1573370 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

法律なんて怖くない!

PR

プロフィール


法律伝達人max-asayu

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

アマゾンで New! ぴんく はあとさん

アマゾンプライム鑑… 剣竜さん

theネタ帳☆ ぞっこんボスさん
★cellfood健康法 「… soliton_kobaさん
さむらい業日記 モダニストさん
Love Thirties! きよみっぴさん
つんつんの主に読書… つんつん1955さん
Natural koukiakiさん
私の湘南スタイル VIVA7354さん
ペンギンさんの南極… penguin3.comさん
2004年09月14日
XML
テーマ:法律(465)
カテゴリ:刑事訴訟法



さてどうなるのでしょうか。
これは条文があります。

憲法第三十九条
何人も、実行の時に適法であつた行為又は既に無罪とされた行為については、
刑事上の責任を問はれない。又、同一の犯罪について、重ねて刑事上の責任を問はれない。


無罪判決が出た場合は、その後真犯人と分かっても二度と裁判できません。
どうお考えになりますか?
「おかしい」と思う方もおられるでしょう。
確かに、今は「真犯人」と決め付けていますからおかしいと思うかも知れません。
しかし、もし「何か有罪の証拠が出てきたらもう一度裁判できる」と言うことになっていた場合、一回無罪になってほっとしていたら「証拠が出てきたから裁判だ」となり、2回目の裁判でも無罪になって今度こそ落ち着けると思ったら「いやいや、また証拠が出てきたぞ」ということになり、裁判がエンドレスになりかねません。

これでは被告人はたまりません。
なので、裁判は一回きりとするしかないでしょう。
やむを得ないところです。






最終更新日  2004年11月17日 20時39分56秒
[刑事訴訟法] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.