000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

一緒に歩こう

PR

X

全231件 (231件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 24 >

日々のこと

September 22, 2021
XML
カテゴリ:日々のこと
午後11時、ベランダに出る、
暗いベランダの片隅が明るく照らされ、その先に月が見えた。
 白い雲の塊が、龍の爪のようにゆっくり右から左へと流れてく。
その上に浮かぶ月。

 あんなに明るいのに、太陽と違って、月は見つめることが出来る。
ベランダにしゃがみこみ、月を眺める。
 そうだ、水晶の月光浴をしよう、そう思いつき
椅子をベランダに持ってきて、その上に水晶を乗せる。
 月に照らされる水晶。

 椅子のそばにしゃがみ、一緒に月を眺める。
鈴虫の声が折り重なるように宙に散る。

 月の光には力があるんだっけ?
月の光が人に与える影響ってある気がする。
特に満月は・・

 自分の中で、力がむくむくと沸き上がる。
静かな力だ、でも力強い。それを免疫力というのかな。

 いつまでもそこでしゃがんでいたい、
できればここで眠りたい。
 月の光を浴びながら・・
どうかわたしに、静かな力を下さい
静かで、ゆるぎない強さを下さい。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村






Last updated  September 22, 2021 11:38:57 PM
コメント(2) | コメントを書く


September 18, 2021
カテゴリ:日々のこと
朝10時起床。
もっと早く目覚めたけど、つーちゃんも寝てるから、
私も二度、三度寝、さすがに10時過ぎると眠れない、起きる。
つーちゃんも起きてきた。
 
 12時に昼食、チーズハンバーグを作った。

 午後3時前、実家に行く。取りに行きたいものがあったから。
道中、他県ナンバーの車を数台見かける。
3連休だからかな?
わがけんは緊急事態宣言中なんですけど・・

 実家の前に着くと、父が、短パン姿で、家周りの雑草をとっていた。
家の前の駐車場には、むしり取った雑草がてんこ盛り点在してる。
顔を赤くして、鼻水垂らして。
太陽は出てないけど、蒸し暑い。
「こんな昼間にそんなことしてたらだめじゃない」
と言うと、雨上がりは草取には最適だからと言う。
 
 相変わらず、ブツブツ父に言って、ストレス発散。
(ごめんなさい、お父さん、いつもこうなるね)

 午後5時近くに家に戻り、干物を焼く。
夕食は、ハンバーグの残りと、スクランブルエッグとホッケの干物。
全部つーちゃんの好物。

 夕食後は、リビングで軽いストレッチと筋トレ。

 午後7時過ぎ、一息ついて、録画のBLを見る。
小学生の頃から大ファン「シャーロックホームズの冒険」
ジェレミー・ブレッドのホームズは最高だ。
現在、BSNHKで再放送中。わーい、わーい、
この録画は永久保存にしよう。

 穏やかな一日、外から入ってくるのは、
涼しい風と、折り重なる鈴虫の声、
鈴虫の声って落ち着く・・・

 こういうとき、いつも思う。
こんな時間がいい、こんなふうに過ごせれば充分。

 最高に満足の一日、十分すぎるほど。

 コロナワクチンに関する情報は、
肯定的なニュースもじっくり読もう。
わたしは今、否定的だから、そういう情報ばかりに偏りがちだ。
その中には、「うーん?????」と思うものもたくさんある。
自分に都合のよい情報ばかり得て、安心感を得るのではなく
逆の情報もしっかり読んで、きちんと理解したい。
偏りがちだからこそ、いまの自分の考えを再考して
冷静に客観的に考えたい。

 いつも思うのは、接種の動機に
「みんながするから」
「ワクチンパスポートが欲しいから」
この二つだけは排除して決めようと思う。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村






Last updated  September 18, 2021 09:20:50 PM
コメント(0) | コメントを書く
September 15, 2021
カテゴリ:日々のこと
美容院に行った。
髪をドライヤーで乾かしてもらってるとき、
ドライヤーの風が頭皮にあたって熱い。
「熱い、熱い」と思いつつ、熱いです
と担当者に言えず、そのうち終わるからと我慢した。
 でもなかなか終わらない、
言おうか、どうしよう、もうちょっとだから、もうちょっとだから
と思い、結局、言わなかった。

 美容院を出てからも、なんとなく、右頭部がヒリヒリする。
嫌な気持ちになってくる、担当の美容師さんにではなく
「熱いです」とすぐにはっきり言えなかった自分に対しての自己嫌悪。

 家に帰っても、ひりひりしてる、気になって鏡に頭部を映して
髪を持ち上げるけど、よくわからない。
手遅れかもしれないが、頭部を水で冷やす。

 夜、つーちゃんが帰ってきてから頭部を見てもらう
「赤くなってるよ」とあっさり言われた。

 その言葉で、夕方には治まっていたヒリヒリ感が再発する。
やっぱ、軽くやけどしたのかも・・・
幸い、水ぶくれは出来てないみたい。

 担当の美容師さんに、このことを言おうかと思ったけど
熱いのに、言わなかった自分が悪い、と思う。

 自分がしなかったことを、相手のせいにするのは、
例え相手が原因でも、それは違う。
 わたしは、はっきり相手に言えたのだから
「熱いです、もっとドライヤーを離してください」と。

 それを言わなかったわたしの問題。

 数日、または明日には治ってる(と願う)

 すんでしまったことは、なるべく早く受け入れよう
すんでしまったことを悔やむのは益がない。
受け入れてしまう方が、心はずっと楽、早く楽になれる。

 ひりひり痛いのは仕方ない。

 早く治りますように・・・

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村






Last updated  September 15, 2021 10:49:29 PM
コメント(0) | コメントを書く
September 12, 2021
カテゴリ:日々のこと
2006年に、余裕資金があったので、FPさんに勧められて
外国ファンドを積み立てで購入した。
 契約期間は25年。老後資金といったところ。
ヨーロッパはユーロが共通通貨になって、
新興国、東ヨーロッパへの期待感もあって、購入したのは、
東ヨーロッパ、インド、中国、
そのご、東ヨーロッパは期待ほどではない、ということで
南米に変更。
しかし、その後、今度は、リーマンショックがあって、大暴落。
かなりの資金が吹っ飛んだ。
 積み立てを続けるような状況ではなくなったので、積み立ては中止。
契約は25年なので、解約はできない。
 
 資産はどんどん減り、運用状況を見ると気が沈むので
そのまま放置、夫と二人で、もともとなかった資金と諦めていた。

 そんななか、
2020年~、ファンドは軒並み上昇を始めている。
 コロナなのに、いや、コロナだからか、
英国のファンドアドバイザーも
「2020年~2021年は、絶好の投資チャンスです、
この機会を逃さないで!」
とアドバイスをくれた。
コロナで、経済的、精神的に多くの人が苦しんでる中、
ファンドを見てるとわかるが、資産を増やしてる人は、確実に存在する。

 保有していた、中国、インド、南米のファンドの中で、
ずっと絶好調だったのは中国、
インドはコロナ禍の中、上昇を始めてる。
南米は伸び悩み。
 先日、夫はインド、南米のファンドを売り、
その資金でアメリカのファンドを購入した。
 解約出来ないのならと、王道のアメリカファンドに切り替えた。
いくら「いまが絶好の機会です」と言われても
もう追加で購入しない。

 当時もそうだった、
未来のことはわからないのに、現在の予測、状況だけで未来を説く。
「このままいけば、満期には少なくとも今の3倍以上の価値になりますよ。」
3倍どころか、半分ぐらいに減り、
このコロナ禍で、ファンドは少し昇を始め、いまの資産は当初の3分の2ぐらいか・・
資産が増えていたのは最初の数年だけ・・・
今後のことはわからない。

 満期まであと10年、
現在保有してるのは、中国とアメリカのファンド。
 
 ハイリスク・ハイリターン
うまくいけば得るものは大きいが、そのぶん失うものも大きい。

 わたしは、もうリスクはいいわ。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村






Last updated  September 12, 2021 04:58:09 PM
コメント(0) | コメントを書く
September 9, 2021
カテゴリ:日々のこと
朝夜はすっかり秋の気配。
いま、午後10時42分
 窓からは涼しい風が入ってきます。
聞こえてくるのは虫の声だけ、静かです。

 いまは、川の流れを川岸から眺めているような気持ちです。

 過多な情報はなるべく遮断して、
生活に必要な範囲の行動の中でも、見いだせるもの
また、そういう生活ができる今の環境に感謝して
心穏やかに生きていけたらなぁと
そこに自分の安らぎを感じています。

 ワクチンも、経鼻ワクチン、国産ワクチン、ノババックスのワクチンなど
mRNAワクチン以外にもワクチンが開発されてきましたね
わたしはワクチン反対ではないので
いろいろなワクチンが開発されるのはうれしいです。






Last updated  September 9, 2021 11:15:13 PM
コメント(0) | コメントを書く
September 4, 2021
カテゴリ:日々のこと
木曜日、整形外科で初めてMRIをやった。
検査前、技師の人に「狭いところ大丈夫ですか?それから大きな音が出ますけど、
動かないようにジッとしててくださいね、時間は15~20分かかります」
と言われる。
えー、そんな時間かかるんだ、とびっくり。
人によっては、狭い場所で大きな音が延々と続くMRIは苦手な患者さんもいるらしい。
 装置に入るまえ、耳栓をして、宇宙船の装置のような狭い白い空間の中に
うつぶせの状態で入っていく。
 たしかに、いろいろな音がする、「ゴーン、ゴーン」「コンコンコン」
「ガーガー」「ゴゴゴゴ」
わたしは、息苦しくならないように気を付けて目を閉じる。
目を閉じながら、脳に浮かぶイメージは、深海で泳ぐイルカ。
深い濃紺の中を泳ぐイルカ。イルカがわたしに近づいたり、遠ざかったりする。
そんなイメージを描きながら、目を閉じた。

 大きな音がすると聞いていたせいか、パニックにもならず
最後の方はちょっとうとうとしてしまった。

 検査結果は、大丈夫でしょう、と言うこと
来年また検査して、様子を見ましょう、と言われた。
ひと安心。うれしい。

 お盆前、体調は絶不調だった、
でもお盆を過ぎたころから、体調はだんだん良くなって
倦怠感、微熱感はなくなった。
あいかわらず、平熱は36℃9~37℃2ぐらいと高め。
今年から、いろいろな症状のオンパレード。
お祓いをしてもらおうか、と思うほど。

 でも、いまの状態で、満足。

 テレビも情報番組を見なければ、コロナのこともわからないし
わたしの周辺は静けさに包まれている。
コロナ禍じゃないみたい、日常の空間の中にわたしはいる。

 「知らぬが仏」って、名言だなぁ・・・
知らなくてもいいことって、世の中にたくさんある気がする。
知らなくていい情報まで得て、それに振り回される。

 テレビの情報番組を見ると、相変わらず
「コロナ、コロナ、ワクチン、ワクチン」の連呼。
一方、ネットでは、ワクチン否定の意見もバンバン出てる。
情報って、なんでしょうねぇ

 でも、違和感があるのは政府がワクチン接種を促すCM。
ワクチン接種では、感染の抑制にはならないのに
ワクチンを接種すれば、自由に行動できるようなイメージを持つ。
 もし、接種を促したいなら
「感染した時、重症化を防ぐために接種をしましょう」と言うのなら
納得できるし、それゆえにわたしも接種を迷う。

 もう、これ以上、経済を停滞させたくないから、
ワクチン接種をすれば、行動緩和という政策にして、
それで、感染しても、無症状・重症化しなければそれでいいでしょう
という意図がある気がする。

 感染することが問題じゃない、重症化して医療をひっ迫させるのが問題なのだ。
そういうことだろう。

 ただね、ワクチン接種の前から、無症状患者というのは一定数存在してて
ワクチン接種したから、感染しても無症状・重症化が減る
というのは、いまのとこと断定できないと思うんだけどね。

 ただ、高齢者の感染者率・重症者率が減っているから
やっぱり、ワクチン効果なのかな?
でも、海外では感染抑制にはワクチンはならない、
というデーターが出てるし・・

 今後、ワクチン接種者がどんどん増えて行けば
ワクチン接種の効果に関しても、いろいろわかってくるでしょう。

 いまのわたしは、体調が以前より安定してる
それが、とてもうれしいから、
それを妨げる行為は、いまはしたくないなぁ・・
やっぱ、身体が強く拒否するもの(副反応)を
自ら(すすんで)接種するのは嫌だ
というのが本音。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村






Last updated  September 4, 2021 09:55:13 PM
コメント(2) | コメントを書く
August 20, 2021
カテゴリ:日々のこと
無事買い物から帰って来た
か、どうかはわからないが・・・(感染は目に見えない)

 スーパーだけに行くつもりだったけど、
ついでに、つーちゃんのリフォームに出してるパンツと
銀行で久しぶりに、現金を引き出し、通帳記帳。
 ここでも、不安神経症のわたしは、お札を丁寧に数える。
今まで、ATMから出てきた札を数えたことはなかったのに
最近は、不安な気持ちに襲われて数えてしまう。
 そもそも、引き出し金額が違うなんてことは、銀行では
先ず、あり得ない。そんなことになったら、大ごとだ。
先ず、信用してよい。
(ちなみに、わたくしは20代の頃は金融機関で働いておりました)

 それから、いつものスーパー
時間は12時過ぎ、普段は空いてくる時間帯。
 駐車場の車は、8割がた埋まってる、まぁいつもと同じ。

 店内もレジも、普段の平日並み。
普段通りに買い物、
ただ、近くに大学があるから、若者がちょいちょいいる。
しかも、おひとり様なら大丈夫だけど
友達連れの場合は、ほぼ100%会話しながら買い物をする。

 会話をしてる若者が近くにいると、相手がマスクをしていても
こわいので、離れるようにする。

 今日、びっくりだったのが、60代ぐらいと思われる男が
私の近くで、ビニール袋に痰を吐いていたこと。
 マナーよろしく、そのビニール袋をポケットに入れていたが
もしかしたらそれは、わたしの視線に気づいたからかもしれない。
 
 そもそも、スーパーで痰を吐くんじゃない、
外でしろ、外で、

 あぁ、おそろしい。

 尿意を感じたが、家まで我慢することとし、
ちょっと怖かったが、帰り、マックでドライブスルーをし
「チーズロコモコ」を購入してしまった。
 
 お腹が空いていたので、つい・・・・

 店から出るたび、持参のアルコール消毒液で、手指を消毒。

 無事に帰って来たと思うけど・・ね。






Last updated  August 20, 2021 02:49:41 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 16, 2021
カテゴリ:日々のこと
不安神経症と初めて言われたのは、2009年に母を亡くした時。
体調を崩して病院に行ったとき診断された。
わたしは、PTSDでは、と思ってたので、意外だった。
不安感はそのときは感じてなかったから
ひたすら、母が恋しくて、母に会いたくて、親不孝娘だったことが申し訳なくて
自分を責めてばかりいた。

 そのとき薬を処方されて、「なんの薬ですか?」と聞いたら
頭をぼーっとさせて、あれこれ考えないようにする薬です
みたいなことを言われて、それはちょっと違うと思い、飲まずに
結局あとで捨てた。

 そして、いま、
今は、不安神経症の症状が現れている。
自覚があるのは、確認癖。
外出するとき、なんども、電気やガス、戸締りを確認してしまう。
掃除も少しの汚れでも気になって、何度も拭いてしまう。
洗濯なんて、洗濯しても、ふと、洗剤を入れたか不安になって
(客観的に考えれば入れている)
洗濯をし直したことも数回。
一番、異常を感じたのは、ゴミあさり。
ゴミを捨てるとき、「本当にゴミか?捨ててはいけないものが入ってないか?」
という妄想に襲われ、ゴミ袋から生ごみなどを全部出して、
確認してしまう。
・・さすがにこれは異常だと自分でも怖くなって、
意識して止めるようにしてるけど
それでも、ゴミを捨てるとき、「本当にゴミか?」と不安に襲われる。
不安に襲われると確認しないと、不安はぬぐえない。

 あと、身体症状は、これは更年期、自律神経の乱れだと思うけど
急に身体が熱くなったり、吐き気がしたり、寒気がしたり
最近は息苦しくなったり、
これはコロナか?と思える症状も出てくる。
 
 こんな不安定な心身状態だから、ワクチン接種も怖い。
今の自分に付き合うのに(向き合うのに)イッパイイッパイで
これ以上の、心の不安は招きたくない。

 コロナの感染も怖いし、
普通に外食したり、遊びに行ってる人を見るとびっくりする。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村






Last updated  August 16, 2021 09:53:54 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 14, 2021
カテゴリ:日々のこと
夫のことで悩んでる。
13日も夫は仕事、一人家で籠って考える
そういえば自殺予防サイトみたいなのがあったなと
ネットで検索、

 「いのちの電話」など相談サイトはたくさんある。
ボランティアで運営してるせいか、受付は土日だけとか
夜からというのも多い。

 昼も受付してるサイトに電話してみた。
繋がらない、話し中、
 他のサイトも同じ。
悩んでる人が多いのに驚いたり、納得したり
需要と供給のバランスが取れてないのかも

 次はチャットを試してみた
「ただいま、混み合っています、順次お繋ぎいたします」
というメッセージが出て、しばらく待つが繋がらない。

 ずっと画面を見つめているのも、苦痛なので、
他のことをしに、パソコンから30分ぐらい離れる。

 戻ってくると
「お待たせいたしました」というメッセージ、
期待と緊張で、チャットをはじめる。

 チャット画面から表示される言葉は、優しい。
安心して相談できる
自分の気持ちを次から次へと入力する。

「それはお辛いですね」
「大変ですね」
というカウンセリングでは定番の返信だけど、心は落ち着く。

 でも、自分が言いたいことを言って、
「じゃぁ、どうすればいいのか」という問いには応えてはくれない。

問い詰めると、ようするに
「医療機関での診察をお勧めします」という回答だった。

やっぱり、予想はしてた。
相手のことをよく知りもしないのに、相談員も安易なことは言えない
言ってはいけないのだろう。

 共感はする、でも回答はしない、

「医療機関での・・」
のメッセージを読んで
「ありがとうございました」
とプッとチャットを閉じた。

 がっかり、はしない。
良い体験だった、
カウンセリングとは何か、を改めて認識したし
相手の対応も柔らかで、始終こちらの気持ちに寄り添ってくれている
という気配はちゃんと伝わってきた
不愉快な想いは、全くしなかった。
自分の気持ちを整理して書けたこともよかった。

 チャットを終えて
「やっぱり、自分で何とかしなくてはいけないんだ!
夫のことを一番よくわかってるのはわたし、
他人じゃない!」
と逆にメラメラと力が沸き上がってきた。

 この難局?絶対乗り越えて見せる!!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村






Last updated  August 14, 2021 04:29:09 PM
コメント(0) | コメントを書く
April 10, 2021
カテゴリ:日々のこと
左手の小指が痛む。
小指の外側、皮膚と爪の境目に圧がかかると痛む。
見た目はそんな変わらない、よく見ると境目が赤くなってるかな
ちょっと腫れてるかな、という程度。
 
 何もしてなければ、触らなければ、圧がかからなければ平気
ただ、手だ、指だ、頻繁に使う、
布巾をきゅっと絞ると傷む、何かがふっと触れると痛む。
小指のちょっとした箇所なのに、
それだけで、手を使う動作がとても不自由になる。

5本の指、どれも大事、という当たり前のことに気づかされる。

 原因は不明、怪我をした記憶はない。

 とにかく、家事をするたびに、痛むので、
保護をしようと、バンドエイドを貼った。
ストレートに痛かったのが、痛みが弱まった。

 膿んでひどくなると嫌なので、以前皮膚科でもらった塗り薬、
細菌感染に効くマクロマイシンを塗っておく。

 つーちゃんに見せたら
「膿んでるんだったら、針で突き刺して、膿を出したら楽になるよ」
なんて、恐ろしいことを言う。
自分ならそうするよと。
わたしは怖い、嫌です。
 
 様子見て、ひどくなってきたら、皮膚科に行こう。

 また病院か・・・今年は病院通いが多い年。






Last updated  April 10, 2021 09:06:44 PM
コメント(0) | コメントを書く

全231件 (231件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 24 >


© Rakuten Group, Inc.