000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

紺碧inside

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

Mar 2, 2021
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
毎度おなじみ、3年に1度の定期更新です。
オリンピックよりは頻度が高い。

歳をとると時の流れが速くなりますが、
ウェブ上、とりわけツイッターのTLは顔ぶれがそれほど変わらず、
昔なじみのHNのご健勝な様子を無言でROMする毎日です。

こうやって、このままネット上のアイコンとして存在し続けるのも悪くない。
そんな即身仏めいた感慨もあるにはあります……が。

現実世界のほうでは、今また、わりあい大きな山場を迎えています。
大変だけどけっこう楽しい。

非才は非才なりに、魂を完全燃焼させたいところ。
そうして年老いて、いずれまた、火星に戻る。
そんな夢想。






Last updated  Mar 2, 2021 12:18:53 AM


Jan 14, 2018
カテゴリ:カテゴリ未分類
これまた2年半ぶりの更新です。
2016年、2017年、2018年と、3回分の明けましておめでとうを贈ります。

前回の日記に書いていたように、
あのころが一つの転機となって生活にあれこれ変化があり、
割と楽しく生きています。

次の更新が何年先になるか分からないけど、
そのときにはどんなことを感じているのかな。

「あずみまつゆき」というHN、このブログでしか使ってなくて、
ちょっと気恥ずかしいので変更しようかとも思ったのですが、
結局そのままにしておくことに。

この名前はたぶん、
私の心の奥底の、ちょっとイジイジした部分を代表している。
色で言えば、紺碧の。
40過ぎてもそんな部分を残しているイタいおっさん。

カードワース20周年。めでたいです。



これを機に、
かれこれ10年以上お蔵入りを続けているブツを成仏させたい……ムリだろな。

そして気づけばこのブログも開設10周年を数えておりました。
これからも3年1度の更新ペースでがんばります。






Last updated  Jan 14, 2018 05:56:49 PM
Jun 23, 2015
カテゴリ:カテゴリ未分類
2年ぶりの更新ですこんばんは。

相変わらずの生活ですが、
天機か、転機か、ただの転記か分かりませんが、
なにやら節目めいたものを感じています。


気付くとこのブログの右側のリンクがなくなっていたので、
むかし作ったものとのよすがを残すべく、
以下に記しておきます。


CWシナリオ3編






Last updated  Jun 24, 2015 01:03:56 AM
Apr 11, 2013
カテゴリ:カテゴリ未分類
桜もほぼ散りかけの京都からこんばんは。

胸に思いを抱きつつも、
いや、抱いたつもりで何もせずに時は過ぎて、私も来年で40代。
いまや二児の子育てと住宅ローンが双肩に重くのしかかる
中年オヤジと成り果てました。

カードワース、やっている頃はまだ20代だったなあ…。

概ね幸福な感じはあるけれど、私の人生、もうちょっとだけあがいてみるつもり。






Last updated  Apr 11, 2013 11:12:46 PM
Jan 10, 2012
カテゴリ:カテゴリ未分類
京都駅の地下鉄改札前にうずくまる痩せた中年の浮浪者は、ふたつのゴミ袋にいっぱいのゴミくずのようなものを左右の傍らに置いて、汚れたニットの胸から腹の内側にも同じものを詰め込み信楽焼のタヌキみたいになって、うつむいたまま何かをつぶやいていた。ゴミのようなものが何なのか、よくは見なかったけれども、たいした価値があるものとは到底思われなかった。

浮浪者が浮浪者の境遇から抜け出す方法があるとすれば、まずは大事そうに抱える屑の袋を捨て、ニットの裏側からも全部出して、二本の足で立って歩くことだ。誰の目にもそれは明らかだけど、浮浪者が気づくことはないだろう。防寒のためなのか、売ればいくらかの金になるのか分からないけどそのゴミくずのようなものをいつまでも大切に抱えてゴミくずに寄り添って生きていくのだろう。

ぼくも同じなんじゃないかと、そんなことを考えた年の初め。

去年は一度も更新しなかったこのブログですが、今年もよろしくお願いします。
今年はもうちょっとがんばって更新しようというようなことは一切考えてません。






Last updated  Jan 10, 2012 10:32:33 AM
Aug 17, 2010
カテゴリ:カテゴリ未分類

 更新ペースが半年に一度弱のこのブログですが、誰か読んでくれてたりしますか。


 もっとも、わたしがネット上で発する言葉のほとんどは独り言に過ぎないのだけど。
独り言と信じて、でも誰かが見ているかもしれない可能性をちょっぴり残しながら文書を作っている瞬間がいちばん解放されている気がするのかもしれない。

 そんな年甲斐もなくひねこびた自意識に陶酔できてしまう面倒くさい自分が好きさ。


 誰にも聞かれていないけど近況報告。

 ここ3年ほど、なんとか年に1本のペースで作品めいたものを投稿してはいたのだけれど結果はなしのつぶて。
 今年は書き上げることは難しそうだけど、来年春の完成を目標に今月末くらいから動き始めるつもり。

 ネットにも、なんらかの形でなにかを発信していきたいなあ。


 で、昨年末からこっち、あんまり動けなかったのにはいちおう理由があって、6月に第一子を授かりました。


 30代も半ばを過ぎたし、父親にはなるしで、年々オッサン度を増しているようではありますが、まだまだ僕はやるよ。



 以上、長引きそうな残暑にあてどもなく書きつけた所信表明でした。







Last updated  Aug 19, 2010 01:02:20 AM
Jan 15, 2010
カテゴリ:その他
去年の暮れ、新しいパソコンを買った。

pc02

NECのパソコンは20数年前に中古で買った8801mk.2SR以来。
CPUの処理速度は2.5Gだそうで、SRがたしか4Mだったことを考えると、
アタマの良さは何百倍かになっているんだね。

価格は新品で、SRの中古と同じくらい。隔世の感。


この前まで使っていたのがコレ。

pc01

『竜殺しの墓』と『深海の盟主たち』はこのパソコンで作りました。

今まで使ったパソコンのなかではこいつが現役最長記録。7年。長いなあ。


ちょっと話は変わるけれど、自宅である借家のチャイムが電池切れになった。
これが取り出した古い電池。

den01

ナショナル。懐かしいデザイン。
ひっくり返してみると。

den02

有効期限が'90-10。1990年の10月ということだよね?
わたしがSR使っていたころからの現役生活。お疲れ様でした。


1/16 追記
 ……と、思っていたのですが、
 気になって調べてみたらこのタイプのナショナル電池は今でも普通に売られてるみたい。
 有効期限が90年というのもたぶん違うな。
 ま、過ぎてしまえば時間は長さではなく平面。気の持ちようってことやね。
 前向き前向き。



今年の抱負
 『世に向かう』
 『不真面目なくらいがちょうどいい』


* ついったー、はじめてみた(いつまで続けるかわからないけど…)。






Last updated  Jan 16, 2010 11:28:58 AM
Sep 27, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類
孤独の壁、と書いたけれど、それはまさに霧状の壁のようで、
わたしは今そのなかにいる。
出口は見えないし、出口があるのかどうかもわからない。

何日かまえまで楽しいと思われたことがむなしく感じられる。
この孤独をひととき癒すための対処療法に過ぎなかったことに気づく。

だれかに一体化したつもりになって安心する。だがその効き目も薄れてきた。

これは幸福の門だということを知っている。でも幸福は危うい。高所にあるから。

必要なのは、ひとえにパワー。枠組みを打ち出すエネルギー。
ただそれだけ。






Last updated  Sep 28, 2009 02:10:57 AM
Sep 22, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類
 さいきんの世の中というのはこの穴にはこと欠かないなあと感じて、いや穴なんて昔からいくらでもあって、人のやたらと多い今の世の中のほうがむしろ秘密は漏れてしまいがちなのだと思いいたる。

 ではどうして穴が多いと感じるのか。

 穴といっても聞いてくれる穴でなければならず、聞く耳をもつものはたいてい語る口も持っていて、だからこそ散髪屋は破滅した。
 言葉は伝えるために生まれてくる。ほんとうに自分が属していると感じる場所とは遠く離れた、でも自分にとってほどほど重要なところにある穴にぼくたちは言葉をぶちまける。排泄物のように。

 破滅はほんとうに穴のせいだったのか。身の内からわきあがった言葉でパンクしそうな頭蓋をおさえられなかった散髪屋は、それを吐きだしたことがすでに破滅だったのではないのか。
 そんなふうに思える昨今。

 穴は多い。上手に生きたい。






Last updated  Sep 23, 2009 02:19:13 AM
Feb 1, 2009
カテゴリ:その他
なにかを懐かしいと感じて、その懐かしさを忘れる。
古くない記憶。いく月かまえのこと。

そんなふうに日をすごす。
現在が過去になる、過去は流れる。

---

創造的でなければならないという強迫観念。
そこから生まれるものなど薄っぺらだという幼い思考。
なにもかもをやめたときに新しい何かが始まるという虫のいい期待。

---

才能崇拝。
自己のなかの他者に救済をもとめる根深い迷信。未来への逃避。
または今に甘んじるのための方便。








Last updated  Feb 1, 2009 05:00:44 PM

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

PR


© Rakuten Group, Inc.