032030 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

不妊~妊娠・出産のトラブル

~4人目の天使~

4人目の天使はこのブログを開設したきっかけになります。

無事に娘を出産した後で、2人目という事もあり、自分自身も主人も親も病院の先生も全てが油断してました。

初期の時は少し出血もありましたが、特に問題もなく、普通に生活してました。

タバコ・・・たまに主人のをもらってました。 安定期に入るとさっそくお腹がよく張るように。

もともと張りやすいので、自分も先生も特に気にしてませんでした。

娘のときに、用心して安静安静で過ごし、かなりのストレスで辛かったので、

今回はストレスが溜まらないように、多少は外にも出よう。と決めてました。

相変わらず、お腹は頻繁に張ってましたが、普通に生活し、安定期にも入って女の子と分かり「あんな」と名前まで決めてました。

お正月が終わり、21週入った頃、1日胎動を感じない日が・・・

夜でしたが病院に行き見てもらうと問題なし。安心して家に帰りました。

でも翌日の朝、破水しました。

病院に行くと先生からは、

「22週までもつかも分からないし、もし頑張って出産しても100パーセント脳性麻痺で生まれてくるから、今回は残念だけど・・・本当にごめん」

と言われ、頭が真っ白になりました。

何も考える事は出来ず、もう周りの言う通りに事がなすがままでした。

結局はまだお腹の中で動いてる我が子を外に出してしまう事に・・・

破水してるんで自然に陣痛が来るのを1日待つ事に。

陣痛が来る気配はなく「本当はまだお腹にいたいんだ」と思い、このまま時間が止まってくれれば・・・と本気で思いました。

結局、夕方に子宮口を開く処置をし、それでも陣痛は来ない。でもだんだん胎動は少なく、弱くなっていく。

翌日、子宮口から直接薬を入れられ陣痛がきました。

だんだん間隔が短くなる中、「本当にごめんね。また必ず戻って来てね」と声をかけ、しばらくしたら大きく1回動いて静かになりました。

この時がお別れだったと思います。

後は分娩室に入り、しばらくして、強い陣痛2回だけで終わりました。

終わった瞬間は大声で泣きました。子供の時以来の大きな声で・・・

隣の部屋からは、赤ちゃんの身長、体重を計ってる声が聞こえてきました。

「身長31センチ、体重360グラム」忘れる事は出来ません。

後で出産のページに自分で書きました。いなくなったとは思いたくなかったから・・・

火葬などの手続きは全部病院がしてくれました。

退院してからも部屋に閉じこもり、友達のメールや電話も出ませんでした。

初めて本気で「こんなに辛い思いするなら死にたい。あんなちゃんとこに行きたい」と思いました。

でも長女がいたから、時間はかかったけど少しずつ受け入れていきました。

最近まではその病院を見るのも、近くを通るのも辛かったです。

この経験をしてから、「これからは子供の為に真面目に生きていこう。」とタバコ、パチスロは辞めました。

バカは死なないと直らない~と言いますが、まさに自分の事です。

あの時自分は1回死にました。

ようやく生まれ変わって今、穏やかに過ごせています。

4人の事は毎日思い出します。そして今だに胸が締め付けられます。

この思いは自分が一生背負って償っていかなければいけないと思ってます。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.