000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

blanc+

PR

全38件 (38件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 >

2007/01/11
XML
カテゴリ:日々
最近夜更かしをしてパソコンのメンテナンスに勤しんでいるからか
寝不足気味のblanc+です。
こんにちは。

今日はめずらしく日中の更新です。



朝からピンポンピンポンデーだったので
11時ころのピンポンにはうんざりだった。
けれど、そのピンポンは私の父と母だった。

洞爺湖温泉の帰りだった。


退院した後の息子と
しばらく会っていない娘に会いたかったらしく
わざわざ寄ってくれたらしい。
この人たちの孫の可愛がり方は尋常じゃ~ない。


最初は人見知り気味だった子供たちも
10分もしないうちにばあばの術中に収まり
そろそろ帰ろうか~と言うと
"一緒に行く~"
と言ってきかない。


寂しいから行かないでとお願いしても
"泣かないで待っててね♪"
と頭をなでられ
どっちが子供かわからず・・・

日曜日に送ってくれるというので
仕方なく旅にだすことにした。


育児に疲れてはいるけれど
あの元気な娘がいないと
やっぱり淋しい・・・。


明日迎えに行っちゃうかも。















Last updated  2007/01/11 03:08:01 PM
コメント(3) | コメントを書く


2007/01/09
カテゴリ:日々
長女の寝起きがめちゃくちゃ悪い。

朝はいいのだ。

けれど、昼寝の寝起きは最悪。

何をしても何をしようと誘っても
グズグズグズグズ泣いて
私の膝を占領している。

そういうときにやってくる
息子の叫び。

〔僕は眠たいんだ~~!!〕

こう話せるわけじゃないですよ、
子育てした人ならわかるであろう
泣き方で解かる
親子の絆です。
はい。


仕方なく、息子を抱っこ紐で抱いて
娘をおんぶで我慢してと説得する。
最初はいいんだ。
息子が気持ちよさそうに寝付くころに
突然娘が大声で泣き出す。
そして息子も泣き出す。
赤子の大合唱~~~~T_T

退院してから毎日毎日これの繰り返し。
正月は義母に助けてもらえたからいいものの。

これからどうなるんだろう。

半年も私から離れていたから
寂しかったと訴えているんだろうか。

甘えん坊で気が強い。
私のいらんところを受け継いでしまったのね。

寝顔を見ているとつらかった事も
たいしたことなかったかのように思える。
親と子って不思議だ。。。





実は今日、息子の定期検診だった。
心臓・リンパ・肺に転移しやすく
悪性度が高いので再発しやすい。
抗がん剤を投与している矢先にも再発する
ケースがあるとか。
(浸潤しやすく悪いところだけをとっても
また再発するらしい。半熟の目玉焼きの目玉をつついた時の
あの感覚でしょう。)
一塊に広範囲切除をした結果、
ありとあらゆる神経を切断しなければならなく
あごの骨も削った。

あの大きな大きな大人のおとこの拳くらいあった
ガン細胞は抗がん剤の開発・研究に使われる
そう言っていた。

効果があると声を大にしていえるほどの
薬が開発されますように。
(息子が受けていたVAC療法は横紋筋肉腫の治療に使われる抗がん剤治療の
薬の頭文字をとってつけられた名称。
線維肉腫には確かな効き目はないらしいです。)


この文章を読むとえ??って感じだろうが
見られない顔ではない。
さすが耳鼻科&形成外科の合同手術!


その恐るべし再発がないかを検査するのに
退院前にMIRの検査をしたのだが
どこかで動いてしまったらしく
再撮影のため再度入院・・・。
ぼっちゃん、今度こそお願いしますよ~。
と願わずにはいられない。


入院も再発もどっちも嫌。
もう息子が苦しむ姿は見たくない。
MRI・造影CT・レントゲン・PET
いろんな検査をしたけれど
どれもいい気分ではない。


丈夫に生んであげられなかったから
丈夫な体に育ててあげたい。

母は頑張ろう。






Last updated  2007/01/10 12:06:06 AM
コメント(2) | コメントを書く
2006/12/28
カテゴリ:日々
昨日退院してきて…

新生活一日目は夫の帰宅から始まった。

会社の忘年会とやらで七時頃出掛けて行ったけど…

帰ってきたのは朝の4時。
会社の飲み会となるといつもコレです。

私の堪忍袋の緒は我慢強いことこの上なし!



私と子供たちは
大掃除と散らかすの平行線であっという間に夕飯の時間。


娘に何を食べたいか聞いてみると

イクラ!!!

って事で寿司の出前を頼むことに。



考えてる事が私と一緒の奥様が何人いるんだろう。
大掃除って意外にパワー使うんですよね。
夕方には身体のバッテリーが切れかかって誤作動起こしそうでした。

出前は二時間待ちときたもんだ。
それでも待ちました。
かわいい娘への今までよくママなしに頑張ったね!のご褒美と
たまにラクしたいわ♪
なんていう私の手抜きの為に。
病院で家事しなかったクセに何がたまにはなんだろ。
朝帰りの夫にはこの日ばかりは決定権なし!



二時間の間に

『イクラ屋さん、まだかなぁ~』

って何回聞いただろ。


すごい楽しみにしてましたね。


私はイクラを好まないのでイクラを造ったことなどなかったのですが、
これからはちゃんとしなくちゃなぁ。



『ママ、イクラ食べた~い』
と言われるたびにイクラ屋さんに電話したくなりそうですから。



しかし午前様はなんとかならないものかしら。
ちょっと考えものです。






Last updated  2006/12/29 12:26:44 AM
コメント(1) | コメントを書く
2006/12/26
カテゴリ:日々
明日、退院です。
やっと家族4人が揃う生活を迎えられる…
もとの暮らしに戻るという感じではなく
新しい生活といった気分でいます。
離れて暮らしてみて初めてわかった事が沢山あって。
私たち家族に大切なのは、ガン保険やお金でも何でもなく、絆だったんだと…

その気になればなんだってできる。
夫と子供たちのために頑張ろう。
色々考えさせられた半年でした。

辛かったね、大変だったね、お疲れ様と言われる事が多かったけど、
それはちょっと違う…
何て言えばいいかわからないけれど。


新しい生活。
明日からスタートです。






Last updated  2006/12/26 09:21:02 PM
コメント(0) | コメントを書く
2006/12/19
カテゴリ:日々
朝が実は苦手だ。

低血圧も手伝ってか、
本当に最悪。

息子が私の顔を叩いて
早く遊んでくれとせがみます。


朝早く起きてほしけりゃ
夜泣きはやめてくれ~
それは勝手な願いってもんだ。






Last updated  2006/12/20 08:35:24 AM
コメント(2) | コメントを書く
2006/12/18
カテゴリ:日々
もうすぐクリスマスですね。
自宅でクリスマスパーティができるかはまだわからないけれど、なんだかワクワクしてたまらないのです。

サンタさんって、いつから信じなくなったんだろう。

いつものように、クリスマスイブには
大きくて真っ赤なソックスを枕元に置いて
寝たふりをしてドキドキしながらサンタさんを待ってると
父がプレゼントの包みを抱えてこっそりと部屋に…
あっけにとられ父を見つめながら
幼いながらにもなんて言えばいいかを必死に考えた記憶があります。


サンタさんって誰…?


新学期、半分がっかりしながら学校へ行くと
実は友達の家にやってきたサンタさんもお父さんだったそうな…



まだランドセルを背負って
小さな事で泣いたり怒ったり
喜んだり笑ったりできる歳だったなぁ。



子供との毎日を過ごす中で
自分の子供時代を振り返ることを
楽しんでいます。


今年はどんな変装をさせようかな。
我が家はハローウィンとクリスマスがいっぺんにやってくるようなクリスマスなのです。






Last updated  2006/12/18 01:37:31 PM
コメント(0) | コメントを書く
2006/12/13
カテゴリ:日々
外泊中は息子にはお手製の離乳食を与えていた。
ありきたりなメニューだけどちゃんとバランスを考えて食べる人の事を考えて作った。
生まれてすぐに入院生活がはじまったから、この外泊でのご飯がこの子にとっての初めての母の味ってことになる。

家では夫が心配するくらい食べてたのに病院に戻ってきてから、息子が病院の離乳食を食べなくなった。


まだまだミルクの方がいい月齢ではあるけれど、首を左右に振って口元に運ばれてくるスプーンをかわしてるかのようだ。


食育ってことばがある。
たべものはカラダだけでなく心も育てている。


私の料理が美味しかったから病院のが食べたくなくなった。
という理由ではないだろう。
お母さんが編んでくれた帽子。
お母さんが作ってくれた巾着。
お母さんが作ってくれたご飯。
お父さんが作ってくれた椅子。

子供って、手作りが好きってもんだ。


あなたが大事。
そう言うだけでは伝わらないんだろう。

給食を食べない子は、家庭ではスーパーの惣菜がメインだったりするんじゃないだろうか。
きっとお母さんの作ってくれたご飯が食べたいんだろう。

病院で生活してる私は売店の弁当ばかりだけど、やっぱり人の温もりがあるご飯が食べたいもんな…






Last updated  2006/12/13 05:40:07 PM
コメント(2) | コメントを書く
2006/12/12
カテゴリ:日々
6クール目、やっと最後の投薬になりました。今日から三日間頑張って、血液データの上がり具合を見ながら退院と外来受診の日取りを決めます。

退院を迎える日はまだまだ先と萎えてた心はどこへやら。
食欲がほとんどなくておにぎりやサンドウィッチで生活してた私もどこへやら。

楽天的な事=前向き
って思ってる人がキライだった私もどこかへ行きました。
でもやっぱり前向きって言うのは、楽天的なのとはちょっと違う。
やっぱり、将来どんな自分になりたいかを見据えて現実問題に一生懸命に取り組む事だと思っています。


退院したら、家族バラバラに暮らしていたことで微妙に生じた心のズレをなんとかしたいな。

あとは小さなハンドメイドのお店をネットで運営するのが目標。

本当にひっそりとね。




あとは、息子の記録を載せていきたいと思います。






Last updated  2006/12/12 12:48:07 PM
コメント(0) | コメントを書く
2006/12/11
カテゴリ:日々
早いもので、私たちの結婚記念日があと一ヵ月後に迫っています。

『できちゃった結婚?』
と聞かれると
「そればかりじゃないよ」必ず夫はこう答えます。

そればかり…それって何?!
ってよく思います。


でもそれってのを知ってしまうと100年の恋も醒めてしまいそうなので、想像するにとどめてあります。

それを知らずとも淡い恋心が憎しみに変わっていく瞬間が多々あることに気付きました。
たとえば…
子供ふたり同時に抱っこをせがまれ泣かれ困っている私を無視してケータイの競馬ゲームに没頭してたりする。
ケータイとりあげて雪に埋める、もしくは夫自体にバックドロップでもキメてやりたい衝動にかられますが、やっぱり遅く帰ってきて一杯ひっかけて、お皿におかずを盛り付けてる間にも舟を漕ぎはじめる夫の間抜け顔を思い出すと面白いやらありがたいやらで胸いっぱいになって思いとどまるんだけど、転寝から本寝に移行するのが早くてしかも寝起きが悪く、意味不明な暴言がはじまるとフツフツと再燃します。
ソファーで寝たら風邪ひくから心配なだけなのに~!
これが愛する妻への態度なのね?!


こうやっていくうちに、彼氏彼女としてやってきた時代とはまた違う愛着みたいな情みたいな…
なんて言ったらいいかわからないけど、私のあの時の恋心はバックドロップをかけるかやめとくかの迷いに変わったようです。


来年は何がどう変わってるかな。
今年より更に成長・進展していたいですね。






Last updated  2006/12/12 09:06:02 AM
コメント(0) | コメントを書く
2006/12/08
カテゴリ:日々
退院の話がちらほら聞かれるくらい、やっと終わりが見えてきました。
昨日から三泊の外泊許可が出ておうちに帰ってきています。
ここまでこれたのが信じられない!
ただ病気に対しての恐怖に無我夢中で、笑うことを忘れそうになった時、看護婦さんが“この子は大丈夫。10時間もの手術を乗り越えて切ないはずなのに笑ってるんだから!”と言ってくれたことを思い出し心の支えとしてきました。
いつも誰かに支えられ、本当に感謝でいっぱいです。
人とのつながりがあるから苦しみや感動があって、それがない人生は孤独だと思いました。


健康なカラダに産んであげられず申し訳ないという気持ちもありながら、ベストな結果を出すために毎日を真剣に生きようと思えるようになったのは息子のおかげです。

“ママの人生、今のままでいいの?”って教えてくれたのかも知れないなぁ~

明日は夫が実家へ娘を迎えに行ってくれるので、帰ってくるまでに鍋用の出汁をとって息子とお留守番の予定です。

あまり出歩くのも心配だし。無菌状態にできるマスクがあったなぁ~(笑)


心に余裕が出てきたので更新もレスもマメにつけていこーと思いますので宜しくお願いします。






Last updated  2006/12/09 12:54:32 AM
コメント(5) | コメントを書く

全38件 (38件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.