101764 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

椿荘日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Favorite Blog

季節外れの大雪 New! ハナタチバナさん

あの頃 ひよきち0329さん

オンガク大好き! papagenioさん
LYNNのいたずら毎日 かにゃにゃ3626さん
TIME BEAN… かずんこさん

Comments

アバ7988@ Re:29日の日記(12/29) 新年おめでとうございます 良い年となりま…
アバ7988@ Re:29日の日記(12/29) まずは安心!今年最後の最後に嬉しい便り…
アバ7988@ Re:助手のお仕事と、今後の不安(12/01) 覚えていらっしゃいますか?如安です。新…
クレアF@ 伊藤若冲から? やんちゃぶりがお顔に出てますね。^^ …
クレアF@ ねこちゃん おげんきですか? 私も17年猫をかって…

Freepage List

椿姫の間<マリ・デュプレシとは・・・>


マリのギャラリー<日本画その壱>


マリのギャラリー<日本画その弐>


マリのギャラリー<日本画その参>


マリのギャラリー<陶磁器コレクション①>


マリのギャラリー<陶磁器コレクション②>


マリのギャラリー<ガラスコレクション>


永遠の恋人『ショパン』に捧ぐ


マリと『ショパン』


ショパンのパリ、椿姫のパリ①


ショパンのパリ、椿姫のパリ②


ショパンのパリ、椿姫のパリ③


ショパンのパリ、椿姫のパリ④


ショパンのパリ、椿姫のパリ⑤


ショパンのパリ、椿姫のパリ~エピローグ


ショパンを巡る女性達~「初恋の人」


マリの音楽日記


ドライブの音楽は?


雨の日に聞く曲は・・・


バレエごっこ、オペラごっこ。


オペラ話しは尽きず  


聖夜に聞く曲


茅ヶ崎旅行記~マーラー第七交響曲


暴風雨と「椿姫」観劇


休養とマーラー第六番


魔の山(マンとマーラー~作家と作曲家)


魔の山~完結


ベルテイ-ニのマーラー交響曲第六番


アマ・オケコンサート(運命、春の祭典)


美しきコンサートミストレスに捧ぐ


春に聞く曲、春の庭


「椿姫」名盤紹介


オンブラマイフ(慕わしき緑の木陰)


マーラーの第三交響曲


リアガーデン<四季の花々>


マリの「イギリス滞在記」


「RAINING」


「D・I・Y」


「THE PEST HOUSE」


「CHRSTMAS DAY」


画像集


マリの打ち明け話


お仕事とマリ


お酒とマリ


煙草とマリ


お茶事とマリ


お雛様とマリ


美容室とマリ


歯とマリ


特別車両とマリ


箱根とマリ(箱根遠足日記)


ウィーンとマリ(マリのウィーン遊興記)①


ウィーンとマリ(マリのウィーン遊興記)②


アウトドアとマリ①


アウトドアとマリ②


アウトドアとマリ③


犬とマリ


マリと「先生」


アトリエとサンクチュアリ


駅伝と腸捻転


画家の溜息(日本画の深い闇??)


赤提灯で一杯


アトリエのお引越しに思うこと


アトリエのお引越しに思うこと~その顛末


先生の災難


気分は○○?(マリの採集日記)


マリ、お友達のお店で失敗し、師の愛・・


マリ、日本画のモデルを務め、睡魔と闘う


五島美術館探訪記


『狩野探幽展』と上野散策


芍薬とアネモネ(ローマは一日にして?)


先生の失敗(弘法も、筆の・・・?)


「師匠」のマリと、「お弟子」の先生


天は二物を・・?


マリと「夫」


暑さと夫と国民性??


マリと「父」


オンブラマイフ(慕わしき緑の木陰)


スコットランドの釣鐘草


日帰り温泉と祖父と孫


病院の廊下にて思うこと


実家の父母に思うこと


「別れの曲」~その一


マリのブードゥアール


けむり男と落ちてきたお月様


けむり男と落ちてきたお月様~2


けむり男と落ちてきたお月様~3


けむり男と落ちてきたお月様~4


その6


March 4, 2002
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
良いお天気の空を、家の中から見ると憂鬱になるようになりました。
免れたつもり(海沿いに引っ越したので)でいた花粉症に、また今年も捕まってしまったようですね(嘆)。
昨日は、唖然とするくらい大きなマスクをし、帽子を被って外出しました。流石にゴーグル状の眼鏡は勘弁ですけれど、何時ものようにサングラスをすれば、絵に描いたような「怪しい人」の出来あがりです(苦笑)。
見ればそのような出で立ちの人が、ちらほらと駅のホームや、列車の中でみられます。いまや花粉症は5人に一人から、3人に一人という数に迫る勢いだそうで、正しく国民病の感があります。

結局、あまりの寒さと花粉症の症状で「野良仕事」は諦め、家で養生していました。
もともと強いアレルギー体質で、中学時代に発症したアトピー(その頃はまだ「滲出性体質」、という別の名称で呼ばれていました)が高校時代にピークを迎え、その後、体質改善のワクチン治療を10年間続けた結果、今では完治しましたが、今度は花粉症とは、がっかりしてしまいます。
元々、余り丈夫ではありませんし、以前から呼吸器と、今は循環器系も良くないので、健康と言う状態からは遠そうです。
そう、困ったことに子供の頃からの長い期間の投薬のせいか、マリは抗生物質が駄目なのです。1錠くらいは大丈夫なのですが、二日ほど続けて服用すると必ずといっていいほど薬疹で体が真っ赤になってしまいます。
ですから、大怪我や手術が必要な病気にはならないよう、極力気を付けねばなりません。
まあ、憂鬱な病気のお話しは、これまでにしましょう(笑)。

ともあれやはり、良いお天気は嬉しいものです。
今日はアトリエに行く日なので、先生のお宅の側の花屋さんで、花壇のトリミングに使う苗を買う予定です。明日は楽しい「野良仕事」の再開です。

ではそろそろ出掛ける仕度をしましょう。3点セット(マスク、帽子、サングラス)は必携ですね(笑)。

また、帰ったら続きを書きます。

         ・・・・・・・・・・・・・・・

帰って参りました。
早速ですが皆さんにお見せしたいものがあります。

サンゴショウカリフラワー


さて、これ、何だかお分かりでしょうか。
カリフラワーの一種、サンゴショウカリフラワーというそうです。
茅ヶ崎の八百屋さんで見つけました。ご覧になったことがありますか?

私は最初に見つけた時、目が廻りそうになってしまいました(苦笑)。
蛍光グリーンのCG画面を見ているような、全部が2重螺旋で構成されている、奇妙というか、グロテスクといってもいいような姿に圧倒されてしまいました。
その時、先生と一緒に歩いていたのですが、私が大騒ぎ(?!)するので、先生も急いでやってきて、二人で八百屋さんが気を悪くするのではないかというくらいの大声で、興奮しながら暫く観察してしました。

カリフラワーアップ

アップです(笑)。
先生の曰く、「立体曼荼羅、野菜世界のボロブドール」だそうで、思わず納得してしまいました。

色々と品種改良を重ねた上の結果なのでしょうが造化の妙に驚嘆しながらも、食べる野菜としての評価は共に低く、「(気持ちの悪さに)一体誰が食べるの?」と悪態を付きながら一旦アトリエに戻ったのですが、マリも先生もどうしても気になって、とうとう二人で再び八百屋さんの店先に(爆)。

それぞれ一つづつを購入し、早速先生の株を試食してみました。
これが以外に美味しいので、驚きでした。あくが少ないので生食に向いている様です。本当に見掛けによらないのですね。
終には愛着さえ沸いてしまい、今では写真の通り、鉢に納まって、台所に飾られて、息子に恐れられています(笑)






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  March 5, 2002 12:05:02 AM
コメント(9) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.