000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

平林真友未 ブログ

2003年08月

四谷天窓「Piano&Women」
03-8-21四谷
2003年8月21日(木)9:20pm~
<演奏曲目>
1.さよならの響き 2.あなたの子供で良かった
3.温かな気持ち  4.Moon Butterfly
5. 終わっちゃうね、夏休み  6. Umi~rumba バージョン

アンコール:Recycle

<Mayumiが感じたこと>

四谷天窓の人気イベント「Piano&Women」。昨夜は、初めてのトリを経験。別にトリだから何か変わるのか…ということではありませんが、その夜の最後のステージを勤めるというのは、少し責任も感じます。だって…フルコースが凄く美味しい料理だったのに、最後の一品が不味かったら、その日のディナーは台無しだもの★

8/21ライブの模様
 でも、ノリノリで楽しんで下さったリスナーの皆さんのお陰で、ひとまずライブは成功。一緒に楽しんで下さったみなさん、本当にありがとう!

ステージはパフォーマーだけが作るものじゃない。リスナーが加わって初めて成立するものだと、私は常々思っています。一方的なメッセージ発信だけでは何かが足りない。少なくとも私はそういうステージを目指したい。

だからこそ難しい。だからこそ面白い☆

こうやって、リスナーの皆さんに育ててもらっているんだなぁ。。と、改めて実感した夜でした。

 もう一つ絶対に忘れちゃいけないのが、パーカッショニスト・シヲノヤ氏の大活躍。彼とは、昨年暮、他のアーティストのステージで一緒に演奏したことが御縁で、今年に入って3回目のステージ。デュオでやったのは、実は初めてなんですよ☆短い時間の中で、私の楽曲を理解し、最善を尽くしてパフォーマンスで応えてくれる…。彼はとても努力家なんです。謙虚だし…ね。こういう人は、留まるところを知らないな…って、いつも勉強させてもらっています。(笑)実は好きなアーティストが共通していたりすることも、音楽を一緒に作っていく上で、大変な幸運だったのかもしれません。パーカッションとピアノと歌という小編成で、どんなことができるのか。これからもぜひチャレンジし続けて行きたいテーマです♪シヲノヤ氏、よろしく!!

 昨夜は、一番最後に演奏したこともあって、アンコールを頂きました。そしてライブの後に、またまた四谷天窓のエンジニア・高橋さんが教えてくれましたのですが、なんと!!!Piano&Womenでアンコールが出るのは、とても珍しいことだそうです。あぁ、なおさら嬉しく、それを聞いて、よりアンコールを頂いたことへの喜びと感謝が増しました。

……と、喜んでいるからといって、舞い上がっているわけではありません。反省することは、数限り無く。ステージからは、実は良く見えるのです…観客席が。

 これからも楽しいステージを目指して、尚一層の努力をしていきますので、これからも皆さん、応援して下さい!よろしくお願いします!!!

<リスナーの皆さんの感想>

●今回も沢山のアンケート&メールの御感想ありがとうございました! 今回も、Mayumiの感想を添えて、いくつかを御紹介?

・「スパイスの効いた美味しい料理を食べた感じ。ごちそうさまでした。良かったです!」
♪ → 私、よく自分の音楽を料理に例えるのです…だから、私にとって、これって、最高の賛辞だなぁ?感動♪

・「楽しいステージでした。最初は気取った音取り、難解な和音を駆使する、アノ手のアーティストと思って、でも誤解でした。申し訳ない。他にも一杯聞きたいですね。」
♪ → 音楽にかなりお詳しい方のコメントのよう…。身が引き締まります。ぜひこれからも聴いて頂けたら嬉しいです。

・「いや~良かった!フジロックより感動しました。ほんとに。シヲノヤ君のパーカッションいいね~!!!ほんと来て良かった!次回も楽しみです」
♪ → ハイ!お誉め頂いたMoon Butterflyはシヲノヤ氏あっての曲となりつつあります(笑)ありがとうございます。でも…フジロック「より」は誉め過ぎでは…(恐縮&汗)



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.