000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

一緒に歩こう

PR

X

Profile


白い倍音の魔法使い

Category

Calendar

Comments

うさうさ@ Re:9月29日(水)(09/29) おはようございます(^.^) ワクチン、どち…

Archives

December , 2021
October 20, 2020
XML
カテゴリ:旅行記
10月15日、午前5時出発。
大杉谷の途中、登山センターにより、登山届を出す。
熊の情報を聞く「8月に熊が出たそうですけど、大丈夫でしょうか?」
「熊はもともと大杉谷に住んでます、大丈夫ですよ」
と根拠のない、大丈夫をもらって、とりあえず安心する。
 過去の事故箇所が記された、危険個所マップをいただく。
私たちが行く、京良谷までも過去に死者や滑落者が数人出ていた。
改めて気を引き締める。

 午前10時過ぎ、駐車場につくと、車が数台泊まってる。
人がいる、よかった、とここでも安心する。
駐車場で、準備をしていると、戻ってきた人がいた。
歩きなれてる雰囲気の男性二人連れ。
挨拶をすると「なかなかの道だよー」と言われた。
「京良谷までです」と言うと、「あぁ、それなら安全だわ」と言われる。
軍手をして、ホイッスルを首からぶら下げる。

 いよいよ出発、天気予報は曇り晴れだったけど、頭上は青空だけ、快晴だ!
鎖場やロープを使いながら進んでいく。
川の水がすごくきれい、サイダーの色。
道中怖いと思った場所はなかったけど、
それは、私たちが事前に情報を得て、慎重に鎖やロープをつたいながら歩いているからで
気を抜いて歩き滑ったら、滑落してしまう場所は数か所あった。

 それから、怖かったのは熊、
駐車場に車は止まっていたけど、道中は私たち以外、人に全く会わない。
薄暗い場所、山から熊が下りてきそうな道になると、ホイッスルをピーピー頻繁に鳴らした。

 予定通り、一時間半で、京良谷の川原につく。
京良谷の入り口に「ここで熊に襲われる事故が発生しています、注意してください」
と書かれた看板が立っていた・・・

 川原には誰も人はいない・・・
キョロキョロとあたりを見渡しながら、コンビニで買った、おにぎりを食べる。
熊に警戒しつつも、やっぱり自然の中にいると気が和む。
 30分ぐらい、川原周辺を散策したりして、過ごした。
もっとゆっくりして、川原で寝転がって過ごしたい気分だけど、
帰る時間もあるし、熊も気になるので、
午後12時には、出発した。

 帰りは、行きほど、熊の恐怖はなかった、
やっぱ、人は慣れる生物、ただホイッスルだけは頻繁に鳴らした。

 途中、20人以上の団体(60歳以上)とすれ違う、どこまで行くんだろう。
みなさん元気そう。こういう団体行動なら熊も怖くないだろう。

 午後1時半ごろ、駐車場に無事戻る。
無事に戻るとすっかり忘れてしまうけど、

 昨夜、
今回の旅行は「無事に生還」がテーマだ!
無事戻ることに、心から感謝しよう、と強く思ったことを思い出す。
 3人とも滑落せずに無事往復できたこと、
熊さんにも遭遇しなかったこと、
ほんとうに、心から感謝。
無事であることを、あたりまえと思ってはいけない。

 10月は、あと一回、機会があれば、近場の山に日帰りで行きたい、
11月になると、標高が高い山は雪でいけないから、
今年のラストチャンスだ。

 コロナでつくづく思ったことの一つ、
来年のことは、考えまい、
行きたいなら、したいなら、いま!
出来るなら、今 しよう。






Last updated  October 20, 2020 09:23:36 PM
コメント(0) | コメントを書く
[旅行記] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.