198728 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

みやっちの競馬人生日記

全363件 (363件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 37 >

2010年05月30日
XML
テーマ:競馬予想(49374)
カテゴリ:競馬予想G1
岡田ジャパン VS イングランド代表の試合が今日あるサッカー


まあ負けるのは分かってるんだが・・・。


その負けざまを見届けてやろうと思っている。






ちなみに。


実は昨日の土曜競馬で、ついに初的中をものにすることができた。


記念すべきそのレースは、欅S(OP・東京D1400)。




ただね~。




keyaki s.jpg


「12番ナムラタイタン → 5番ユノゾフィー → 15番オーロマイスター」の3連単27倍という低オッズではほえー





やしー。


安すぎるぜ、いくらなんでも。


測ったように、「1番人気 → 3番人気 → 2番人気」の決着ときたもんだ。


まあ、これが今の私なんだろう。




しかし。


この安すぎる的中と今の流れをダービーに活かさない手はない。


というわけでダービーの予想を犬







<日本ダービー・G1・東京芝2400>



最初に断っておくと、この期に及んでまだ最終決定はできていない。


展望時に書いたように、ヴィクトリーピサとペルーサを買うことだけはすでに決定していたが・・・。


ここへきて決定的な事件が。





それはダノンシャンティの出走取り消し荒波





これは痛い。


いや、馬が骨折してるのにそんなこと言うもんじゃないのかもしれないが・・・。


痛いものは痛い。


ダノンシャンティは人気になるだろうし、それなら消そうとも思っていたからね。


そして、それ以上に痛いのが展開に与える影響熱帯魚


おそらくだが、ダノンシャンティは最後方から競馬をした可能性が高いと思うのだ。


そうなると、ヴィクトワールピサもペルーサも後方を意識する、と。


その結果、レースが後ろがかりになって、なんらかの乱れが生じる可能性が出てくる。


で、ヴィクトワールピサとペルーサがお互いに不利をこうむって、漁夫の利による我が本命馬の勝利大笑い


なーんてパターンを期待してたのだ。


そんな矢先でのダノンシャンティの回避。


痛すぎる。


これで我が本命馬が勝つ可能性は限りなく薄くなってしまったかもしれない。




ただ・・・。


2、3着は十分あるとは思うし・・・。


ここは後悔しないためにも、初志貫徹で本命を貫きたいと思う。


そう、我が本命はこの馬だ。








3ヶ月の休み明けにもかかわらず、ハイレベルの皐月賞(G1・中山芝2000)を3着したエイシンフラッシュきらきらきらきらきらきら








正直、そんなに強い馬だとは思わないのだが・・・。


それだけに皐月賞の3着好走が不気味すぎるというもの。


まあ、あのレースは雨馬場もプラスに働いたとは思うんだけどね。


今日は雨予報で降水確率30%なんだって?雨


ただ、降ろうが降らまいがそんなことは関係ない。


当初から良馬場で予想してたしね。


それでも降ったら降ったでエイシンフラッシュにとってプラスなのは間違いない。





ただし、決定的な不安が1つだけ。







それは、先週のオークス(G1・東京芝2400)で2番人気に推されたショウリュウムーンをあろうことか17着に大敗させた内田博幸騎手いなずま






このウチパク。


その後の12Rではきっちり勝って、この日は全部で5勝していたように、決してヘタなジョッキーではない。


しかし。


ことG1になると、天性の臆病さがモロに出てしまうとでもいうのか、腹のくくりがまるで足らないように感じる。


なにゆえ、「差し」で結果を出してきたショウリュームーンが突然「3番手先行」しなければならないのか炎


ありえん。


ヴィクトリアマイル(G1・東京芝1600)でハナ差の2着したヒカルアマランサスでもそうだ。


勝ったブエナビスタをはじめ、3着ニシノブルームーンも4着レッドディザイアも上位馬みな「差し馬」だったあのレース。


唯一「4番手先行」して上位にくい込んだのがウチパク騎乗のヒカルアマランサス。


本来「追込」騎乗で最高パフォーマンスを見せてきたヒカルアマランサスだけに・・・。


中団以下で控えて騎乗していたら、あるいは勝っていたのはヒカルアマランサスなんじゃないかと思えなくもないくま


そういう意味では、ヴィクトリアマイルでもやはりウチパクの“臆病”騎乗がマイナスに作用していたと言わざるをえない。


ましてや、今日はダービーという大プレッシャーがかかる日でもあるのだ。





なおさらやばいじゃねーかひよこ





救いなのは、エイシンフラッシュが現時点で7番人気だということだろうか。


そんなに人気はない。


それで少しでもプレッシャーを感じることなく平常心で騎乗できればあるいは・・・。


ただ、「皐月賞3着」ということでウチパク自身が色気をもってしまうようだと意味ないわなキスマーク


そこは私にとってはギャンブル。


また、エイシンフラッシュの場合まだ脚質が定まっていないというか、「先行」がいいのか「差し」がいいのかがいまいち分からない。


そういう意味では、臆病な「先行」騎乗によって結果が吉と出るパターンもないわけではない。


まあ、いろんな意味でエイシンフラッシュの未知の可能性に賭けてみようと思う。






もう1頭迷っていたのは、プリンシパルSで圧勝したルーラーシップ船


これは現時点でも買うか買わないかはまだ決めていない。


2400になるのは間違いなくプラスだと思うので、本音で言えば、ルーラーシップは買いたい。


ただ、このレースはヴィクトワールピサとペルーサを高く評価してしまっているのだ。


なので、オッズの関係上、リスク承知で消すことも考えておかねば。


その場合は、本命エイシンフラッシュ + ヴィクトワールピサ&ペルーサの3頭しか買わないことになるため、つまりは3連複1点買い、ということになるのか。


でも、これだと14倍しかつかないから、それならエイシンフラッシュ1着のパターンを期待して、3連単マルチ6点買いのほうが魅力だきらきら


まあ、細かい買い目はまた直前で。




土曜に3連単27倍という低オッズをゲットしたことだし・・・。


今日も安い3連単をゲットしてやろうじゃないの。


やるぞー、日本ダービー猫





人気ブログランキングへ






最終更新日  2010年05月30日 10時51分06秒
コメント(14) | コメントを書く
2010年05月27日
カテゴリ:競馬予想G1
岡田ジャパンの救いがたい敗戦にあまりにショックを受けてしまった病院


あれからもう3日以上たつというのに、サッカーファンの間ではいまだにこの論議が絶えることはない。







マジでこのまま岡田独裁監督でいくのか?炎炎炎








サッカーを愛する人たちの討論の中で「岡田さん支持」にまわってる人を私は見たことがないんだが。


あ、いたか、支持してる人。


川渕名誉会長&犬飼会長の2人。


この2人が岡田監督を更迭しないからこんなことになってるんだよ。


まあ、犬飼会長は名前よく見たら「飼犬(かいいぬ)」だからね犬(爆)


真に悪の親玉が川渕名誉会長であることは、私の中ではもはや疑いようがない。


そもそも、会長時代から自ら「私は独裁者王冠」とか言ってた人なんだから。


裏で犬飼会長&岡田監督を牛耳ってるとしか思えないんだが・・・。


正式名称は「財団法人日本サッカー協会」って言うんだっけ?


調べてみたら1920年代からできあがった組織のようだ。


この組織は事業仕分けの対象にはならないのか、枝野さん?(爆)


あまりにも謎すぎて、どこからどう調べていいかさえ分からん。


ああ、川渕名誉会長がこの世に生を受けている限り、日本サッカー界には絶望しかなんだろうな地下鉄


これより上の機関ということになれば、アジアサッカー連盟と世界サッカー連盟(FIFA)ということになるわけか。




あやしい・・・。


あやしすぎるぜ、どっちも賞金




根本的にスタートから間違ってるような気がしないでもないな、サッカー界全体。


うう、どうすればいいのか・・・。







とかなんとか頭をめぐらせてる間に、気づけばすでに日本ダービー(G1・東京芝2400)の枠順発表がくま



1番エイシンフラッシュ(牡3、内田博幸、栗・藤原英昭)

2番 レーヴドリアン(牡3、藤岡佑介、栗・松田博資)

3番 ルーラーシップ(牡3、四位洋文、栗・角居勝彦)

4番 サンディエゴシチー(牡3、浜中俊、栗・作田誠二)

5番 コスモファントム(牡3、松岡正海、栗・宮徹)

6番 アリゼオ(牡3、C.ウィリアムズ、美・堀宣行)

7番 ヴィクトワールピサ(牡3、岩田康誠、栗・角居勝彦)

8番 ローズキングダム(牡3、後藤浩輝、栗・橋口弘次郎)

9番 ペルーサ(牡3、横山典弘、美・藤沢和雄)

10番 トーセンアレス(牡3、江田照男、美・鈴木康弘)

11番 ハンソデバンド(牡3、蛯名正義、美・尾形充弘)

12番 ヒルノダムール(牡3、藤田伸二、栗・昆貢)

13番 ゲシュタルト(牡3、池添謙一、栗・長浜博之)

14番 リルダヴァル(牡3、福永祐一、栗・池江泰郎)

15番 メイショウウズシオ(牡3、飯田祐史、栗・飯田明弘)

16番 シャイン(牡3、和田竜二、栗・川村禎彦)

17番 トゥザグローリー(牡3、戸崎圭太、栗・池江泰郎)

18番 ダノンシャンティ(牡3、安藤勝己、栗・松田国英)




まああんまり関係ないけどな、私には。


実はもうすでにある程度の買い目は決まってるのだ、ダービーは。







ヴィクトワールピサ&ペルーサ馬







この2頭を買い目に加えることはすでに何週間も前からの決定事項。


よもや、この2頭がそろって3着をハズすことはまずあるまいて。




とはいえ・・・。




この2頭を本命にするかどうかまでは、まだ決めていない。


なぜかって?




当たらないからね、私は。


先週のオークス(G1・東京芝2400)をコスモネモシン本命勝負で大ハズレをくらったことで・・・。


「5週連続1的中も無し目」という不名誉な記録を現在も継続中。


そもそもが、かたく買ってスパッと当てることができる人間でもないため・・・。


ダービーをかたく買うことはやめようと早い段階で心に誓っている。


そう、本命候補は別の馬からいくつもりだ。




今のところ2頭候補がいるが・・・。


1頭はすでに「3着以上本命」として決定している。


最近の異常気象によって仮に雪が降ってダートに替わるようなことがあったとしても、私はもうこの馬と心中したい雪


そして残りのもう1頭。


こっちはどうしようかなー。


うーん。


まだ迷い中キスマーク


ただ・・・。


いずれにしろ、全部で計4頭。


この4頭以外はいっさい買い目に加えるつもりはない。


ヴィクトワールピサとペルーサのどっちかが絡んでくると決めている以上、そこは点数を絞らねば。


早いもので、明日はもう競馬新聞が発売になるわけだし・・・。


そろそろ岡田独裁ジャパンのことは頭から切り離して、ダービーに気持ちを切り替えることにしよう。


やるぞー、日本ダービー犬






人気ブログランキングへ






最終更新日  2010年05月27日 17時34分04秒
コメント(18) | コメントを書く
2010年05月22日
テーマ:競馬予想(49374)
カテゴリ:競馬予想G1
1Q84・BOOK3をようやく読み終えたノート


そうかー。


天吾と青豆がなー。


そうか、そうかー。


てゆーか、読み終わって思ったんだが、これってまだ完結してないんじゃないかって思えなくもないような・・・。


出るんじゃないだろうか、BOOK4も。


ああ、続きが待ち遠しい犬





で、読書の合間に競馬も見てたんだけど、先週同様、前残りの馬場みたいだね。


とはいえ、先週のヴィクトリアマイル(G1・東京芝1600)は中団差し馬がゴソッとつっこんできたわけだが。


さあ、日曜のオークスは果たしてどうなるのだろうか。


というわけで、そのオークスの予想を。






<オークス・G1・東京芝2400>


まず、天候が雨予報のようなので、その影響がどの程度あるのか雨


これが現時点ではまったく分からない。


朝からザーザーに降ってればまだいいんだけど。


直前に降ってこようもんなら、もうどうしていいもんやら。


そういう意味では、前日である現時点でのこの予想にはあまり意味がないような気がする。


なので、今はまあ方向性だけを漠然と定めておくことにとどめることにしよう。





たしかに馬場は前&内残り傾向はある四つ葉



が。



過去のオークスそのものの傾向を見ると、むしろ後方待機組が来ている気がする。


そう、そこで考えてしまうのだ。


じゃあいったいどうしたらいいのか、と。


中間?


真ん中をとればいいのか?


8~12番手にいる馬、みたいな。


でもなー。


そんなもんじゃない気もするんだよなー、競馬って。


う~ん。


迷うぜ温泉


で、一応現時点での残ってる馬たちが、以下の13頭。




 1番 コスモネモシン

 2番 アグネスワルツ

 3番 アプリコットフィズ

 4番 ショウリュウムーン

 5番 ギンザボナンザ

 6番 オウケンサクラ
 
 9番 モーニングフェイス

11番 ブルーミングアレー

13番 アニメイトバイオ

15番 エイシンリターンズ

17番 アパパネ

18番 サンテミリオン






けっこうな数の馬たちが残ってしまった猫


実は当初は本命はおろか買う馬券まで決まっていたのだ。


それはどの馬かと言えば・・・。




ショウリュウムーン月&アプリコットフィズカクテル




もう、この2頭の馬単オモテ・ウラの2点勝負で勝負してやろうと決めていた。


が。


土曜の馬場や、日曜の雨予報を考えるとやっぱり不安も・・・。


また、土曜は馬券さえ買わなかったものの、頭の中で軽く予想だけしてはいた。


しかし、やはり微妙にズレているとでもいうか、こっちの思ってるイメージとは何かが違うんだよね。


そう考えると、ここは一度頭の中をリセットしたほうがいいんじゃないかとゲーム


もう一度頭を冷やして分析しなおしてみようじゃないかと。


そう思い立って候補として再ピックアップしたのが先の13頭。


まず、いくら後方待機する馬が来てる傾向にあるとは言っても、今の馬場で極端に最後方から行く馬は厳しいと考えたい。


そういう理由で、シンメイフジ、タガノエリザベートは消すことにした熱帯魚


また、スイートピーS(OP・東京芝1800)組はメンバー構成が弱い感じがするので、これも能力的に厳しいんじゃないかと。


そういう理由で、1、2着のトレノエンジェル&ニーマルオトメも消し、とキスマーク


あと、ステラリードとプリンセスメモリーは単純に距離が長そうなので消しくま


そうして残ったのが先の13頭。




ただなー。


残った13頭は差別化が難しいんだよなー。


これをこの時点で絞ってくのは難解すぎる。


ただ、現時点でも言えるかもしれないことが1つ。


それはアプリコットフィズ&ショウリュウムーンの2頭について。


こんなことを言うと怒られるかもしれないが・・・。







1着はないかもな・・・飛行機







いや、あるいは最悪の場合、3着に入れないことさえ考える必要があるかもしれない。


なんでかって?


そんなことは言うまでもない。




私がついさっきまでダブル本命で勝負しようと決めていた2頭だから・・・。




なにしろ、ここ4週間で1レースとして的中のない私の予想なのだ。


ヘタなデータよりはよっぽど威力あるぜ、このデータは(爆)大笑い


そういう理由で、この2頭は軽視することに決めた。


おかしな話だよなー。


ついさっきまで本命にしようと決意してたのに。


でもまあそれで来てしまったらそれはそれで後悔するので、2頭とも買うことは買おう。


あるいは、直前になってもひらめきがないようなら、「やっぱりこの2頭で初志貫徹しし座」ってこともまったくないとは言えない。


ただ、ギリギリまで別の馬から勝負する方向で悩みぬきたい。


どうせなら穴馬から入ろうか。


そう、どうせ当たらないのなら。


あるいは本命なしの変則フォーメーションでいくのもありだ。


いずれにしろ、荒れる方向で考えることにしよう。




さあ来い、雨よ。


じゃんじゃん降ってくれ、雨よ。


で、穴馬たちをたくさん引き連れてくるのを待ってるぞ犬







人気ブログランキングへ






最終更新日  2010年05月23日 02時19分03秒
コメント(14) | コメントを書く
2010年05月21日
テーマ:競馬予想(49374)
カテゴリ:競馬予想G1
オークス(G1・東京芝2400)の枠順が確定した犬


私が狙ってる馬たちは比較的いい感じの枠に入った気がする。


とはいえ、当日にならないと何がいい枠かなんてはっきりしないんだけどね。


先週のイメージどおりなら、まあそんなに悪くはない。


ただ、思ったてたより印が割れてるなー。


もっとグリグリの馬がいるのかと思いきや・・・。


エイトではオウケンサクラが一番厚くて、△△◎▲◎◎▲◎。


そうかー。


オウケンサクラかーさくら


言われてみれば、桜花賞(G1・阪神芝1600)2着だもんなー。


桜花賞を勝ってG1を2勝のアパパネが1番の存在とするならば・・・。


2番手はたしかにオウケンサクラ。


アパパネが血統的な面で評価を下げられてるのであれば、オウケンサクラに目がいくのは当然だ。


じゃあ買うぞ、私も猫


エイトで一番印がついてるんだから、オウケンサクラは買っておこう。


でも、本命は別の馬なんだけどね。


あと、日曜日は天気はどうなんだろう?


雨が降るなんて予報も時折目にしたけど?


やべー。


雨が降ったら、また馬場の見極めが大変だぜいなずま


どこかのローカル競馬場みたく、いきなり外差し馬場にシフトしたりしねーだろーな?


牝馬戦だけに、こちらが思ってるように事運ばないことも想定しておかねば。





今のところ、土曜は競馬をやる予定はない。


突然ひらめくレースがあるかもしれないから、いちおう中京競馬場に行くことは行くけど。


おそらくは駐車場代だけ払って帰ってくるパターン車


日光浴しながら本でも読むとしよう。






『1Q84・BOOK3』がまだ途中読みだったしね温泉







オークスの予想に集中するためにも、読書で心を清めたいところだ。


さあみなさん、私はやりませんが、土曜競馬をがんばりましょうくま







人気ブログランキングへ






最終更新日  2010年05月22日 00時19分17秒
コメント(8) | コメントを書く
2010年05月17日
カテゴリ:レース回顧
当たらんのー、全然病院


ホント当たらん。


マジで。


これで当たらない日々を4週間も送っていることになる。


よく生きていられるな、お前は。


しかも。


これで終止符が打てたわけではなく・・・。


まだまだ現在進行中自転車


今週もまだ続く可能性があるってんだから・・・。


こえー、競馬って。


というわけで、ヴィクトリアマイルの反省を。









<ヴィクトリアマイル・G1・東京芝1600>



勝ったのは圧倒的1番人気だったブエナビスタだったわけだが・・・。


2着ヒカルアマランサスとはハナ差花


かつ、3着ニシノブルームーンとも3/4馬身差と、ほとんど差がない。


そういう意味では、「ブエナビスタで断然王冠」という着差ではないわな。


いや、むしろあぶなかった1着だよ、これは。


横山典騎手もブエナビスタの調子の悪さを認めていたし、馬場だってこの日は圧倒的に前有利の馬場だったはずだ。


少なくとも、昨年のウオッカの7馬身差圧勝のような勝ち方ではなかったわけだし、そこのところのイメージは当たっていた。




熱帯魚




2着のヒカルアマランサスと3着のニシノブルームーンな~。


私が唯一買わなかった2頭だぞ、この2頭。


他は3着では買ってたが、この2頭だけは1銭も買ってない。


ヒカルアマランサスは前走もマイナス体重で、今回もマイナス8キロだったため、体調が万全ではないんだろうとふんでの消しねずみ


ニシノブルームーンは1600が短いんじゃないかと考えての消しぺんぎん


その2頭が来てしまうとは。


死んでも獲れんぜ、こんなの・・・。


加えて、我が本命のアイアムカミノマゴは、なんの見せ場もなく10着大敗ときたもんだ。


7着ワンカラットと同じような位置にいて逆に差を広げられてることを考えると・・・。


1600が長いのか、あるいは調教での評価通り調子がよくなかったか。


あるいは両方かもなふたご座


こっちは、次走1400以下のレースに出てきたら積極的に狙ってみることにしよう。





さあ、今週はオークス(G1・東京芝2400)だっけ?


だいぶ前から狙っている馬はいるものの・・・。


どうなんだろうか?


なんだか自信が無くなってきてしまった。


ただまあ、ここ2週の場合は馬場イメージが当たってる分、まだマシなんだけどね。


その馬場イメージどおりであるとするなら・・・。


私が狙っている馬にとってはあまり歓迎できる材料ではない犬


さあどうしたものか・・・。


まああだ一週間ある。


ゆっくり考えることにしよう。


今週こそ的中ゼロからの脱出を月





人気ブログランキングへ






最終更新日  2010年05月17日 22時58分22秒
コメント(10) | コメントを書く
2010年05月16日
テーマ:競馬予想(49374)
カテゴリ:競馬予想G1
京王杯SC(G2・東京芝1400)はかたいと思ってたら・・・。


3連単4000倍超の大荒れだと?


終わってるな、この読みの無さ・・・。


これで4週連続不的中記録更新中どくろ


さあ、どうしてくれようか、この不名誉な状況を。


1分19秒8などという、またまた速いレコードタイムが出てるってことは・・・。


とんでもないHペースだったのか?


そう思ってたら、どうやらそうでもなく、むしろSペースの部類。


まあ馬場差があるのでなんとも言えないが、異常な上がりタイムを見る限り、「Sペースのヨーイドンマラソン」的なレースだったのは間違いない。


ほぼ極端な前残りのレースだったと考えてよさそうだ。


ただ、先週までとはなんだか違和感を感じるんだよな~。


やはりBコースになって少しは変化があったってことなんだろうか?


メインでこんなふうに荒れたのって、ホント久しぶりの気がする。


いや、これこそが私自身が本来抱いていた競馬のイメージとでも言うのか。


先週までが異常だったんだよ、かたくおさまりすぎちゃってさ。


そういうわけで、今日のヴィクトリアマイルは、多少イメージを昔に戻して予想することにしよう月








<ヴィクトリアマイル・G1・東京芝1600>



ブエナビスタとレッドディザイアを軽視する気持ちに変わりはない。


別に、2頭が「弱い」と言ってるわけでもなければ、「1600に適性が無い」と言ってるわけでもない。


実際、専門家の間では、「この2頭が抜けていて、どちらかが勝つ犬」という見方が圧倒的のようだ。


ただ、2頭がとぶならここが一番可能性が高いと私なりに考えている。


単にそういう願望による軽視。





で、この両者に割って入る馬の最有力候補として、かねてから私が考えてた馬が1頭。


こいつがあまりにも調教がサイアクらしいので、どうしようか迷っていた。




しし座




結局、ブエナビスタとレッドディザイアをけっとばしてる時点ですでにギャンブルなんだよな。


それなら、ここも思いきりよくいってやろうじゃないかと。


そう考えて、ここはもう初志貫徹でいこうと思う。











そう、アイアムカミノマゴ1着固定本命で心中炎炎炎











昨日まではあーでもないこーでもないとウダウダ悩んでいたが・・・。


腹はくくった。


もう曲げない。


もちろん、1着固定だけに、「あぁ・・・2着かよ病院」みたいなこともあるのかもしれない。


ただ、もうその場合はしかたないとあきらめよう。


その代わり。


アイアムカミノマゴが1着だった際には、死んでも獲る。


2、3着がもれてたなんて絶対に許されないぜ。


そこだけはトコトンこだわろう。


というわけで、相手は例によってゴッソリ買ってやるつもりだ。


さあ、今日こそ当たらない私に的中をプレゼント





人気ブログランキングへ






最終更新日  2010年05月16日 10時06分25秒
コメント(10) | コメントを書く
2010年05月14日
テーマ:競馬予想(49374)
カテゴリ:競馬予想G2
ヴィクトリアマイル(G1・東京芝1600)の枠順が発表されたが・・・。


狙っていた“あの馬”がかなりの外枠に入ってしまったようで、大ショック目


まあ、それはまた土曜の馬場状況を見てから判断するとするか。


今週から東京コースはBコースに変わるからね。


というわけで、さっそくその土曜競馬の予想を。







<京王杯SC 予想 >


◎ エーシンフォワードサッカー

〇 タケミカヅチ月

△ サンカルロ晴れ

△ マルカフェニックスひよこ

X テイエムアタックテニス




まず、14番のタマモナイスプレイが出走取消になってるみたいだね。


気をつけないと。


で、本命はエイシンフォワードで。


なんといっても、近走の成績が素晴らしいきらきら


高松宮杯(G1・中京芝1200)が、タイム差なしの3着。


その前の阪急杯(G2・阪神芝1400)が、1着。


さらにその前の東京新聞杯(G3・東京芝1600)が、0秒2差の3着。


なおかつ、岩田が騎乗のときは(1.0.1.0)。


もう、これをみるだけで3着をハズすことは考えづらいゴルフ


この後は安田記念(G1・東京芝1600)へ向かうんだろうか?


とはいえ、ベストが1400なのは陣営も分かってることだと思うのだ。


それなら、むしろココ狙いってことも考えられるよな。


そういうわけでのエイシンフォワード本命くま


あとは、1着固定にするのか、それとも2着、3着まで考えるのか。


そこは当日判断することにしよう。





で、対抗以下だが・・・。


ホントはサンカルロを本命にしたいと思ってたんだよね。


こっちもこっちで、あるいはエイシンフォワードを凌ぐんじゃないかと言わんばかりの成績的勢いを感じさせる。




が。




あろうことか、中間にフレグモーネがあったんだって?


しかも、「2日ほど馬場入りを休んだ温泉」とあるが・・・。


陣営曰く、「万全とはいえないまでも、9分くらいの状態にはあると思う猫」とのコメントもある。


それなら、ここは評価を落とすしかないわな。





そういうわけで、対抗に繰り上がってきたのが、1番タケミカヅチ。


なんと言っても、“1番枠”はナイス音符


とはいえ、馬場イメージが先週までと同じならって条件はつくが。


昨年のこのレースは「0秒3差の5着」ではあるが、スタートでつまづいて遅れてのこの着差なら、今年のほうが上積みがあるに違いない。


まあ、問題は「10ヶ月明けの叩き2走目」ということで、いわゆる“2走ボケ”が怖いだけ。


ただ、それさえ問題ナッシングのようなら、1着ぶっちぎりまであるかもしれん新幹線


なんてったって、上がり3ハロン33秒台の末脚は脅威だぜ。





で、あとは、スワン(G1・京都芝1400)で33秒4の上がりを駆使して3着したマルカフェニックス。


そして、雲雀S(1600万下・東京芝1400)で同じく33秒4の上がりを駆使してぶっちぎったテイエムアタック。


この2頭はおさえておこうキスマーク





買い方はまだ決めてはいないものの、エイシンフォワード軸の3連複は買っておきたい。


相手は4頭BOX流しで。


まあ、ここは先週までのイメージにならって、かたく勝負するとするかー。


さあ、やるぞー犬






人気ブログランキングへ






最終更新日  2010年05月14日 23時02分02秒
コメント(8) | コメントを書く
2010年05月12日
テーマ:競馬予想(49374)
カテゴリ:競馬予想G1
ヴィクトリアマイルのニュース記事を見てると、やはりブエナビスタとレッドディザイアの記事が多いようだ。


まあ、ギャロップの印を見ても、





富士山ブエナビスタ   ◎◎〇◎◎◎◎


キスマークレッドディザイア 〇〇◎〇〇〇〇〇





だもんな~。


表紙のサブタイトルが「ブエナビスタ VS レッドディザイア犬」となってるのもうなずける。


ただ・・・。





果たして予想はそれでいいのだろうか?





たしかに、この2頭は他馬とは別格の存在であることは疑いようがない。



星ブエナビスタの実績がこう。


阪神JF(G1・阪神芝1600)1着

桜花賞(G1・阪神芝1600)1着晴れ

オークス(G1・東京芝2400)1着

有馬記念(G1・中山芝2500)2着

ドバイ・シーマクラシック(G1・メイダン芝2400)2着




月で、レッドディザイアがこう。


アル・マクトゥームチャレンジ・ラウンド3(G2・メイダンAW2000)1着

秋華賞(G1・京都芝2000)1着

桜花賞(G1・阪神芝1600)2着音符

オークス(G1・東京芝2400)2着

ジャパンC(G1・東京芝2400)3着




両者とも、1600がベストではないのかもしれないが、それでも「桜花賞で1、2着」であるのは事実。


まあ、1600の適性はあることはあるってことなんだろう。


同時に、格が違うということも言えそうだ。


そういう意味では、専門家たちが「ブエナビスタ VS レッドディザイア」と見出しをうつ気持ちも分からなくもない。


ただね。





1600がベストではないことは事実なんだろ?





ブエナビスタは2400がベストなんだろうか?


レッドディザイアは2000くらい?


まあ、それは定かではないが、「1600でこそ」の馬ではないのは確実だ。


そして、それは両陣営も認めている。


それならば、やはりそれこそが狙いどころなんじゃないかと。


他馬にもつけいるスキはあるんじゃないだろうか?荒波


現時点では私はそう考えている。


ただし。





ここ3週間、1レースの的中もない私の語る予想に、いったいどれほどの信憑性があるのか・・・地下鉄





そう言われてしまうとひとたまりもない。


まあでも、どのみちブエナもレッドも人気になるんでしょ?


じゃあ買わないぞ、私はラーメン


いや、買うかもしれないが、あくまでぶっとぶ方向でいくスタンスだけは決定しておこう。




そして、私が狙っているあの馬・・・。


あの馬の調子が果たしてどうなのか。


中スポで読んだ限りでは、「調教最悪くま」みたいな感じで書かれてたので、実はすでに不安になってはいるんだが・・・。


木曜のニュース記事で、そこは再度改めて確認しておこう。


もしホントに調教最悪だったらどうしようか?


本命を変更しようか?


たしかに、それも頭の片隅に置いておいたほうがよさそうだ温泉


もう1頭か、2頭、ワイド軸で考えてた馬もいるしな。


いよいよとなったら、そっちが本命。


そして仮に、ブエナとレッドがそろってぶっとぶようなことがあるようだと・・・。


フフフッ。


楽しみだな~猫





blogram投票ボタン






最終更新日  2010年05月12日 22時05分01秒
コメント(6) | コメントを書く
2010年05月10日
カテゴリ:レース回顧
サッカー日本代表のワールドカップメンバー23人が発表されたようで・・・サッカー


その結果を見てみたら、やはり大方のサッカーファンから大ブーイングが起こるようなありえない選出もあって、正直ショックを受けてしまった。


岡田監督は「結果を出してる選手を上から順番に選ぶようなことはしていません大笑い」とか公然と言ってるようだが・・・。








いいのか、結果を出してる選手が報われない世の中って?








さすが支持率20%の岡田独裁恐怖政権だぜ。


やることがことごとく周囲の反感を買うってもんだ。


ジュビロ磐田の前田遼一は2009年のJ1得点王なんだけどなー。


しかも今年もすでにゴールをバンバン量産して、またまた得点王争いしてるのに。


いいのか、得点王をメンバーからハズしてる日本代表?


それも、毎年外国人の助っ人が得点王をもってってしまってる中での、ついに出た待望の日本人得点王なんだぜ、前田は。


「私の戦術に合わない猫」とか理由つけて、メッシをアルゼンチン代表からハズすようなもんだぞ、こんなの。


まったくもって、ありえねー。






honda keisuke japan.jpg


まあ、唯一の救いはCSKA(ツェスカ)の本田圭佑が選ばれたことだけだ王冠







ワールドカップ本番は、もう本田だけをずっと90分見ることに終始しよう。


そして、残りの22人は岡田監督が唱える“ディフェンス精神”とやらで精一杯走り回ってくれ。


本田がゴールをあげるためだけにな。


ああ、国民の誰からも愛されてない岡田監督がいまだに更迭されずに居残ってしまってる日本サッカー界のこのおかしな現状・・・。


とても近代国家のあるべき姿とは思えねーぜ。


今こそ日本サッカー協会の壊滅を。










<NHKマイルC・G1・東京芝1600>


NHKマイルCは、結局ハズれてしまった。


これで、6日間連続不的中という不名誉な記録をたたき出してしまったことになる。


しかも、これはいまだ現在進行中自転車


恐ろしいことだ。


ああ、今さらながら思うが・・・。










競馬で負けるのって簡単だな~大笑い









ただし。


今回のハズレは、ここんとこのハズれ方とは一味違う。


というのも・・・。


我が◎リルダヴァルが3着、〇ダノンシャンティが1着で、軽視したサンライズプリンスは4着で馬券圏外、と。


よく見ると、それなりに惜しい予想にはなっているのだ。


これは、いわゆるまともなハズれ方と言えよう。


少なくとも、ここ最近に見受けられた、「なにコレ?ほえー」的なドハズレとは訳が違う。


やはり予想の視点を変えてみたことが功を奏した気がする。


なにしろ・・・。







金曜の時点では逃げ馬のエーシンダックマンを本命にしようかとも思ってたもんなーひよこ







すなわち驚異的な前残り予想というやつだ。


しかし、実際はそうならず、むしろやや前崩れ。


まあ、2着のダイワバーバリアンが中団やや先行で、3着リルダヴァルがその直後くらいだから、真ん中くらいが一番展開が向いたのかもしれないね。


結局、極端なトラックバイアスが働かないという見方は、あながち的外れではないように思えた。


逆に言えば、そこがズレてたからこれまで悲惨なハズれ方をしてきたってこともあるんだろう、きっと。


それを今回修正し、自ら過ちに気づけたことは何よりの収穫だりんご


というのも・・・。


今週行われるヴィクトリアマイルも、またまた東京芝なのだから。


しかも今回と同じ1600ときたもんだ。


そういう意味では、イメージのズレを少しでも修正できたのは、今のズレまくってた私にとっては大きい。


これで今度はある程度の自信をもって予想に取り組めるもんな。






そういう意味では、今回のハズレは単純に馬の能力の見極めのズレが敗因のような気がする。


2着に入ったダイワバーバリアン。


この馬は3着ではおさえで買ってたし、別に来ても驚きはない。


てゆーか、そもそも、きさらぎ賞(G3・京都芝1800)で本命にし、ニュージーランドT(G2・中山芝1600)では1着固定勝負したほど思い入れのある馬なのだ晴れ


このくらい走ってしまっても当然という気持ちはある。


むしろ、なんで私が本命にしたときだけおかしな乗り方をしてるのだと蛯名を責めたてたくなるほど・・・。


なので、反省すべきは3着のリルダヴァル。


2才時の野路菊S(OP・阪神芝1800)のインパクトからこれまで評価してきたが・・・。


おそらく今回の東京芝1600はベスト条件だったはず。


にもかかわらず、ダイワバーバリアンには完全に力負けと言えるこの状況では・・・。





私の過大評価だったのだろうか、リルダヴァル?





あるいは、馬体重がまだ10キロくらい細い可能性があるので、本調子ではないのだろうか?


私の中ではダノンシャンティと互角かそれ以上の幻想を抱いていたのだが・・・。


現時点ではちょっと評価を下げざるをえない。


あるいは、1600ですら距離が長い可能性も視野に入れておきたい。


将来的には“スプリンター”の可能性すら考えておこう。




そうやってリルダヴァルの評価さえ下げてしまえば、あとはそれぞれスッキリするんだよね。


特に、1着のダノンシャンティ。


結果的に1600も問題なく、Hペースも問題なかったようだ犬


タイムが1分31秒4のレコードだって?


テレビやなんかではその話題で持ちきりだったようだが・・・。


私には「タイムが速いから強い新幹線」という分析はないのだ。


なので、ここは冷静に、あくまでも「ダイワバーバリアンより1馬身半強い馬熱帯魚」という認識にとどめておきたい。


まあ、それでも十分強いけどな。


ダイワバーバリアンに1馬身半差の完勝なんだからそれなりには強い。


この後はダービー(G1・東京芝2400)に行くのだろうか?


ただなー。


陣営が「キングカメハメハと違って、ダノンシャンティはダービーよりNHKマイル向きマラソン」と言っていたのを思い出す。


買わないぞ、私は。


いや、3着で100円おさえくらいなら買うかもしれないが・・・。


基本はぶっとぶ方向で考えたい飛行機


せっかく予想イメージが立ち直ってきたことでもあるし・・・。


そこは自分自身の分析を信じてみよう。


まあ、過去の傾向を見ても、基本的にNHKマイルC馬なんてそんなに強くないしね。


名馬の判断を下すのは、ダノンシャンティがダービーで勝ってしまってからでも遅くはない。


それまでは少なくとも世間の評判よりは疑ってかかることにしよう。





さあ、今週はヴィクトリアマイル(G1・東京芝1600)キスマーク


実は、以前から狙っていたあの馬が出てくるんだよな~。


調子はどうなんだろう?


なにしろ、これまでの思い入れが一味違うのだ。


1600がどうかの不安はあるが、順調ならばここはあの馬でギャンブルをしたいと考えている。


楽しみだ月







人気ブログランキングへ






最終更新日  2010年05月11日 03時06分29秒
コメント(8) | コメントを書く
2010年05月08日
テーマ:競馬予想(49374)
カテゴリ:競馬予想G1
新潟大賞典(G3・新潟芝2000)、京都新聞杯(G2・京都芝2200)、プリンシパルS(OP・東京芝2000)と、3つのメインに参戦したが・・・。


終わってみれば、結局、3タコどくろ


ホント終わってるぜ、マジで。


気配すら感じない。


そう、当たる気配というものがないとでもいうのか・・・。





スランプ?





一時はそう考えもしたが・・・。


これはスランプとかそういう問題ではなく、根本的に何かがズレてるとしか思えないんだよな。


例えていうなら・・・。




ここは誰?犬


君はどこ?猫




・・・みたいな。


そう、ズレてるとしか思えん。


まさしく必然的にハズれてるんじゃないか?


そう思い、ここ2週間のレースを再度分析してみはしたものの・・・。


イマイチよく分からない。


まったく、反省しづらいったらない。


なんらかの答えが出せればまだマシなんだろうが・・・。


それも出せずくま


別に、皆が獲れないような難しい馬券が出てるわけじゃないと思うんだよね。


だって、オッズはそれなりにかたいし。


かたいってことは、皆が買ってるからかたいのだから・・・。


むしろ、獲れてる人のほうが多いってことだよね。


まあ、かたいのは私がやってるレースだけなのかもしれないので、他のレースではバンバン荒れてるのかもしれない。


新潟なんかはけっこういい配当も出てるみたいだしプレゼント


でも、私は新潟に手が出せるほど余裕がないため、やはり京都、東京で獲らないと。


それもメインで。


そういう意味では、日曜のNHKマイルCは何がなんでも獲りたい。


いくらなんでも、そろそろ獲らないと。


ストップ・ザ・連敗ほえー


こいつを合言葉に、NHKマイルCの予想に入ろう。








<NHKマイルC・G1・東京芝1600>


◎ リルダヴァル星

〇 ダノンシャンティトランプ(スペード)

▲ トシギャングスター

△ エイシンホワイティ

X キングレオポルド






いろいろ迷ったあげく、ここは本命リルダヴァル、対抗ダノンシャンティでいくことに決めた。


この両者の間には、正直差はないと考えている。


ただ、▲トシギャングスター以下の馬たちとはちょっと差があるとでもいうのだろうか・・・。


すなわち、2頭の一騎打ちいなずま


これをイメージしての、◎リルダヴァル、〇ダノンシャンティ。


前日オッズでは、サンライズプリンスが僅差で1番人気のようだが・・・。


ここは心を鬼にしてサンライズプリンスを消すことにした。


その基準は何かと言えば・・・。


結局、上がりが速いタイプの馬を重視してみたんだよね晴れ


これは、世間のNHKマイルC予想とは、かなり逆行する考え方なのかもしれない。


ただ、東京・京都開催になってからの私は、どちらかといえば馬場や展開を重視しすぎていたというか、どうもそれがマイナスに作用してる気がするのだ。


なので、その反省から、もう少し馬の能力に頼ってみようじゃないかと。


すなわち、強い馬は展開がむこうがむかまいが、そのまま馬の能力を信じて買ってやろうじゃないかと。


ここはそういう方向でいくことに決めた地下鉄


たしかに、昨年のNHKマイルCは激しい前残りで、しかも前にいる馬が上がり3ハロン33秒台を連発するという、とんでもないレースだったのは記憶に新しい。


なので、最初は前残り予想でいってやろうかなーとも思ってたのだ。


ただ・・・。


どうもここ5日間の東京芝レースを見てる限り、そんなに前有利の感じはないんだよね。


あるいは、内有利とか外不利って感じも、世間で言われてるほど個人的には感じない。


まあ、しいて言うなら、「ためてドンッ」っていうタイプで強い馬がそのまま来ているイメージがあるとでもいうのか・・・。


ただ、今回はG1だから、それがそのまま当てはまるかどうかはやってみないと分からない。


なんだかんだで、「このNHKマイルCだけは例年どおりだったじゃん犬」みたいな結末もあるかもしれない。


いずれにしろ、今の私の予想は根本的にズレまくってると認識してるので・・・。


それならば、天皇賞・春(G1・京都芝3200)に続いて、今回も自身で描く新しいイメージに従ってみて、そこからまた反省材料を見つけてみるのもありかな、と。


そう考えての、まさかのサンライズプリンス消し。


サンライズプリンスは上がりは速くないからね。


いや、分からない。


実は今回東京芝1600でためてみたら、実はとんでもない鬼脚を繰り出す可能性がないとは言えない。


なんといってもアグネスタキオン産駒だし王冠


まあ、現時点ではそれを見せてないので、◎〇が人気なだけに、ここはムリヤリ消してみただけ。


ぶっちゃけ、サンライズプリンスがぶっちぎったってなんら驚けないわな。


そこはギャンブルといこう。


▲以下は、力不足ではあっても、単に「ためてドンッ」タイプを選んでみた。


NHKマイルCだけに荒れるのを期待したいので。


ただそれだけだ。


それもまたギャンブル賞金





馬券は、◎リルダヴァル、〇ダノンシャンティの馬単オモテ・ウラを基本としよう。


で、3連単はそこから▲以下に流す、と。


ただし、まるで自信はない。


加えて・・・。







かてーぜ、この馬単目







こんな訳の分からないG1で、まさかこんなカタい馬単勝負をするハメになろうとは・・・。


新たなチャレンジだ、私にとっては。


さあ、NHKマイルCはかたくおさまるのだろうか?


あるいは、昨年同様、やっぱり大荒れしてしまうのだろうか?


みなさん、日曜競馬をがんばりましょうくま






人気ブログランキングへ






最終更新日  2010年05月09日 02時37分00秒
コメント(14) | コメントを書く

全363件 (363件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 37 >

PR

お気に入りブログ

ギャンブルで大破滅 Nジマさん
MAROW'S BLUE ROOM 麻郎0066さん
コツコツと確実に当… 予想界のイチローさん
ともたろうの馬うま… アドマイヤトモタロウさん
競馬とごまLOVE ごまちゃん7482さん
★★3連複で6150… 優曇華4851さん
It's the blog of my… KENKUMA12さん
あるサラリーマンパ… MAX1969さん
voyageur~永遠のト… シロウト2004さん
タイトルは決まり次第 juno112233さん

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

プロフィール


頭痛サンダー

フリーページ

楽天カード

ランキング市場

おもちゃ・ホビー・ゲーム
1位:Nintendo Switch Joy-Con(L) ネオンブルー/(R) ネオンレッド
1位:Nintendo Switch Joy-Con(L) ネオ…
最終更新日: 2019/07/17

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.