826486 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

バリュー投資に騙されるな!

PR

Favorite Blog

凄腕バリュー投資家… New! みきまるファンドさん

心の癖を知る 偏屈たぬきさん

Comments

 MEANING@ Re:これはいいエントリーやんか(11/02) New! テカルトさんへ このシリーズでは今まで …
 テカルト@ これはいいエントリーやんか New! すべての指標はバランス 1つだけの指標…
 MEANING@ Re[1]:常識を疑おうシリーズ 基礎編『ROE』(11/02) 株馬鹿さんへ アイエーは僕も腐れ縁とい…

Archives

Free Space

2017.04.18
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
今後も持続する低ROE銘柄を低いPER(当然PBRが低い事が多い)で買うのと、今後も持続する高ROE銘柄を中くらいのPER(当然PBRが低くないことが多い)で買うのとでは、天と地ほどもお買い得の度合いが違う。
モチロン、後者の方がお買い得だ。ROEが何かを理解をしている投資家なら瞬時に分かる。長期的な視点から見るのであれば、今後も持続する高ROE銘柄であればPERなんて高くても構わない。長期投資家にとってPERの重要性は中期投資家よりも低い。

これを理解できない投資家がいる。中にはバリュー投資家を自称している人もいる。統計データを持ち出してROEが高いことよりもPBRが低いことの方が重要だ、と言う。思考回路が薄っぺらい。馬鹿馬鹿しいので相手にするべきではない。相手にすると馬鹿が移る。いや、ホント。大げさでもなんでもなく。株式投資に限らず、浅い思考回路を作るとクセが付いてなかなか抜け出せなくなる。そのうち年齢を重ねるとともに頭が固くなる。年を取った投資家は余程のことがない限り自分の考えから抜け出せない。余程の事とは何だろう。株式投資において、その「余程のこと」の多くは、自分のポートフォリオが大きな損失を被った時だ。株式投資の深いところまで理解をしていないと、結果に至るまでの経緯が分からない。儲かった損したというのは結果論だというのがどうしても分からない。そして上昇相場でぬるま湯に浸かり同じ間違いを繰り返す。

閑話休題。
話をややこしくしているのは、今後も持続する高ROEというのは希少で、今現在高ROEであったとしても今後も高ROEであるとは限らない、ということだ。
さらに、逆に現在低ROEであったとしても今後も持続して低ROEであるとも限らないROE水準の変化は株価の劇的な変化をもたらすので、今現在高ROEの銘柄を買う投資手法にはリスクが付きまとう。
ROE水準に変化がなくてもリスクはある。上昇相場では業績予想に変化がない限り高ROE銘柄が暴落することは少ないが、下落相場では悲惨だ。上方修正しても材料出尽くしで暴落することも珍しくない。投資家の期待する業績以上を出さなければ失望されてしまう。そんなリスクがPERの低くない高ROE銘柄には常に付きまとう。

その事が分かっているから、ROEを重要視する投資家であっても余程自信がなければPERの低くない高ROE銘柄への投資を避ける。


この思考の流れを理解することは重要です。
暴落時に逆張り投資を行う時には必須の思考回路と言えます。






Last updated  2017.04.18 15:01:13
コメント(3) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.