000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

芽吹いぶきのストーリーブログ

PR

X

全4件 (4件中 1-4件目)

1

キャッチストーリ―

2021.06.20
XML
テーマ:★お菓子★(2462)
登場人物

・若林草夫(♂)

高校二年生。青春のど真ん中。
同級生の奥沢が気になっている。

・池尻冨貴男(♂)
高校二年生。若林の親友。
格言っぽいことを言うのが好き。


場面:ファミレス

────
───────────

ある晴れた土曜日。
真っ昼間のファミレスは賑わっていた。
そこにいたのは子連れの家族やカップル、勉学に勤しむおひとり様。
そしてもちろん僕らみたいな……

「奥沢さんと来週の土曜日、遊びに行くことになったんだ……!」

居座る二人の男子学生。
僕──若林草夫と親友──
池尻冨貴男はドリンクバーだけを頼み、
机越しに向かい合っていた。
重大報告を告げた僕に、池尻は「……クッチャクッチャ」と何かを食べながら
窓の外を眺めていた。

「……えー、ほら、前から気になってるって言ってた奥沢さん! あの子と出かけるんだよ!」
「……クッチャクッチャ」
「…………」
「…………クッチャクッチャ」

もう一度言ってみるも、依然として窓を見ながら、くちゃくちゃと口を言わせる池尻。
え、何、凄いどうでも良さそうな反応……。
でも、めげずに僕は話しかける。

「それでさ、どこに遊びに行こうかなって」
「…………クッチャクッチャ」

「水族館とかもいいと思うし──」
「…………クッチャクッチャ」

「この前リニューアルした動物園にも──」
「…………クッチャクッチャ」

「──ってさっきから何を食べるんだよ!?」
「…………」

いい加減ムッときた僕は池尻に問いかけた。
すると、彼は静かに口を開けた。

「──え!? 何も食べていない!?」
「いや、違うな──」
「……!?」

突如、僕の口に何かが放り込まれた。

口で暴れまわる甘味。
じゅわっと溶け出すジューシーな味わい。
果実にかぶりついているかの錯覚を起こすこれは……!

そして、池尻は突き出すように何かを見せつけて言ったのだった。

「……こいつを食べて考えていた。お前にできる最高のアドバイスをな……!!」
「池尻……!!」

僕はファミレスで親友の名を叫んでいた。

こいつと親友で良かった──


その友情は溶けてなくならない
『森永 ハイチュウ』


森永 ハイチュウ ミニ プチパック(9袋入*2セット)【ハイチュウ】



父の日 送料無料 メール便 同梱不可 森永製菓 ハイチュウ 夕張メロン味 5本×2個セット 北海道 地域限定 メロン果汁 お土産 手土産 贈り物 ギフト



ハイチュウ 約100入{子供会 景品 お祭り 縁日 駄菓子 問屋}






最終更新日  2021.06.20 09:38:51
コメント(0) | コメントを書く


2021.06.14
テーマ:★お菓子★(2462)
登場人物

・若林草夫(♂)

高校二年生。青春のど真ん中。
同級生の奥沢が気になっている。

・池尻冨貴男(♂)
高校二年生。若林の親友。
格言っぽいことを言うのが好き。


場面:野原

───
────────────

僕こと若林草夫は、親友の池尻冨貴男といた。

僕は親友である彼に
「なあ、池尻どう思う!? 止まらない少子高齢化、それに伴う国民への税の負担、不景気によって悪化する雇用問題、拡がる貧富の差、地震や噴火が迫る恐怖……!」
日本の社会問題について熱く語っていた。

一方で池尻は──

「…………モキュモキュ」

何かを食べながら、ニラみたいなネギみたいなよく分からない草の上で寝転んでいた。
まるで自室にいるかのようなくつろぎ様。

「問題なのは、この国だけじゃない。世界にはさらなる貧困の問題や軍事的な策略が──
「…………モキュモキュ」
「サイバーテロ、スパイ問題──」
「…………モキュモキュ」
「世界情勢の変化──って聞いてる!?」

池尻のスルーっぷりに腹が立つような悲しいような、複雑な気持ちになる。
いや、一人で語る僕も僕なんだけどさ……。

「まあ、いいや、池尻、僕帰るね……」

そう告げて帰ろうとした時だった。

「…………ホゴッ!?」

口の中に、何かが投げ込まれた。

この甘さは……!
このモキュモキュとした触感……!
そして、口いっぱいに主張するこの果汁感は……!

衝撃のあまり固まる僕に、
池尻は静かに言ったのだった。


「固いだけじゃいけねぇな……時には柔軟さも必要だぜ」

「い、池尻ぃぃぃぃぃぃ……!」

放課後。野原の一角で。
僕は興奮のあまり、親友の名を叫んでいた。


きっと果汁が教えてくれる
『マンナンライフ 蒟蒻畑』



マンナンライフ 蒟蒻畑 ぶどう味 25g×12


蒟蒻畑 塩スイカ味(25g*12個入*12袋)【蒟蒻畑】


マンナンライフ 蒟蒻畑 5種 レモン味・温州みかん味・ぶどう味・白桃味・りんご味(25g×12個) 合計5袋





















最終更新日  2021.06.14 23:06:00
コメント(0) | コメントを書く
2021.06.13
登場人物

・喜多見 民男(♂)
暇を持て余した大学生。
趣味はナンパ。人生という大海原でも難波中。


場所:河原

──
───────────

俺──喜多見民男は、川の近くで佇んでいた。
目に映るは、悠々と流れる水。
だが、意識はそこに向いておらず、脳裏ではほんの数時間前の記憶が蘇っていた。

『おねーさん、いい桃尻してるね──ブフォ!?』

赤く腫れた左頬を優しくさする。
本日もナンパ失敗。

……時々、冷静になる時がある。
こんなことしていていいのかと。
自分は一体何をしているのかと。

大きくため息をついて、一人悩んでいると。

──川から仙人が現れた。

ただの仙人ではない。尻が丸出しの仙人だった。

目を見開いて驚く俺をよそに、仙人は話しかけてきた。

「あなたが失くしたのは金の桃ですか?それとも銀の桃ですか?」

「いや、俺が失くしたのは美女の桃尻です……」

正直に答える俺。
そんな俺を見つめて、ふむふむと仙人は納得すると。

「そうか、お主が失くしたものは──」

尻から何かを取り出し、手渡してきた。


──帰宅後。
俺はお風呂に入っていた。
もうもうと立ち上がる湯気。
そいつに包まれながら、俺はぽつりと言ったのだった。

「俺が失っていたのは、俺自身か──」


1錠で心の凝りも溶けだした──
「温泡 入浴剤 炭酸湯 こだわり桃」


​​
温泡 入浴剤 炭酸湯 こだわり桃(45g*20錠)【温泡】




【企画品】温泡 炭酸バブルで発泡入浴 炭酸湯 5種セット(20錠*5コ入)【温泡】[入浴剤]






最終更新日  2021.06.13 21:03:08
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:★お菓子★(2462)
登場人物

・若林草夫(♂)

高校二年生。青春のど真ん中。
同級生の奥沢が気になっている。

・奥沢恵梨香(♀)
高校二年生。若林の同級生。

場所:校舎

──
───────────

夕暮れ時。グラウンドから聞こえてくる声。
開け放った窓の外を見遣ると、やはり運動部が汗水を流していた。

僕こと──若林草夫は、ぼーっとそれを眺めていた。

放課後に何をしているかって?
親友が用事を終えるの待っているのである。
暇つぶしにお菓子を食べながら。
もちろん誰かにバレないように、窓際の席で白いカーテンに隠れるように、だ。
あぁ……早く戻って来ないかなぁ……。
​​
「若林君、何してるの?

柔らかな声。
と同時に、不意に風が吹き込んできた。
ふわっと巻き上がるカーテン。
目の前の誰かの姿が露わになった。

「奥沢さん……」

その子の名前を呟く。
彼女の名前は、
奥沢恵梨香さん。
僕のクラスメイト。
可愛くて、性格もとても良い子。
僕にとっては高嶺の花で、会話をしたこともほとんどない。
そんな彼女がどうして僕に話しかけてきたのだろう。

「何してるのー?」
「な、な、何もどうもしてないよ……!」

純粋無垢なキュートなお顔が近づいてきて、座りながら少しのけ反る。
挙動不審な僕。

「あ、もしかして──」
「……!?」

またもや不意に白い指が僕の顔に伸びてきた。
口元に少し触れると、彼女は指でそれを確かめて。

「あ、やっぱり! 私もこれ好きなんだ──」

夕暮れ時。
視界が橙色に染まる頃。
僕の顔が赤かったのもきっと西日のせいに違いない。


食べていたお菓子が会話のきっかけになるなんて──


幸せは無数の粒でできている
『ハッピーターン』


二次会 景品 亀田製菓ハッピーターン ビッグボックス 景品 目録 ビンゴ景品 ビンゴ 結婚式 二次会 2次会 ゴルフ ゴルフコンペ ギフト


お菓子 亀田製菓 ハッピーターン超BIGパック ハッピーターン 駄菓子 だがし 亀田 超ビック ギフト 二次会 景品 ビッグ プレゼント 販促品 販促 お祭り問屋








最終更新日  2021.06.13 21:04:06
コメント(0) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


© Rakuten Group, Inc.