517889 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

一緒に歩こう

PR

X

Profile


白い倍音の魔法使い

Category

Calendar

Comments

うさうさ@ Re:9月29日(水)(09/29) おはようございます(^.^) ワクチン、どち…

Archives

December , 2021
October 13, 2012
XML
カテゴリ:
 今日はちょっと難しい話です。

 「自殺ほう助」(安楽死)の映画を見ました。
アメリカの実話を元に作られたようです
 簡単にストーリーを書くと
死を望む人に、医師が安からな死を提供する
という話です。
 もちろん、反対者が出るし、裁判にもなります。
医師の主張は、「人には死を選ぶ権利もある」というもの。
 もちろんどんな人に対しても自殺の手助けをするわけではありません。

 精神的病気を抱えている人に対しては行いません。
病気や障害などで、肉体的苦痛を抱えている人に対して、
その人が強く望むのであれば、死への手助け(安楽死)をするのです。

 興味深かったのは、
彼の「自殺ほう助」に対して反対している人は
無関係な人たちばかりだということです。

 本人や家族は、それを受け入れている、
家族も本人がそう強く望むのであればと
本人の意志を尊重している。

 反対するのは、本人でも、家族でもなく
無関係な人たちばかり。
苦しんでいる本人、家族はそれを強く望んでる。

 反対者は「死の時期を人間が決めるのは神への冒涜だ」
と言いますが

 そういう意味でいえば、
自殺ほう助は認められていないものの
今の医学は、人間に対して、神への冒涜だらけです。
遺伝子操作、中絶、臓器移植・・・

 これは、私の神様論ですが 
神様というのは、人間がなさること、
人間の価値観で測られる善悪には、
干渉されないと思うのです。
 善はよくて、悪はいけない
そもそもこの善悪の自体が、人間が作り上げた価値観ではないか
そう私には思えます。

 結局、医師は有罪判決を受け
刑務所に服役することになります。

 私は、自殺したい人を認めているわけではありません。
死にたいという人を目の前にして
じゃぁ、その手助けをしよう、という気になるかといえば
出来ないと思います。

 ただ、今の医学で自然に死ぬということはまれではないでしょうか

 何らかの死のコントロールがされています。
そう出来てしまいます。

 ただ、心臓を動かしておくだけなら
脳死状態で何年も生きることは可能です。

 私の母の場合は、
私は主治医になるべく自然な逝き方を伝えていましたが
それでも
「この日までは生きていて欲しい時期はありますか?」
と聞かれ、驚きました。
なぜそんなことを言うのか尋ねると

「ご家族の都合(保険などの関係)で、
この日までは生かせて下さいという家族がいるのです」
と主治医は、よくあることだという口調で言いました。

 私は、母の自然な死を願いましたが
母が亡くなってしまうと
どんな手段を使っても、少しでも母が生きれるように
努力すべきではなかったかと
自分を責めることが何度もありました。
 自然に逝かせることが
母を見放し、自分が母を殺してしまったような気がしたからです。

 自然死など、望めなくなっている現代医学

 死のあり方、死の選択
いろいろなことを深く考えさせられた映画でした。

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村



 

 






Last updated  October 13, 2012 11:16:41 AM
コメント(6) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.