000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

平林真友未 ブログ

2003年11月

水曜日のうた会
2003年11月12日(水)4番目、9時20分頃~



<演奏曲目>
1. Encounter 2. わたしのライバル  3. You gotta do something
4. Girl’s talk  5. 桜~この大空の下


<Mayumiが感じたこと>
とにかく楽しいライブだった☆
本人としては「今の自分」を楽しんで表現できた手応えのあるにライブでした。

水曜日のうた会は2度目、ラシェットで歌うのは今回3度目。

ラシェットはカフェレストランですし、ライブはお食事やお茶を召し上がりながら…ですが、やはりお店の雰囲気のせいでしょうか?…ライブハウス同様、お客様は非常に熱心に、耳を傾けて下さると、過去の3回のライブでわかったので、今回は少しライブハウス風なステージ構成で纏めてみました。


今回私のサポーターリスナー(ファンと呼ぶのはおこがましいと思い、応援して下さるリスナーの皆さんをこう呼んでいます)が、とても少なく、殆どがMayumiを初めて聴くお客様だったと思うのですが、みなさん、本当に熱心に聴いて下さっているのが…歌っていて、身に染みて来ました。

思いきって1~3曲目までノンストップで歌ったのも、いい感じだったし☆風邪を引いて身体が固く、「桜~この大空の下」が思うように歌えなかったことだけは、ちょっと残念。ライブの途中で「曲目を変更すべきかな?」とも思いましたが、メッセージ性の高い歌なので、伝えたいメッセージが伝われば、今夜はいいかなぁ…という思いで、敢えて歌いました。だから「最後の歌、いいね!」と、直接観客の皆さんから、後で感想を言われて、一安心。

得票数が、全く気にならなかったと言ったら嘘になりますが、この夜はそんなことよりも、「自分のステージ」を精一杯表現できたこと、それを共演者やお客様が楽しんで下さっていたことの喜びのほうが勝っていました。

そう…ベストを尽くした後の…とても清々しい気持ち☆

そんなわけで、自分のステージが終わって、さっさと「待望の」自家製ベーコン入りのカルボナーラを食べていたら!!!


この夜ベストアーティストに選ばれたハーフマイルズさんの粋な提案で実現した出演者全員での嬉しい共演。即興で歌った「上を向いて歩こう」。

お客様も参加しての大合唱!!!本当に素敵な夜になりました。なんか…もう、会場中が温かくって、フレンドリーで、楽しくッて、ハッピーなムードが充満!この夜ほど、ミュージシャンしてて良かった☆って思った日はないです、ホントに。 「音楽って、スゴイ!!!!!」

ハーフマイルズさん、コヤマナオコさん、彩魔さんとユニットのお二人、そして…色々頑張って下さった水分さんを初めとするスタッフ、ラシェットの皆さん、そしてもちろん、温かく聴いて下さったリスナーの皆さん、本当に本当にありがとう!Mayumiはシアワセでした☆

ハーフマイルズさんの大坂さんとは、一緒に連弾までできて楽しかった♪カッコい~いソロ、すぐ横で聴けちゃったもんね~~っ☆や~い!羨ましいだろっ!
(って誰に言ってんの?(爆笑)どうもありがとう、大坂さん!
またどこかで…みんなと一緒に歌えたら、嬉しいです♪




<リスナーの皆さんの感想>
●今回もアンケートの御感想ありがとうございました! Mayumiの感想も添えて、その中のいくつかを御紹介します☆

・「うたうまいですね。一番よかったです。すごいMayumiさんってステキだなーーーー。スキです。」
♪ →キャっ☆ありがとう☆☆☆これからも、ぜひぜひ応援よろしくお願いします!今度ライブいらした時は…ぜひお声かけて下さいね♪

・「とても洗練されたSing & Songでした。初めて聴かせて頂きましたが、また機会があれば聴かせて頂きたい 」
♪ → ありがとうございます。ぜひまた…約束ですゾっ(笑)

・「いやぁ~、どれもホントに素敵でした!1曲目すごいカッコ良かったです。アンケート書いてた手を止めて、聞き入ってました。…シットリとした感じの声と、R&BやSOULにちょっとJAZZが入ったように感じた曲調。どちらも良かったです。」
♪ → ありがとうございます。Encounterがメチャクチャ評判が良かったのが、意外でした。もっと歌わなくッちゃ、この曲。ジャンルを色々上げて下さったのも嬉しかったです。ピアノと声でどこまで独り遊びができるかが、一つの目標なので☆

・「ソロ(ライブ)で、ラシェットでしないんですか?」
♪ → まぁ☆なんて…ありがたいお言葉!水分さんや、ラシェット・ママに伝えなくっちゃ☆☆☆




Mayumi ハッピーナイト at CARBUNCULUS」



2003年11月21日(金)8時、9時半~ 2ステージ

<演奏曲目>
First Stage
1. Encounter  2. こんなに難しいなんて  3. 美ら海の贈り物 
4. 鍵  5. Sunny day  6. さよならの響き

Second Stage
1. さよならの響き  2.温かな気持ち  3. Girl's talk  4. 鍵
5. Moon Butterfly  6. You gotta do something   
7. Umi ~ Rumbaテイストバージョン
アンコール:終わっちゃうね、夏休み


<Mayumiが感じたこと>

カーバンクルのライブも3回目。やっと、このお洒落な雰囲気のアメリカン・バーで、どんなライブがしたいのか、どんなライブが私にできるのか、そして、“Mayumi”の活動のどの部分を、この空間で膨らませていきたいのかが、はっきりとわかるライブでした。

ノーリハで、セッションでやった「鍵」「こんなに難しいなんて」「美ら海の贈り物」。特に「鍵」は、シヲノヤ氏とのパーカッション・デュオでの、また一つ新たな扉が開いた気分です。いつものことながら、深く感謝しています!シヲノヤさん☆☆☆

それにしても…この夜いらしていなかったサポーターの皆様、はっきり言って、運が悪い!ついてない!!ホントです(涙)このステージを見逃すとは!

逆に、参加したリスナーの皆様は…得した気分だったのでは?私は、リラックスして、ほんとにほんとぉ~~に楽しく歌いました。リスナーの皆さんも、いつも以上にグっとリラックスしていた雰囲気☆

最後になりましたが、いつも優しく温かくステージを見守って下さるマスター&スタッフの皆さま、またまたお世話になりました!マスター、せっかくリクエストしてくれたのに、間違えちゃってごめんなさい!!!(自分のオリジナルなのにっ!!!)今度は冬でも「終わっちゃうね、夏休み」…歌詞間違えないように…やっておくからね!

<リスナーの皆さんの感想>
●今回もアンケートの御感想ありがとうございました! Mayumiの感想も添えて、その中のいくつかを
御紹介します☆

・「1番気に入ったのは、沖縄に行った時に作ったという曲です。とっても、ジーンと来ました。時々Misiaの歌の雰囲気や声に似ている気がして、私は、とっても大好きなので嬉しかったです。☆ 」 ・「沖縄風の曲がとても胸にしみこんできて、思わずホロリ…誰の何っていう曲でしたっけ?」
♪ → あの歌は「美ら海の贈り物」というオリジナル・ナンバーなんですヨ。「沖縄民謡のカバー曲だと思った!」と驚いている方もいました(笑)沖縄好きだけど、出身ではない私には…かなり嬉しいですねぇ~~☆この日は、この曲がとても評判が良かった。彼にそれを話したら、「あぁ、沖縄の冬の天気に似てたから…。ラーメンの味と一緒で、歌も気候でお客さんの好みが変わるかもねぇ…」だって!!!でも、この夜、特に評判がずば抜けて良かったので、本当に気候と味覚ならぬ視覚は関係するかも!!!アレレ!Misiaの声に似ているなんて…ちょっと嬉しかったりして(笑)

・「今日はなんだかとてもリラックスして楽しめました。シヲノヤ氏とのセッションとてもいい感じ」
♪ → お客様のリラックスが私にも伝播しました。おかげでのびのびと歌うことができました。ありがとうございます。セッションはナマモノ。これからも続けて行きたいと思いますので、どうぞお聴き逃しなく!

・「どれというわけではなく、実をいうと、タイコと一緒のライブを聴くの始めてのような。すごく良かった。ノリノリ~声も打楽器だと思ったし。」
♪ → スゴォい嬉しいです。声も打楽器だなんて!!!

・「カギがカッコよかった。ブラシでグルグル回しているシヲノヤ氏の姿が、ホットケーキを焼いている人に見えてしまって仕方なかったです。声が楽で穏やかな波のよう。でも光がキラキラしているような華やかさがありました。」
♪ →そうかぁ…シヲノヤ氏は、コックさんにも変身するのですねっ!(笑)最近のシヲノヤさん、人気急上昇ですよね。トークのセンスも抜群だし。サポートメンバーというより…ちょっとバンドっぽくなって来たかな?なんて、私もちょっと喜んでます(笑)歌ってるとね…リスナーの皆さんの視線がわたしじゃなくって、シヲノヤ氏の手元にいっているのが良くわかるんです。スゴい動きするもんね、シヲノヤさんの手。声のこともポエティックに表現して下さって感激です☆



四谷天窓 Piano & Woman
2003年11月28日(木)7:40pm~
<演奏曲目>
1. Encounter 2. 鏡  3. Girlユs talk  
4. You gotta do something  5. 美ら海の贈り物 6. Recycle


<Mayumiが感じたこと>

緊張したなぁ~★久しぶりに。あがっちゃったわけじゃないよのヨ!でも、このところ、とてもリラックスしたステージばかりだったので、久しぶりでした…あのなんとも言えない緊張感。

「ステージには魔物がいる。」

前から思ってることだけど、改めて思いました。どんなにその会場に慣れて来ても、「初心忘ルベカラズ」。何が起こるかわからないから、Liveは難しい。そしてだからこそ、こんなにも面白いのです。

やってる最中は「うわぁ~どぉしよぉ…(汗)」だったのですが、皆さまは、とても楽しんで下さったと…口々にコメントを残して下さいました。寒い中、来て下さった皆さま、本当にありがとう!

そんなわけで、後から録音してあったMDを聴いてみたのですが…ふうむ☆ひと安心。

それで…先日、イチローがインタビューで面白いことを言っていたのを思い出しました。

「自分で不調だって感じる時って、人は、絶好調の時と比べちゃうんですよ。でも、自分の実力=平均のパフォーマンスと比べるべきなんです。確かに、あの夜わたしは、知らず知らずのうちに、歌いながら「絶好調で無心で歌えた時」と比べていたかもしれません。その日のコンディション=等身大の自分で歌うということが、いかに大切なことか!

ところで、物凄く嬉しいかったことも☆

「You gotta do Something」で、いつも会場のみなさんと歌うのですが、リスナーの皆さんもMayumiのステージに馴れて来て下さったようで…スゥ~っと、いつの間にかお客様の声が入って来ました。手拍子も☆ところがっ!!ここで思わぬアクシデント発生!(…って私の中で(笑)いつもは私が叩く手拍子に合わせて皆さんの手拍子が入るのですが、今回はお客様から叩き始めて下さったために、思わぬ拍子のところに手拍子がっ!!!「うわぁ~ノリが違って来てるゥ~ラグタイムにしなきゃぁ~うわぁ~(汗)」と、心の中でパニックしながらも、ピアノと歌を懸命に続けた私なのでありました。

さぁ…また次に向けて、Go !!!

<リスナーの皆さんの感想>

●今回もアンケートの御感想ありがとうございました! Mayumiの感想も添えて、その中のいくつかを御紹介します☆

・「Mayumiさんの曲は、その日その時、私を癒したり、励ましたり、泣かせたり、笑わせたり…いつもありがとう!となりの人が「Recycle」を「ヤサイコロコロ」と聞こえると言ってました。面白い!」
 ♪ →  こちらこそ、そんな風に味わってくれてありがとう。「ヤサイコロコロ」??ほっほっほっ。そりゃぁ面白い☆次回MCで使おうっかなぁ~~(笑)。

・「 久しぶりになってしまいましたが、今回も楽しめました。Mayumiさんのスキャットが楽器みたいな感じでピアノとの絡みが素敵でした。 」
    ♪ → 声や歌を楽器みたい…って言われるの、なんか凄く嬉しいんですよぉ~☆今度は、久しぶりにならないように…またぜひ近いうちに☆

・「前回と同じ曲目も、また違った雰囲気の演奏に感じられ、ライブとはまさに一回限りの出会いなのだなと実感しました。ライブを聴いていつも思うことは、演奏している人が、自分のやっている音楽をどれだけ「真摯に伝えようとしているか」、ということが一番大切なのではないか、ということです。もちろんピアノや曲作りのうまさも重要だけれど、真摯に演奏する気合!があれば必ずそこには「心地よい緊張感」が生まれ、その音楽に引き込まれるものだと思います。そういう意味で、昨日のMayumiさんは一番輝いていたように思います。」
♪ → ありがとうございます。でもそれは…きっとリスナーの皆さんが、真摯な気持ちで私の歌を受け止めて下さるからこそだと思います。いやぁ…でも心地よい緊張感で良かったぁ★私には、上にも書いた通り、ちょっと冷や汗な緊張感でしたが(笑)こんなコメントを頂くと、身が引き締まります。また…明日からも懸命に歌って行こう!と。

・「期待していただけありました。とても楽しく、ゆっくりと浸れました。なんだか聴いてみると久しぶりな気がしませんね。特にRecycleはけっこう覚えてましたよ。子供たちが覚えてまねするのも納得。あと、Girl’s talkが気に入りました。なんだかMayumiさんのキャラが出てて…。」
♪ → そうですかぁ…ははは(汗)「いけない男に限って魅力的なもの」って、可愛い女の子たちに…吹き込んでそうですか?(爆笑)


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.