000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

平林真友未 ブログ

'09 豊順 1st

【 中国名菜、銘茶と音楽会 ~ 食と音楽のコラボレーション 】初日
1月26日(月)

First stage : 19:20~スタート
1.雨  ファーストアルバム「メタリック・ブルー」より
2.美ら海の贈り物
3.安里屋ユンタ  (カバー)
4.やさしさに包まれたなら (カバー)
5.また春がやって来る
6.Silent World  ファーストアルバム「メタリック・ブルー」より
7.即興~ピアノにて
8.カゼ、ワタル  新譜「Beautiful Evidence」より

Second stage : 20:20~スタート
1.Beautiful Evidence 新譜「Beautiful Evidence」より
2.Non-stop travelling
3.永遠の雫
4.上を向いて歩こう(カバー)
5.Batucada (カバー)
6.Blue bird 子供のための英語劇「青い鳥」主題歌
7.Spicy Chocolate 新譜「Beautiful Evidence」より
8.もっとやさしくなりたいな
9.ぴあの 『ぴあの/桜~この大空の下」より

このコラボレーションのお話を頂いた時から、
3回のコンサートを、毎回新たな気持ちで、旬なものをお届けしたいと考えていました。

その気持ちは無駄ではなかった。
初日1月26日から最終日2月14日まで、
3週間の間に、気候も光の印象もどんどん変化していくのですね。
初春と呼ばれる新年の祝いの日から、早春へと向かって行く日々の変化を
実に明確に感じました。
2009-02-15 13:27:23
この夜は、「旧正月」と呼ぶに相応しく、実に冷えました。
「春節」ということで、和服姿でいらした素敵なご夫人もいらして。
皆さん、「新春のお祝いの席」を意識した、オシャレな装いでいらして下さいました。

日中の光の感触、夜になってからの気温の変化、天気。
そして…お客様の様子。
「旬な演目」を考える時、そういった条件は大切な「素材」です。

真冬らしい冷え込んだ夜、そして新しい年を祝う日。
中国名菜、銘茶と音楽会 初日。
この日の隠しテーマは「新春のお祝い」「様々な姿を見せる光」。

「光と風を友として」という、豊順の空間テーマを強く意識し、
前半ファーストステージは「明るい光、祝福の光」をイメージしました。

1曲目は、恵みの「雨」、三河地域に来てからよく目にする「天気雨」
光の中に優しく降りそそぐ雨を意識して。
現在でも旧正月を祝う沖縄の光を感じて「美ら海の贈り物」
「安里屋ユンタ」、そしてやわらかい光が窓から差し込む情景に
「やさしさに包まれたなら」春の訪れ、希望の光をテーマに「また春がやって来る」~「Silent World」。
その後は皆さんのお食事の様子を伺いながら、ピアノの即興曲でおもてなししました。

後半セカンドステージは、「闇の中の光」。
苦しい時も、辛い夜も、「光」は必ずやってくる…。
セカンドステージで歌った曲はどれも、「闇の中の光」や「夜の光(=月)」
をテーマにした曲でお送りしました。

2009-02-15 10:08:31

この日、イベント終了後、藤田さん、中国茶の滝澤先生、そして私と、順番にご挨拶したのですが、「楽しめて頂けたかな…」とちょっと不安だった私に、皆さん笑顔と温かい拍手を与えて下さいました。

何より…おいしい料理と中国茶で、寒い夜、皆さんの表情がほどけていく様は、
演奏している私にとっても…なんだかココロがほんわかする時間でした。

2009-02-15 10:06:31

どうもありがとうございました。

中国名菜、銘茶と音楽会 ~ 食と音楽のコラボレーション
【 2日目ライブレポ 】
【 3日目ライブレポ 】
はこちら!


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.