000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

”演劇”的空間

PR

Profile


めい(maybe)

Favorite Blog

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

ITOYA@ はじめまして。 めい(maybe)さん こんにちは。 当方に…
めい(maybe)@ Re[1]:もうすぐ、9月ですね。(08/25) みみこ!さん 身近に最大の役者さん(…
みみこ!@ Re:もうすぐ、9月ですね。(08/25) ごぶさたしておりました。みみこです。 …
ドミンゴちゃん@ Re:それでもボクはやってない(02/02) この映画、私も観ました。 人を裁くのは…
とも4768@ Re:キエフ・オペラ「トゥーランドット」(10/12) 私も今月27日の大阪公演のこのオペラを観…
2007.02.02
XML
カテゴリ:映画
周防正行監督の「それでもボクはやってない」を見た。

電車で痴漢に間違えられた青年が“裁判”で自分の無実を訴えるというストーリー。
この映画のテーマは、日本の裁判制度の問題点を浮き彫りにした点だろうか。

でも、これから陪審員制度が導入されると思うと、陪審員って、辛いですね。
どうしても、女子中学生に同情してしまうのは、人情だろうから・・・

でも、やってもいないのに痴漢をやっていないのに、無実が認められないなんて・・・
裁判って怖いなあ。
これは、一種の不条理映画だろう。

弁護士から、やってもいないのに痴漢を認めるように勧められることもある意味で怖い気がする。
今回出演していた山本耕史がNHKドラマ”マチベン”でも、冤罪を描いていたが、人を裁く事は本当に難しい事だ。








Last updated  2007.02.02 20:20:29
コメント(1) | コメントを書く
[映画] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:それでもボクはやってない(02/02)   ドミンゴちゃん さん
この映画、私も観ました。
人を裁くのは難しいです。
満員電車が無くなれば、問題が解決出来るのに、日本は、狭い地域に人が密集しているから、難しいですね。
(2007.02.02 22:04:17)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.