000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

平林真友未 ブログ

'07年05月



ガンボGIG 2days @ 豊橋・HOUSE of CRAZY


2007年5月4日(金)7:00pm~

<演奏曲目>

1. もっとやさしくなりたいな 2. 風が渡る、愛になる 3. Encounter
4..You gotta do something (以上、With Harp :広瀬哲哉)
5. 生まれる前からの約束  6. 温かな気持


ステージの上で


5月4日(金)、HOUSE OF CRAZYのイベントに出演する機会に恵まれました。
本当に久しぶりに、ステージで歌いました。
短いステージでしたが、楽しかった。

ハープ(ハーモニカ)の広瀬さん。
偶然に偶然が重なっての共演に恵まれ、
いつもの歌に、ひと味違った彩りが加わり、
歌っていてワクワクしました。
改めて、共演ありがとうございました。

ステージの上で考えたこと。

こんなに眩しかったっけ?
随分長いことライブしていなかったから、
客席のみんなが「真っ黒な海」になってしまうんだってこと、
忘れてました。

久しぶりのステージは
気持ち良いだけじゃなかった
懐かしい高揚、独特の緊張感、苦い想い出。
反省と挑戦、静寂と躍動
恐怖と恍惚、光りと闇、無心とエゴ
それぞれの、正反対の思い。

そんな中、
最初から最後までずっとそこにあったのは
感謝と、歌えることの喜び
病気になって、
生きるということを、考える機会に恵まれた時、
それまで当たり前だった
「自分の作った歌を表現する」ということは
「当たり前のこと」ではなかったんだとわかった

必要なことで
欠かせないことで
それができることに、もっと深く感謝するようになった

私は歌うことが、今まで以上に愛おしくなった
歌を作れることの幸せ
歌えることのありがたさ、
ピアノを弾けていることの幸運
メッセージを表現できることの素晴らしさ。

音楽できることの喜び

ありがとう。




鳳来湖ミュージックキャンプ @新城市・鳳来湖


2007年5月26日(土)8:40pm~

<演奏曲目>

1. もっとやさしくなりたいな 2. 風が渡る、愛になる 3美ら海の贈り物


湖のほとり、月明かりの下で



5月26(土)、鳳来湖ミュージックキャンプに出演してきました。
主催者のみなさま、そして一緒に出演したミュージシャンの皆さん、
Mayumiのライブを聴いて下さった皆さん、本当にありがとう。

以前から、野外コンサートで歌ってみたいと思っていたのですが、
なかなか実現しませんでした。
一度、ショッピングセンターの片隅にあるステージで歌ったことはありますが、やっぱり…自然の中は、断然いいねぇ。

鳳来湖風景1

Photo by タクローさん

ましてや今回は、湖のほとり、満天の星空の下。
お陰で、1曲目、2曲目と、今まで歌って来た、私のシンガーソングライター生活を思い返しても、最高にリラックスして、気持よく歌えました。

この日は朝から夜まで、まったくの快晴。
昼間は真夏のように暑い一日でした。

BEN鳳来湖-1

会場では、出演者自らも出店を開く。
持参したCDや洋服や飲み物、手作りのおにぎりを売ったり。
写真は、みんなで看板を作ってるところ。
看板の文字も葉っぱで作る。いい感じでしょ?

BEN鳳来湖-2.JPG

BEN鳳来湖-3.JPG
Photo by ベンさん

私も大好きなミネストローネを作りました。
お店を出せるなんて知らなかったし、
あんまり美味しくできたので、仲良くなった出演者の方々や
スタッフの皆さんと一緒に食べちゃった(笑


みんな口々に「美味しい!」って言ってくれて。
私のミネストローネの嬉しいデビューとなりました!

BEN鳳来湖-4.JPG
我が家の83歳になるおばあちゃん手作りのたまねぎは、念のため商品として並べましたが、
「なぜ、ミュージックキャンプにたまねぎ?」だよね(苦笑)
お世話になった出演者の皆さんに、ライブの後プレゼント。
(→これが、BBSで、主催者・徳田さんが言っている「玉ねぎありがとう!」です(笑

いよいよ本番。
BEN鳳来湖ライブ-1
Photo by ベンさん

不思議なことに、夜7時頃から、急激に冷え込んだ。
山の中の湖のほとり、自然の中とは言え、その急激な変化と行ったら半端じゃない!

歌い手にとっては過酷な気温変化。普段はあまり神経質にならない私も、
この日ばかりは、今までのありとあらゆる情報を駆使して、
身体を守りました。

そのお影あって、本番を迎える頃には、身体も喉も温まり、
本番を無事迎えることが出ました。

BEN鳳来湖ライブ-2

Photo by ベンさん

それと…ちょっと不思議だったのは、本番に入る前頃から、なんだかちょっと暖かくなって。
あの穏やかな精妙な空気は何だったのだろう…?
なんだか、柔らかくてやさしいものに包まれたような感覚でした。
だから、あんなにリラックスできたのだと思います。

P鳳来湖ライブ-3

Photo by ぴろみちゃん

見上げれば、お月様と数えきれないほどの星。まるで時間が止まったかのような空間。忘れられない夜になりました。



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.