159693 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

平林真友未 ブログ

2003年12月

四谷天窓「やすらぎのピアノ」
12/21-top

2003年12月21日(日)2:45pm~
<演奏曲目>
1. ぴあの 2. 鍵
3. わたしのライバル4. 美ら海の贈り物 5. 光の雨 6. 新しい生活


<Mayumiが感じたこと>

すごくリラックスして楽しく歌えたステージでした。

久しぶりに、初心に返って…というか、ピアノ弾き語りを始めた頃を、もう一度見つめ直して、1曲目から6曲目までのメッセージを一つのストーリーにして、繋がるようなステージ構成を考えました。最近のステージでは、「30分をどう楽しんでもらうか?」を主眼に置くことが多かったので、1曲1曲を単独で楽しんでもらう構成も多かったのですが、今回は、6つの歌を続けて聴いてもらって、一つストーリーが浮かび上がれば…と思っていました。そのせいか、「涙が出ました」という感想をいくつも頂きました。

とても…嬉しいです。

2003年は、いろんな場所で、本当に沢山のライブを経験できて、「ピアノ弾き語り」というスタイルで、自分なりの音楽的チャレンジもして来たつもりなのですが、この日は「歌い手」「メッセンジャー」Mayumiとして、ここ数年で考えて来た「メッセージ」を、この6曲に込めたつもりです。

今までやって来たことを、ここで再確認し、来年に向けて、新しい、もう一段階上のフェーズへ駒を勧めていくためにも。


<リスナーの皆さんの感想>

●今回もアンケートの御感想ありがとうございました! Mayumiの感想も添えて、その中のいくつかを御紹介します☆

・「すごく素敵なライブでした。もちろん、寝ませんでしたよ(笑)っていうか、みなさんがすごく良くて寝てなんかいられませんでした。そして、そのトリを見事に飾ってましたよ!(^^)「光の雨」感動しました。今日が12月21日でよかったです。」
 ♪ →  どうもありがとうございます。新曲お誉め頂けて光栄です。「光の雨」は大切な歌になりそうです☆

・「Vo.が良かった!! 」
    ♪ → ヴォーカルを誉められるは、ホントに本当に嬉しいんですよね☆励みになります!!!

・「「ぴあの」で静かに始まり、「わたしのライバル」で盛り上げて、 「美ら海の贈り物」と「光の雨」でじっくりと聴かせた(詞を含めて!)後に 「新しい生活」で来年に向けてのエールを送るなんて、素適な構成でした。 「新しい生活」とてもいい曲ですね。何か今の自分が励まされているようで、嬉しくて有難くて、声が漏れないように泣きました。」
♪ → ステージの構成まで感じ取って下さって、本当に嬉しい。どうもありがとう。「新しい生活」はもう2年ほど前に作った歌で、しばらく歌ってなかったのですが、最近、なんだかとっても歌いたくって(笑)そして不思議なことに、皆さんに…とても評判が良い。歌いたくって歌う時が、一番伝わるのかもしれません。作った当初も「CDはないのですか?」と聴かれたのですが…そのまま作らずじまいで今日まで来ています(汗)やっぱり…CD化したようがいいかな?(笑)」

・「Mayumiさん、今日は素敵な時間を過ごせてうれしかったです。特に今の私にとって最後のうた「新しい生活」は、本当、じーんときちゃいました。大好きです。会場も、リラックスできてすごく素敵な雰囲気だったな。。 また行きた~いです★」
♪ → ホント、会場がとっても温かい雰囲気でしたよね?私も歌ってて幸せでした♪♪またぜひ聴きに来て下さいね!ありがとう☆☆☆



「四谷天窓」~ 紅白ギターピアノ唄合戦

天窓紅白-2

2003年12月29日(月)19:50~(紅組4番目)
<演奏曲目>
1. ぴあの(アカペラ・バージョン) 2. わたしのライバル  3. 光の雨


★日記にも書きましたが、今回、共演者の方々と絶対写真を撮ろう!って決めていたのにぃ…興奮状態のMayumiは、すっかり忘れておりました★あぁ…残念!

<Mayumiが感じたこと>

もう…スゴイ楽しいイベントでした!何より、このイベントに参加できたことが嬉しかったし、光栄だったし、幸せでした。

四谷天窓は、私を応援してくれてるリスナーの方から教えてもらって、その存在を知ったので、(ピアノ弾き語りやってるくせにウトクて…(涙)初めてお店を訪れたのが2002年の9月。でもその時には、既に年末まで出演予定が一杯で、初めて出演させて頂いたのは翌03年の1月。そのとき今では大好きな「はなちん」(HPリンクしてるので覗いて見てくだされ!)にも出合いました。そして…そこから私の四谷天窓での定期的な活動がスタートし、今回御一緒した素敵なアーティストたちの大半とも出合うことができ…1年が進んで来たわけですがっ!今年1月に初出演して、こんな楽しいイベントに、暮れには参加させて頂けるなんて…想像してもいなかったものねっ!

イベントは、ひと組目から全然目が離せませんでした。紅白6組づつ歌うわけですから…普通なら間延びしそうなものなのに(笑)舞台裏で聴いてても、全然飽きなかった。きっとリスナーの皆さん、ホントに得した気分だったんじゃないかなぁ…と思います(笑)落ち着いて聴きたい気持ちも強かったけど…音楽をやる人間としては、やっぱりこういう楽しいイベントに出演できたことが嬉しかった♪

1曲目アカペラ「ぴあの」を歌い始めた時から、不思議なほどリラックスしてました。それまでのアーティストの方々が、完全に心地よい空間を作り上げて下さっていたので、物凄くやりやすかったのだと思います。会場全体が優しく温かく「アーティストの言葉を聴く」体制になっていたって言ったらいいのかなぁ?そして最後の曲。15分だから3曲しか歌えなかったんですよね(笑)正直…歌い始める前に、他の曲をやるかどうしようか、凄く迷ったのです。今年よく歌っていたのは「Recycle」だし、年越しを考えれば「新しい生活」だし…と。でも、一番最近作った新曲を歌うことで、今年1年の過ぎ去ったMayumiじゃなくって、来年に向けての今のMayumiを聴いてほしい!って思ったんですよね…。だから敢えて季節はずれだったけど、クリスマス・ソングである「光の雨」を選びました。有り難いことに「光の雨」はとても評判が良く、気に入ったと言って下さった方が何人もお声を掛けて下さいました。

個性派揃いの、魅力的なアーティストたちと共演できたことで、勉強になったのは勿論のことですが、それ以上に、彼等の生のパフォーマンスを身近に見て、聴いたことで、そういうアーティスト達の存在の中で、今後「Mayumi」というアーティストは何を歌い、何を表現していきたいのかが、私の心の中で、自ずと明確になっていく…、そんな夜でした。

貴重な機会を与えて下さった四谷天窓・吉川店長はじめスタッフのみなさん、アーティストとして出演しながらも、長いイベントの司会をつとめられた村守水分さん、堀下さゆりさん、そしてその他の素晴らしい共演者の方々、本当にありがとうございました。そしてもちろん!ステージを聴いて下さったリスナーの皆さま、本当にありがとうございました。感謝の気持ちで一杯です!

ありがとう!


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.