517967 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

一緒に歩こう

PR

X

Profile


白い倍音の魔法使い

Category

Calendar

Comments

うさうさ@ Re:9月29日(水)(09/29) おはようございます(^.^) ワクチン、どち…

Archives

December , 2021
October 17, 2012
XML
カテゴリ:
 恐怖
愛する人を亡くす恐怖

 母を亡くしてからかな
死が身近になってしまった。

 母がいなくなるなんて、
人はいつか死ぬとはわかっていたけど
自分の身近な人がそうなるなんて
すごく矛盾してるけど、思ってもいなかった。

 来年80歳になる父
もう男性の平均寿命を過ぎているんだ
と思うと
怖くなる。

 来年の話をするのが怖いと思うこともある。
来年が必ずあるとは思えない自分にも怖くなる

 夫と食事するとき
その食事が美味しいと思い
ふと、夫の顔をじっと見つめていると
怖くなる時がある。

 真剣に考えれば考えれるほど怖くなる
だから、
 考えない

 楽しいことだけ考える
今、生きているこの瞬間のことだけ考える

 今日、なぜか朝、目が見えなくなる恐怖が襲ってきた。
半分起きて、半分まだ眠っている状態だった。

 目が見えなくなる恐怖
それは自分の理性を超えた恐怖だった
 あまりに恐怖が大きいと人は精神が崩壊してしまうかもしれない
なぜなら、その恐怖から逃げれる唯一の手段はそれしかないから
そんなことさえ思った恐怖だった。

 目がしっかり覚めてしまうと
その恐怖はすっかり去って
なんであんな恐怖に襲われたんだろうって、
不思議に思う。

 親が老い、自分も老いる

 すべての恐怖の源は「死」につながっているという人がいるけれど
どうだろう

 死が恐怖であることが、恐怖なので
なんとか、死と折り合いをつけて
友達までとはいかなくても
 死は安らぎと思える心境に少しでも近づけたらと
恐怖から逃げる
死からは逃げられないけど
恐怖からは逃げれるような気がして逃げる
 
 

 


 






Last updated  October 17, 2012 08:55:08 PM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.