000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

宮崎県での動物愛護活動記録 その1

2008.02.09
XML

先週から掲載が始まった、

宮崎市のホームページ「犬・猫保護情報」

見られた方も多いと思いますが、1番最初の掲載は、

衣装ケースに入れられて大淀川堤防に捨てられていた8匹の子猫でした。

「会で引き取らないのですか?」

見られた方から、早速メールやお電話がありました。

 

命の期限の8日(金)、

会員さんと市保健所に行き、8匹全部引き出して来ました。

でも本当は、この報告はあまり書きたくありません。

書きたくない、と言うか書かない方がいいのかもしれません。

こうして簡単に犬猫を捨てる心無い人間達に

「無事に引き取られた、あ~良かった」と思われたくないのです。

会も捨て猫の保護で手がいっぱいの4月~12月なら引き取れなかったと思います。

幸い今は子猫のいない2月、無理をすれば保護できる会員さんが3名ほどいました。

 

宮崎県内の保健所で引き取られ、管理所で殺処分される猫の数をご存知ですか?

宮崎県で1年間に殺処分される猫は、約3,700匹、

その内、90%が生まれたばかりの子猫で

殺される為だけにこの世に生を受けた命です。

この8匹は、僅か3,700分の8匹、

今の私達に救える数字は、だったこれだけでしかないのです。

そして、毎年あちこちに捨てられている子猫を考えると

この数倍の命が捨てられ、誰にも看取られることなく息絶えているのです。 

~2007.8.23子猫を捨てた人へ~ 

 

080209 001.jpg080209 005.jpg

生後3~4ヶ月のロシアンブルー系と黒猫、男の子が2匹、

080209 021.jpg

080209 008.jpg080209 015.jpg080209 011.jpg080209 014.jpg

この↓2匹はひどい風邪ひきさんです。

080209 019.jpg

キジ、白キジ、黒猫、白黒の女の子が6匹

 

みんなノミも回虫もいませんので、間違いなく飼い猫の生んだ仔だと思います。

犬や猫などの愛護動物を遺棄した場合は、最大50万円の罰金に処されます。

大きさから2匹のメス猫が産んだ子猫たちでしょう、

たった1度の不妊手術を受ければ、こんな罪深いことをしなくて済むのです。

 

風邪を治して、みんな17日(日)の譲渡会に参加予定です。

心優しい皆様をお待ちしています。どうぞよろしくお願い致します。







Last updated  2008.02.10 01:43:33
[里親募集の犬猫たち] カテゴリの最新記事

PR

Calendar

Category

Archives

2017.09
2017.08
2017.07
2017.06
2017.05

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.