから長い道のりになるのだけど

せめて寝室だけはキレイにしといてや!

と去年2月にフランスへ来たときに頼んでおいて

モモが来るまでには終わらせるよー!

と返事した旦那。

私がフランスに来た去年の夏にアパルトマンのドアを開けて
みた寝室の光景はこうだった。。。。。






ほとんど始まってもいーへんやんかーーーーーー!!!!!!


と叫んだのが約半年前のおはなし。
少しづつ進んだ素人DIYを記録していきますー。






最終更新日  2021.02.25 12:39:48
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全5件 (5件中 1-5件目)

1


© Rakuten Group, Inc.