170186 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アトリエ派で行こう!!

PR

Profile


yamaoka-ao

全262件 (262件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 27 >

2012.06.22
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

政府が白熱電球の製造販売を自粛するようにメーカーや

量販店に要請したなどというニュースが流れておりますが。。。

白熱電球の温かかく、柔らかな光を、杓子定規な「省エネ」

なる理屈で絶滅させるのはどうなんでしょう。。。


特に住宅のトイレや洗面所、廊下なんかのように「節電」の

ため、使うときだけ点けて、数分で消してしまうような照明は、

蛍光灯だと明るくなるのに時間がかかりすぎるし、LEDでは

コストも照度も演色もまだまだ白熱電球にはかないません。


世の中には、どこもかしこも天井からのベースライトで、人が

作業する空間も、くつろぐ空間も、通りすぎるだけの空間も、

誰もいない空間も同じ照度を設定してる建物や、部屋の中より

明るいマンションの共用廊下の照明が一晩中、点灯しっぱなし

なんていう状況がごくごく普通に存在しています。


優しく、柔らかい光で、居心地良い空間をつくり、そこに家族が

集まって生活する風景を演出し、無駄な灯りを面倒なく、こまめに

消せる位置に照明のスイッチを計画しよう・・・なんて設計は

ノスタルジーなんでしょうか?


tsukimiyama006

   「月見山の家」2010 

この家はLEDだったりします(汗)






Last updated  2012.06.22 10:49:04
コメント(3) | コメントを書く
2012.05.22
カテゴリ:カテゴリ未分類
2012-05-22 09.13.45.jpg


新建築増刊「菊竹清訓」を涙目で読んでます。


いろんな建築家が追悼の文章を寄せてるのですが

磯崎新の「吉野ヶ里の菊竹さん」というタイトルの

優しさにあふれた鋭いコメントにはヤラレました。


藤森さんのコメントも泣かせます。。。。。


若き天才建築家「菊竹清訓」の作品が抜粋されてるのですが

私たちがお手伝いさせていただいた頃の

歳を重ねてもまだまだ探究心を失わなかった先生の作品が

載ってないのは残念無念。。。。


skb


島根県立美術館1999










Last updated  2012.05.23 07:49:55
コメント(0) | コメントを書く
2012.03.26
カテゴリ:カテゴリ未分類

独立以来、住宅設計に力を入れ

「建築家たるもの住宅を設計するのが本分です」と

言い続けている私なのですが、、、

最近は他の仕事に追われているせいか、

住宅の仕事は少なめ(>_<)

久しぶりの住宅の設計に提案にも力が入ります。。。

sukain-k.jpg

3案作ってプレゼンテーションしました。

気に入ってもらえたようでホッとしています。。。










Last updated  2012.03.26 12:20:08
コメント(0) | コメントを書く
2012.01.12
カテゴリ:カテゴリ未分類

遅ればせながら「メタボリズムの未来都市展」見てきました。

2012-01-11 20.38.29.jpg


メタボリズムとは1960年に東京で開催された世界デザイン会議を

契機に提案された建築の理論で、生物の新陳代謝や増殖、成長を

モチーフに世界に向けて発信されたものです。

我が師、菊竹清訓も中心メンバーの一人でした。


展示の内容はネット上の情報や見てきた人の口コミで

ある程度わかってたのですが、キューレーションが悪い。


丹下健三はともかく、メタボリズムメンバーでもない

磯崎新(重要なキーマンであるとしても)を

各コーナーごとに大きく扱うことの違和感、

提案や実作への解釈の浅さ、作品の選択の拙さ。


戦後の日本が世界に挑戦した迫力や緊張が

まったく伝わってこない。


まさか、森美術館ともあろうものが

八束はじめに丸投げじゃなかろ?


何年か先に、他の美術館で、もっと本質を掘り下げた

企画をしてもらいたいと切に願います。











Last updated  2012.01.12 08:05:02
コメント(0) | コメントを書く
2012.01.06
カテゴリ:カテゴリ未分類

わが師、菊竹清訓先生が逝去されていたことを

昨日Kパーティからの連絡で知りました。

ショックです。。。


日本を代表する建築家、菊竹清訓氏が死去 83歳 

建築運動「メタボリズム」をリード



合掌。。。






Last updated  2012.01.12 07:41:06
コメント(2) | コメントを書く
2011.08.02
カテゴリ:カテゴリ未分類
先日、師匠 遠藤勝勧のお供で、瀬戸内海 大三島の

伊東豊雄建築ミュージアムに行ってまいりました。

おお!いきなり眼下にシルバーハット!!

P1080017.jpg

テンション上がります。。。

おお!何度も資料で見たことあるディテールだ!!

2011-07-29 14.20.23.jpg


素晴らしい景色です。


2011-07-29 14.01.21.jpg


シルバーハットの向こうにスチールハット。。。


P1080034.jpg


う~ん。。。カッコイイ。。。


P1080037.jpg



こちらは少し離れたところにある

「岩田健 母と子のミュージアム」


2011-07-29 15.18.44.jpg


気分のイイ建築です。。。

気分のイイ天気です。。。




で、その隣にある廃校跡を利用した宿泊施設

んんん???

現代建築は、この心地良さに負けていないか??


P1080079.jpg





。。。














Last updated  2011.08.02 15:16:47
コメント(1) | コメントを書く
2011.07.21
カテゴリ:カテゴリ未分類

ついに・・・というか、

なんでやねん・・・というか

関西地方にも節電の波がやってまいりました。


もうちょっと、うまいやり方があったやろうと

場当たり的な政府の対応に憤っていますが、

政治家に期待するほうが空しい。


節電、省エネは基本的には良いことです。


ただ、製造業やサービス業などの産業への

節電を当たり前に要請していることについては

いったい何を考えてるのかと。。。


いろいろ無駄を省いて、多少のことは我慢して

埋蔵電力があるなら、さっさと対応して

そこは最後まで残さないとダメやろう。。。


イライラしてないで、仕事しよう。。。











Last updated  2011.07.21 09:48:58
コメント(1) | コメントを書く
2011.07.17
カテゴリ:カテゴリ未分類

3月の地震と津波による甚大な被害に茫然と

しているうちに早くも4ヶ月がたってしまった。

収束の気配もなかなか見えない福島の原発事故と

農産物、畜産物、海産物への深刻な被害、

日本中の原発への信頼の喪失は、これからの

日本の社会全体に暗い影を落としています。


建築家として何かできることを…と

ずっと考えているのですが、

やはり太陽光発電ではないかと。。。


太陽光発電には以前から傾倒しており、

それなりに調べて、勉強もしてきましたが、

スケッチ 20050409 陽光の家2.jpg

「陽光の家2005」


昨今、問題になってるようにコストの問題で

なかなかうまくいかなかったのですが

今なら、何かが起こりそうに思います。


書いていて心が定まってきました。

よしっ!太陽光発電だっ!!!












Last updated  2012.03.28 09:19:51
コメント(0) | コメントを書く
2011.07.13
カテゴリ:カテゴリ未分類

先日来、iPadを使い始めたわけなんですけど

便利さに驚く半面、

煩雑さに音をあげたりしてるさなか。。。


愛用していた携帯電話が故障。。。

これを機にスマートフォンに移行

と考えたのですが・・・


Xperia なのかGALAXYなのか、

はたまたiPhoneなのか散々迷った挙句・・・

なぜかおすすめが多かったGALAXY S 2

P1080002.jpg


まだうまく使いこなせない。

電話がでかすぎて使いにくい。。

なんかカバンが重たい。。。


















Last updated  2011.07.13 11:15:05
コメント(0) | コメントを書く
2011.07.04
カテゴリ:カテゴリ未分類

松本とかなんとかいう復興大臣ですか?

なんですか?あの人??

普段は全く政治に興味ない私ですが

今晩は腹がたって眠れません。

復興予算を自分のお金だと勘違いしてる。

官僚なんかよりずっとたちが悪い。

あんまり腹がたつので

久々にきっこのブログでも見て見ます。。。








Last updated  2011.07.05 00:10:44
コメント(2) | コメントを書く

全262件 (262件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 27 >

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

julian@ llQOoDwmOHvDPUHEVP 8m103N <small> <a href="http://www.FyL…
julian@ ebgHjZKgoczN Ro2F0j <small> <a href="http://www.FyL…
sammy@ ozMbDUxDEHkAaXAbn 7Zes6W <small> <a href="http://www.QS3…
sammy@ CneQqASeftfeVwAju EqFE7V <small> <a href="http://www.QS3…
sammy@ QfZOCukpAGx DNPWYc <small> <a href="http://www.QS3…

Freepage List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.