000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

芽吹いぶきのストーリーブログ

PR

X

プロフィール


芽吹いぶき

カレンダー

バックナンバー

2021.09
2021.08
2021.07
2021.06

カテゴリ

カテゴリ未分類

(0)

キャッチストーリ―

(4)

登場人物紹介

(1)

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.06.20
XML
テーマ:★お菓子★(2462)
登場人物

・若林草夫(♂)

高校二年生。青春のど真ん中。
同級生の奥沢が気になっている。

・池尻冨貴男(♂)
高校二年生。若林の親友。
格言っぽいことを言うのが好き。


場面:ファミレス

────
───────────

ある晴れた土曜日。
真っ昼間のファミレスは賑わっていた。
そこにいたのは子連れの家族やカップル、勉学に勤しむおひとり様。
そしてもちろん僕らみたいな……

「奥沢さんと来週の土曜日、遊びに行くことになったんだ……!」

居座る二人の男子学生。
僕──若林草夫と親友──
池尻冨貴男はドリンクバーだけを頼み、
机越しに向かい合っていた。
重大報告を告げた僕に、池尻は「……クッチャクッチャ」と何かを食べながら
窓の外を眺めていた。

「……えー、ほら、前から気になってるって言ってた奥沢さん! あの子と出かけるんだよ!」
「……クッチャクッチャ」
「…………」
「…………クッチャクッチャ」

もう一度言ってみるも、依然として窓を見ながら、くちゃくちゃと口を言わせる池尻。
え、何、凄いどうでも良さそうな反応……。
でも、めげずに僕は話しかける。

「それでさ、どこに遊びに行こうかなって」
「…………クッチャクッチャ」

「水族館とかもいいと思うし──」
「…………クッチャクッチャ」

「この前リニューアルした動物園にも──」
「…………クッチャクッチャ」

「──ってさっきから何を食べるんだよ!?」
「…………」

いい加減ムッときた僕は池尻に問いかけた。
すると、彼は静かに口を開けた。

「──え!? 何も食べていない!?」
「いや、違うな──」
「……!?」

突如、僕の口に何かが放り込まれた。

口で暴れまわる甘味。
じゅわっと溶け出すジューシーな味わい。
果実にかぶりついているかの錯覚を起こすこれは……!

そして、池尻は突き出すように何かを見せつけて言ったのだった。

「……こいつを食べて考えていた。お前にできる最高のアドバイスをな……!!」
「池尻……!!」

僕はファミレスで親友の名を叫んでいた。

こいつと親友で良かった──


その友情は溶けてなくならない
『森永 ハイチュウ』


森永 ハイチュウ ミニ プチパック(9袋入*2セット)【ハイチュウ】



父の日 送料無料 メール便 同梱不可 森永製菓 ハイチュウ 夕張メロン味 5本×2個セット 北海道 地域限定 メロン果汁 お土産 手土産 贈り物 ギフト



ハイチュウ 約100入{子供会 景品 お祭り 縁日 駄菓子 問屋}






最終更新日  2021.06.20 09:38:51
コメント(0) | コメントを書く
[キャッチストーリ―] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.