091038 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

”演劇”的空間

PR

X

Profile


めい(maybe)

Favorite Blog

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

ITOYA@ はじめまして。 めい(maybe)さん こんにちは。 当方に…
めい(maybe)@ Re[1]:もうすぐ、9月ですね。(08/25) みみこ!さん 身近に最大の役者さん(…
みみこ!@ Re:もうすぐ、9月ですね。(08/25) ごぶさたしておりました。みみこです。 …
ドミンゴちゃん@ Re:それでもボクはやってない(02/02) この映画、私も観ました。 人を裁くのは…
とも4768@ Re:キエフ・オペラ「トゥーランドット」(10/12) 私も今月27日の大阪公演のこのオペラを観…
2008.04.07
XML
カテゴリ:演劇

チェルフィッシュ 

『フリータイム』

作・演出:岡田利規
出演:山縣太一 山崎ルキノ 足立智充
   安藤真理 伊東沙保 南波圭

日 時 08年4月5日(土)14:00開演
会 場 北九州芸術劇場 小劇場

期待と不安のチェルフィッシュの新作『フリータイム』を見た。

会場はほぼ満員だっただろうか。

最前列に座る。

対面式だよって言われたいたので、”あれ”って感じがした。

会場に入ると、シンプルなセット。

椅子と机が埋められた状態のセット。

互いの顔が見える不思議な空間。

”フリータイム”が始まります・・・

独り言のような、語り口。

”サイトウ”さんって、どんな漢字を書くのだろうか。

”斉藤”が普通なんだろうけど、このファミレスの従業員は違う。

”西藤”だったのだろうか。今となっては記憶があやふや・・・

ファミレスの同じ場面。

一人の女性が出勤前の30分間、160円のコーヒーを注文する。

それは、何倍飲んでも同じ何だけど、マニュアルどおりの応答が繰り返される。

途中10分の休憩。

頭と体ををリフレッシュさせる。

女性は、中腰でぐるぐると円を書き続ける。

途中で女性が入れ替わり、男性が語るなんだけど、それが、ファミレスの子の独白とかさなる感じがする。

6人の男女の動きが不思議。

ペットボトルをみんな持って出てきたし、持って帰ったし・・

”フリータイム”終わります・・・

そう言われなければ、終わったことにも気づかなかったかもしれない。

”フリータイム”をこう表現するんだな。

静かな演劇。

不思議な空間。

これもひとつの芸術なんだろう。

・・・・・・・・・・・ 

途中から、ファミレスの従業員”サイトウサン”を演じた安藤さんの黒子が妙に気になった。

無表情ではあっても、そこに何か発せられるものがあるのだろうか。 

変なところが気になるなあ・・・

 







Last updated  2008.04.07 19:54:56
コメント(0) | コメントを書く
[演劇] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.