1279755 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

バリュー投資に騙されるな!

PR

Favorite Blog

2020PF概況390位、… New! みきまるファンドさん

Comments

 MEANING@ Re[1]:バブルの中で君は何を想う?(05/13) kametokiさんへ コロナの影響が大きいの…
 kametoki@ Re:バブルの中で君は何を想う?(05/13) ダブルインバースを買っているのは、日経…
 MEANING@ Re[1]:バブルの中で君は何を想う?(05/13) かぶ100万さんへ 非常に驚かれると思…

Archives

Free Space

楽天以外のお気に入りブログ

PRENOM's Stock Investment
中長期投資の練習記録
バフェット太郎の秘密のポートフォリオ
ピッフィーの株式投資☆Diary
あらなみの里


いつか本を出版したいという夢があります。
もし出版しても良いという出版社の方がいらっしゃいましたら、ご連絡下さい。
meaning756@hotmail.com



たまにyoutube動画配信もやってます。
動画一覧ページはこちら
2009.05.17
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
僕は、金融市場の膨張は、日本とアメリカがイカサマレースをしているからだとむぎゅ。で述べてきました。つまり、膨大な貿易赤字を叩き出して消費を続けるアメリカ経済を、実体経済の裏付けがある日本が支えている。日本の低金利が円キャリートレードと言う形で、アメリカ経済に資金を流入するシステムを形成していた、と。
日本の信用力を安売りし、アメリカ経済の発展を支える。つまり、日本の技術力や労働力を安売りし、アメリカの発行するドルを買い支える事によって、ドルの信用力を底上げし、その事が世界経済を安定させている。損失を蒙っているのは日本の労働者。恩恵を蒙っているのは世界金融市場。巨額の財政出動は、実体経済の弱いアメリカ経済の発展を支え、間接的に多くのアメリカ国債を保有している日本にも少なからず利潤をもたらす。確かにそう思っていました。
アメリカ経済が崩壊し、その事が日本経済に甚大な悪影響をもたらしている現在でも、一方ではそれは正しい見方であったと思っています。日本はアメリカと一蓮托生。アメリカが世界の支配国であり、アメリカドルが世界の基軸通貨であり続けるからこそ、日本の世界に対する影響力も一定水準を維持しており、その事が日本国の信用を安売りしている以上の効果をもたらす。実に分かり易い構図です。
しかし、アメリカが実際には短期金利を上げる事でバブルを防止しようと躍起になっていたという背景が明るみになるにつれ、少し、考えを改めなければならないと感じ始めています。世界不況をもたらした原因の一つが、紛れもない僕たち日本にある。そういう視点で今までの経過を眺めると、違った世界が見えてきます。
日本人は勤勉です。金融工学に疎く、実体経済に強い。技術力に裏打ちされた名目成長率は、膨大なバブル崩壊の後処理を続けながらも全体的に見るとプラス成長でした。悲しいかな、マネーサプライを増やした結果、国内には資本は流通せず、アメリカはじめとする海外に素通りされていました。その一翼を担っていたのは、紛れもなく僕たち日本人です。リスクをとる事を極端に恐れた結果、リスクを果敢にとる外国人が鞘を抜いただけの話です。しかも、円キャリートレードが盛んに行われている間、僕たちは輸出企業がバブルで潤っていると言う認識が欠如していた。世界中に散らばった日本資本が逆流している今、国内産業が潤うどころか輸出企業と共に内需関連まで不況のあおりを受けている始末。本当に情けない。何とかしなければ、と苦虫を噛み潰している毎日が続いています。巷には本当に買いたくて買いたくて仕方がない企業ばかりなのに、資金がないので指を咥えて、ただ見ているしかない。本当に歯痒くて死にたくなります。

僕は既に破産して殆ど財産がなくなったゴミみたいな投資家だけど、10年後、或いは20年後に必ず復活してみせる。だから愛すべきむぎゅ。の読者様。一緒に頑張りましょう。いつか日本が金融立国として復活する日を夢見て…。






Last updated  2009.05.17 22:25:21
コメント(3) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.