517127 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

一緒に歩こう

PR

X

Profile


白い倍音の魔法使い

Category

Calendar

Comments

うさうさ@ Re:9月29日(水)(09/29) おはようございます(^.^) ワクチン、どち…

Archives

November , 2021
June 2, 2012
XML
カテゴリ:
 私は、精神的には随分と幼くて
20代の頃は、悩みなんて全然無かったし、いつも周りから「幸せそうに見える」
とうらやましがられた。
 自分が無神経だったのか、周りの人が懐が広い人が多かったのか
自分の思い通りの人生を生きてきた。

 だから30才を過ぎてから
人にこっぴどく裏切られ、
職場の上司に嫌われ、露骨に嫌がらせをされたりして
ようようと、悩みというものと付き合うようになった。
 
 それでも、良い伴侶に恵まれて、両親もいて、
「こんなに幸せな毎日でいいのかなぁ」とよく思った。

 とは言うもののやっぱり、日常ではいろいろあって、
結婚後5年後に夫が摂食障害だと知って、
結局私にはどうすることも出来ないのに
じたばたして

 それから3年後に母が病気になって、その9ヵ月後には亡くなって
これが私の甘い人生最大のショックで辛い出来事で
ここからすっかり、不安とか心配と
どっぷり自分はお付き合いするようになってしまった。

 人生は自分の思い通りには行かない。
自分の感情のまま好き勝手に生きていくのは
他人との人間関係にトラブルを引き起こすし、
それはあまりに幼稚なことだと、ようやく知った。

 こんなこと、きっと私の周りの人達は、とっくに自覚していたことだろうけど
私には、20代の頃、そんな風には全く思えなくて
自分の感情のまま、心のままに生きることが最高だと思ってた。

 そんな私なんだけど、

 今日、ある夢を見た。

 夢の中の私は自分の感情を大切にして、
その感情のままに行動していた。

 そんな夢を見て、朝からボーとその夢について考えていたら
あるテレビドラマで
「男性は、ある時点から自分を押し殺すようになってしまいます。
自分の感情のまま、女性の前で涙を流せる男性が何人いるでしょうか
でも女性が求めているのは
男性のそういう感情の部分なのです」
というセリフがあって、
これは男女の恋愛について語られていた一部なんだけど
心につまされた。

 そうだよね、
自分の負のエネルギーを感情のまま、
周りに撒き散らすのは確かに幼い、

 でも、それとは違う感情
自分の中で大切にしたいと思っている感情までも
押し殺す必要なないんだよね。

 例えば、
周りが「おばさん」と呼ぶ女性たちが
韓流の若くて素敵なタレントに心をときめかせて追っかけをする。

 こういうのって、すごく素敵だなぁって、今は思う。
夫や子供がいても、いいじゃないか。
 笑いたい人は笑え

 心ときめく、気持ちは、
きっと70歳を過ぎても、80歳を過ぎてもずっとある。
70過ぎの母が大好きだった映画が「プリティウーマン」のように

 それは、とても誇らしいことではないか。

 容貌や肉体はどんどん老化して衰えても
心は、
 10代の初恋の頃の気持ちを忘れていない。

 人生、自分の思い通りにはいかない。
辛いと思うこともある、悩むことだって、不安や心配もたくさんある。
そうきっちりと、悟りました・・なんて行かない。
 あっちにぶつかり、こっちにぶつかり、それでも生きていく。

 でも私の心の中には
ちゃんと10代の頃のトキメキが残ってる。
 この心さえ失わなければ、どれだけ年をとっても怖くはない。

 それを思い出させてくれた
今日の夢でした。


 


 






Last updated  June 2, 2012 09:22:50 PM
コメント(0) | コメントを書く
[夢] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.