000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

blanc+

ケンカ。

家に帰ると夜勤明けで眠っていたパパがテレビを見ていた。

"どうせなら一泊してくれば良かったのに。"

なんだか嫌味に聞こえた。

その理由は私自身の中にあるのに
なぜかパパに八つ当たりした。

"それって嫌味?"

言った後、すごい後悔した。

嫌味に聞こえたのは

なんだかんだと理由をつけて
病院へいくことをやめたことを少し後悔していたことと
息子がガンではないだろうか。
そんな予感がすることへの恐怖があったからだ。


今日は誕生日だった。
20代最後の誕生日。

そんなことはお構いなしに
息子のあごの下は昨日よりも更に大きくなっていた。



パパは私たち家族には優しい。
会社の一部の人の間では
怖い人と思われているのが嘘と思うほど優しい。
優しすぎて優柔不断に思えるくらい。


この日はパパが仕事に行くまで
ずっとお互いに喧嘩口調だった。

ホカ○カ弁当を買って帰ってきたことも気に入らないし
家族が揺れている時に
保険だなんだと言っている私が信じられないと言っていた。

確かにそうだ。
あのころの私はいったい何を思って
何をしたかったんだろう。



人は何かがキッカケで変わるんだ。
キッカケがあれば変われるんだ。
全ては経験なんだ。

今だからそう思う。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.