001236 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ジャズの歴史

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

コメントに書き込みはありません。

Freepage List

Headline News

2007.02.17
XML
カテゴリ:tenor sax
1956年のソニー・ロリンズ

1956年というのは、ジャズの歴史の中でも一つの頂点を形成している年だ。マイルスが5月と10月にいわゆる「マラソン・セッション」を行った年であるとともに、ロリンズが例の傑作を残した年である。
言うまでもなくこの年のMVPの一人であるロリンズの足跡を辿ろう。
この年、ロリンズは26歳。

まず、前年の11月から引き続き、クリフォード・ブラウン+マックス・ローチのバンドへ参加している。
『Clifford Brown and Max Roach at Basin Street』は、1月から2月にかけて3回の吹き込みだが、メンバーは
Clifford Brown (tp)
Sonny Rollins (ts)
Richie Powell (p)
George Morrow (b)
Max Roach (d)
最初は1月4日で
Gertrude's Bounce
Powell's Prances
2回目が2月16日で
What Is This Thing Called Love?
Love Is a Many-Splendored Thing
3回目はその翌日で
I'll Remember April
Time
The Scene Is Clean




3月22日には、同じメンバーで『Sonny Rollins Plus 4』が吹き込まれる。
Valse Hot
Kiss and Run
I Feel a Song Comin' On
Count Your Blessings
Pent-Up House




5月24日には『Tenor Madness』を吹き込んでいる。
バックは、
Red Garland (p)
Paul Chambers (b)
Philly Joe Jones (d)
という当時のマイルスの「ザ・リズム・セクション」であり、また、1曲目の「テネー・マッドネス」は遊びに来た(?)コルトレーンが参加し、テナーバトルを展開している。Tenor Madness
When Your Lover Has Gone
Paul's Pal
My Reverie
The Most Beautiful Girl in the World




そして、6月22日、例の『Saxophone Colossus』が吹き込まれる。最高傑作、と言われる。
メンバーは
Sonny Rollins (ts)
Tommy Flanagan (p)
Doug Watkins (b)
Max Roach (d)
曲目は
St. Thomas
You Don't Know What Love Is
Strode Rode
Moritat (Mack the Knife)
Blue Seven




10月5日、『Rollins Plays for Bird』
メンバーは
Kenny Dorham (tp)
Sonny Rollins (ts)
Wade Legge (p)
George Morrow (b)
Max Roach (d)
Bird Medley: I Remember You / Star Eyes / My Melancholy Baby / They Can't Take That Away from Me / Old Folks / Just Friends / My Little Suede Shoes
Kids Know
I've Grown Accustomed to Her Face
The House I Live In




10月にはまた、セロニアス・モンクの傑作『Brilliant Corners』に参加している。
Ernie Henry (as)
Sonny Rollins (ts)
Thelonious Monk (p)
Oscar Pettiford (b)
Max Roach (d)
のメンバーで、10月9日に
Ba-Lue Bolivar Ba-Lues-Are
Pannonica
10月15日に
Brilliant Corners
そして、12月7日に
Clark Terry (tp)
Sonny Rollins (ts)
Thelonious Monk (p)
Paul Chambers (b)
Max Roach (d)
のメンバーで、
Bemsha Swing




セロニアス・モンクの傑作『Brilliant Corners』の「Bemsha Swing」が吹き込まれた12月7日には、ロリンズの『Tour de Force』も吹き込まれている。
Sonny Rollins (ts)
Kenny Drew (p)
George Morrow (b)
Max Roach (d)
Earl Coleman (vo -3,5)
曲目は
Ee-Ah
B. Quick
Two Different Worlds
B. Swift
My Ideal



12月16日には、ブルー・ノートへ『Sonny Rollins, Vol. 1』を吹き込んでいる。
メンバーは
Donald Byrd (tp)
Sonny Rollins (ts)
Wynton Kelly (p)
Gene Ramey (b)
Max Roach (d)
Decision
Bluesnote
How Are Things in Glocca Morra?
Plain Jane
Sonnysphere




こうして見てくると、マックス・ローチ(32歳)との共演が多い。上には記載しなかったが、5月、9月には、マックス・ローチの『Max Roach + 4 & More』、『 Jazz in 3/4 Time』というアルバムの吹込みにも参加している。
それに比べ、ピアノは、レッド・ガーランド(33歳)、トミ・フラ(26歳、ロリンズと同い年)、ケニュー・ドリュー(28歳)、ウィントン・ケリー(25歳)といろいろと代っている。






Last updated  2007.02.18 00:26:03
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.