000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

平林真友未 ブログ

'09 豊順 2nd

【 中国名菜、銘茶と音楽会 ~ 食と音楽のコラボレーション 】2日目
2月1日(日)

First stage : 18:35~スタート
1. 春がまたやって来る
2. 新しい生活
3. 美ら海の贈り物
4. Isn’t she lovely? (カバー)
5. もっとやさしくなりたいな

Second stage :19:20~スタート
1. 上を向いて歩こう  (カバー)
2. Blue bird 子供のための英語劇「青い鳥」主題歌
3. セロリ(カバー)
4. Moon Butterfly
5. いつも何度でも(カバー)

Third stage : 19:55~スタート
1. Beautiful Evidence 新譜「Beautiful Evidence」より
2. Non-stop Travelling
3. 永遠の雫
4. Batucada(カバー)
5. Spicy Chocolate 新譜「Beautiful Evidence」より
6. カゼ、ワタル 新譜「Beautiful Evidence」より

アンコール: ぴあの シングル「桜~この大空の下/ぴあの」より

初日1月26日とは打って変わって、日中はまるで春がやって来たかのよう。

春節(旧正月)から7日目は、人日の節句と呼ばれ、その1年がよき年となるかどうかを占う日であったとか。その日晴れると1年が素晴らしい年になるそうですが、となれば、まさに今年2009年は素晴らしい1年になるはず…そんなポカポカな日でした。

春の始まりを予感させるこの日は「春の訪れを祝福し、四季の移ろいを楽しむ」が隠しテーマ。

この夜はお客様全員が女性。「むむ、これは..どんな感じになるかな?」

正直、このような食事の席で少人数のお客様…というのは、客層で相当雰囲気が変わる。聴く人を無視した演目を演奏するのは論外であるのは勿論ですが、逆にお客様に合わせすぎるとうまく行かない、というのが私の経験から感じること。

2009-02-16 21:53:40

この日 『お料理、お茶、空間、音楽を存分に楽しもう!』というお客様の気持ちが、こちらにもズンズン伝わって来て、ピアノに触れた瞬間から、すぅ~っとお客様と繋がったというのが、一番の感触でした。

優しく包まれる時、本当に感謝の気持ちで一杯になる。音楽を投げかけると、それが皆さんの気持ちと反応して、バイヴが大きくなってこちらに帰って来て、自分の内側から、どんどん広がって行く感覚。

歌詞の一言も逃すまいと、聞き耳をたてる様は、嬉しくなるだけでなく、身が引き締まる。

「春がまたやって来る」で春の予感を喜び、「新しい生活」で春への期待を、「美ら海」で沖縄の夏へ旅して、スティーヴィーのカバー「Isn't she lovely?」「温かな気持ち」でハートがやわかく温かくなって。

2009-02-15 10:13:50

セカンドステージではトークも交えながら、昨年夏、子供のための英語劇「青い鳥」の主題歌を披露。「セロリ」は夏の野菜…そして秋・満月の夜は「Moon Butterfly」。「いつも何度でも」を歌い終わると、豊順のおかみさんに「この歌、大好きなんですよ!」と声をかけて頂いて。良かった…。


ラストステージはMayumiシンガーソングライターモード全開で。お腹もだんだん溜まって来た頃、皆さんからだをステージに向けて熱心に耳を傾けて下さって。

最後にはアンコールまで頂いて。いつも私の相棒ピアノに感謝して歌う「ぴあの」を歌ったのですがっ!

アンコールを歌い始めた瞬間、デザートプレートが私の前を横切り…。まるでお皿の上にお花畑があるような、本当に春らしく愛らしいスウィーツ!中でも桃色のおもち…なんだろう?大好物のココナッツがまぶしてある、【 温ココナッツだんご 】ではないですかぁ!!!
…と、ほんの一瞬プレートに視線を落としたのが運のツキ。長年歌い慣れたはずの「ぴあの」の歌詞を、いきなり歌いだしで忘れるというアクシデント発生!

「あぁ~、歌詞忘れました!」(ピアノを止めて)「すみません!スウィーツがあまりに美味しそうできれいだったので、見とれました!!」…会場大爆笑。

あぁ…DIVAでなく、笑いの神が降りた瞬間。

でもその後気を取り直して、「ぴあの」を歌い、ライブ無事終了。

2009-02-15 09:57:46

ライブの後、皆さんと少しだけお話する機会が持てました。「ファーストステージの最後の歌、歌詞、とても素晴らしい!」とのお褒めの言葉。

初めて聴いて下さったお客様から歌詞を褒めて頂けるのは、シンガーソングライターとして、最高の喜びです。

皆さんがおいしいお料理とお茶で、体中からハッピーオーラの出ていたこの夜、私もとてもハッピーな、感謝の気持ちで一杯の夜になりました。

どうもありがとうございました。

中国名菜、銘茶と音楽会 ~ 食と音楽のコラボレーション
【 初日ライブレポ 】
【 3日目ライブレポ 】
はこちら!


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.