1548918 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

アロマ大好き

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ミッチー3844

フリーページ

症状別アロマセラピー&ハーブ


口唇ヘルペス&陰部へルペス


捻挫


慢性疲労症候群


眼精疲労&ドライアイ



脱毛


萎縮性膣炎(老人性膣炎)


尿失禁


耳鳴り


肩こり


生理不順


膀胱炎


火傷


禁煙


低血圧


時差ぼけ


不眠症


めまい


風邪とインフルエンザ


腱鞘炎


老人性乾皮症


月経困難症


二日酔い


アトピー性皮膚炎


頭痛


頭皮のかゆみ


尿路結石


PMS(月経前症候群)


多汗症


代替医療が必要だと思う理由


マッサージの効果


妊娠中のマイナートラブルとアロマセラピー


つわり


頭痛


おりものが多い


こむらがえり


便秘


下痢


胸やけ


不眠


鼻血


胎動がありません


下腹部痛


痔核


尿失禁、頻尿、排尿障害


静脈瘤


手根管症候群


喘息


浮腫


風邪とインフルエンザ


妊娠中毒症


会陰の柔軟化


花粉症


授乳を促すハーブ


妊娠線


妊娠と麻酔


婦人科疾患


子宮癌


細菌性膣炎


膣炎


各種問診票


物忘れ検診問診票


尿失禁問診票


マタニティブルーズ自己質問票


エジンバラ産後うつ病問診票


アルコール依存症の診断ガイドライン


簡略更年期指数


うつ状態の質問票


月経前気分不良障害の診断基準と問診票


パニック障害


男性更年期障害


「男性更年期障害」診断の目安


心の健康チェック


COPD早期診断チェックシート


ストレス強度の表


ベックのうつ評価尺度


モルツビーの5つの質問表


ハーブ


妊娠中の生活


葉酸


貧血


アルコール


たばこ


妊娠と薬


産み分け


妊娠とスポーツ


先天性風疹症候群


歯科検診を受けましょう


生物時計のはなし


周産期委員会による栄養指導方針


妊娠中の超音波検査


妊娠週数と予定日の決め方


放射線被爆と先天異常


母性健康管理指導事項連絡カード


胎児の大きさ


産後ダイエット


人工妊娠中絶術


妊娠と甲状腺ホルモン


妊娠中の食生活


妊娠中ですが、車で帰省してもいいですか?


妊娠とおたふくぜ


VBAC


低線量放射線の温泉にはいてもいいですか


乳房の手入れ


カフェイン


腹帯


妊娠初期にパーマをかけてはいけませんか?


トキソプラズマ症


ペットと妊娠


妊婦ダイエット子は肥満


妊娠リスクの自己評価


黄体嚢胞


出産後のメンタルヘルス


サプリメント


栄養機能食品


特定保健用食品


核酸


スピルリナ


母性看護【1】母性保健について


母性看護【2】正常妊娠


母性看護3


STD


指圧


肺経【LU】


大腸経【LI】


胃経【ST】


脾経【SP】


心経【HT】


小腸経【SI】


膀胱経【BL】


腎経【KI】


心包経【PC】


三焦経【TE】


胆経【GB】


肝経【LR】


督脈【GV】


任脈【CV】


妊娠中の指圧


指圧点


育児


乳幼児のテレビ・ビデオ長時間視聴は危険


ポリオワクチンについて


生活習慣をみにつけてかしこく育てよう


受動喫煙で成績低下


予防接種


おしゃぶり


ゆさぶられっ子症候群


離乳食


母乳


夜尿症


日焼け


生物時計(体内時計)


虫除け


虫歯の予防


新生児無呼吸発作


フォローアップミルク


臍ヘルニア(でべそ)


鼠頚ヘルニア(脱腸)


包茎


おちんちんが小さい


股関節開排制限


停留睾丸


BCG接種のあとが赤くなります


授乳中の薬


超低出生体重児


聴覚発達チェック


原始反射


先天性胆道閉鎖賞


インフルエンザ


乳がん


ピル


月経について


胎教についての論文


鍼療法は疼痛緩和に有効か


過活動膀胱に鍼治療が緩和する可能性


瞑想


骨粗しょう症


携帯で子育てママを応援しています


退院後の心構え


マタニティブルーに注意


お母さんが気になること


父親への10の教え


出産後のメンタルヘルス


2ヶ月のミラクル


首がすわる(3ヶ月)


4ヶ月になりました


離乳食


6ヶ月


7ヶ月


8ヶ月


9ヶ月


10ヶ月


11ヶ月


お誕生日がやってきました


ほどよいママになりましょう


感情移入にプラセボ効果


携帯でプレママ応援しています


妊娠6週


妊娠7週


妊娠8週


妊娠9週


妊娠10週


妊娠12週


妊娠16週


妊娠20週


妊娠24週


妊娠28週


妊娠32週


妊娠36週


妊娠40週


お母さんの体は環境そのもの


不妊症


ピル


ガイドライン


リンク集


日本産婦人科学会


戌の日カレンダー


Blog=Headline


Harb Garden Shop


I love baby


おすすめリンク集


花粉症の重症度


性格のタイプと病気


KAF顧問の先生がた


お気に入りブログ

運動による神経細胞… 抗加齢実践家てるさん

たかが楽天~「あっ… bmjapanさん
男の育児 頑張れサ… FAIR CHILDさん
ゆんたま Spiritual … ゆんたまゆんさん
食いしん坊新米ママ… かおちゃんでさん

コメント新着

マイコ3703@ Blogを拝見させて頂きました(*^^*) 最近読んだブログで1番気にかかってしま…
フルラ 財布@ tturziythq@gmail.com こんにちは、またブログ覗かせていただき…
めぐみ@ 大門医院では出産の際、お世話になりました いつもMixiからブログ拝見させて頂いてお…
ひろみ@ 講師やっています こんにちは。 介護の現場で10年近く働い…

全790件 (790件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 79 >

2018年05月11日
XML
カテゴリ:アロマセラピー
いよいよ近づいてきました。
5月20日関西アロマセラピストフォーラム(KAF)の総会を行います。

■日時 5月20日(日)11:00~16:10

■会場 宝塚市男女共同参画センター・エル (阪急宝塚駅直結)

■午前の部 11:00~10:20 KAF会員総会

      11:30~12:45 アロマセラピストの交流会(ランチョン交流会)

■午後の部 13:15~14:15 大門美智子先生講演

             「女性のライフサイクルとメンタルヘルス」

      14:30~16:00 ハンドマッサージミニ講習会

      16:10 閉会
詳細は​こちら→​第11回KAF総会
KAFHPは→​こちら


まだまだ参加者はすくないようです。
お時間、興味のある方はぜひともご参加ください。







最終更新日  2018年05月11日 18時15分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年08月30日
カテゴリ:カテゴリ未分類
産前参議支援事業をしています。
どのような活動が望まれているのか、考えていかなくてはなりません。
今一度厚生労働省のモデル事業を見てみる。

産前産後サポート事業事例集(厚生労働省)

今日救急の講座をしています。
人気が高い講座になりました。






最終更新日  2017年08月30日 18時23分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年08月25日
カテゴリ:カテゴリ未分類
親和学園の創立130週年にあわせて神戸三宮さんちかホールでイベントがあります。
130週年にあわせて、卒業生それぞれの道として130名の卒業生が紹介されます。
自薦はだめで、他薦のみ受付と聞きました。
どなたが推薦してくださったのか、名前が出るらしいです。
親和の卒業生の方、ぜひみにいらしてくださいね。






最終更新日  2017年08月25日 18時38分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年08月24日
カテゴリ:カテゴリ未分類
長らくほったらかしていたのですが、便利なので再利用しようと思いました。

さて今年の日本アロマセラピー学会は10月28日~29日に開催されます。

第20回学術総会 クリニカルアロマセラピーの新時代 Eating or Massage?

大阪国際交流会館であります。

 実行委員としてお手伝いしています。






最終更新日  2017年08月24日 19時09分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年08月14日
カテゴリ:カテゴリ未分類
どんな女性もかかる可能性がある病気です(Any woman can get BV.とCDCのHPより)
・時には自覚症状がありません
・セックスの既往がなくてなかかることがあります
・STDにかかりやすくなる可能性があり、妊娠中には早産の原因になることがある。

CDCのFact Sheet

 
アンドルーワイル博士のHP を見ると、代替療法が書いてあります。

・食事の注意・・・砂糖を控えて、生のニンニクを使う
・サプリメント・・・ティトリーオイルの座薬か潅水器(ビデのようなもののことかな?)
         
膣内には腸内と同様に細菌叢があって、乳酸菌が膣の自浄作用を担っています。
膣内の細菌叢が乱れてバランスが崩れると、細菌や真菌、トリコモナスなどがはびこります。

BVが治ったら、よい膣内の細菌叢を保つために、アンドルーワイル博士は
プロバイティクスを内服することを勧めています。

Lactobacillus GG or Bacillus coagulans (BC-30)がおすすめです。

膣の衛生
・長風呂をひかえる
・シャワーのときには外陰部をキレに洗浄しよく拭いて乾燥させること
・使用する石鹸は香料入りや抗菌作用のあるものは使わない
・膣組織に刺激になるタンポンやパットは使わない
・トイレの後は前から後ろに拭くこと
・正常な膣内細菌叢を守るために不要な洗浄(規則的)はしない
・STDを防ぐためにコンドームを使用すること
・下着は綿のものを使用して外陰部が湿らないように注意












最終更新日  2013年08月14日 17時40分14秒
コメント(1) | コメントを書く
2013年06月19日
カテゴリ:カテゴリ未分類
ためしてガッテンで見ました。

家庭でほうじ茶作り


早速作ってみました。

いい匂い~

おいしかったです。






最終更新日  2013年06月19日 22時25分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年06月02日
カテゴリ:健康食品
親戚の者がプラセンタのサプリメントを飲んでいるときき調べてみる。

医療用に使えるプラセンタは

ラエンネック

     と

メルスモン

それぞれの会社に化粧品や健康食品がある。

生物由来製品であるために、注射を受けるには、同意書を書く必要があり、
注射する医療機関は<患者への説明>と<記録の保存>が義務付けられている。


【ラエンネック】
適応病名;慢性肝疾患
添付文章

【メルスモン】
適応病名:更年期障害 乳汁分泌不全
添付情報

紫河車(しかしゃ)という医療用の漢方薬はないが、JPS製薬の第2類医薬品としてプラセンタ製剤ユースP糖衣錠という薬がある。

混元丹
加賀藩(石川県)で、秘薬「混元丹」として発売された
現在でも金沢の中屋彦十郎薬局で販売されている

混元丹飴の由緒が記載されており、興味深い
・真夏の出兵に備えて、医師数人とともに漢方薬を携帯したこと
・人参は当然のことながら、混元丹、万病円、烏犀円、紫雪なども持参するように命じている
昔は有事において中屋家で製造された

現在は人のプラセンタではなく豚の胎盤が使われている










最終更新日  2013年06月02日 15時18分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年05月12日
カテゴリ:カテゴリ未分類
同じ商品が楽天市場にもありました。







最終更新日  2013年05月12日 16時13分38秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
最近話題のプロバイオティックス。

ヤクルト研究所の辞書によると、読んで字のごとく、アンティバイオティクスに反する言葉です。
プロバイオティクスとは

probiosis(ともに生きる)が語源だと。

平たく言えば、乳酸菌のなかの善玉菌と考えていいのかしら。

ヤクルト中央研究所では論文を見ることもできました。

論文を眺めてみても、膣炎とプロバイオティクスはみつからない。

姪が歯科医師をしている、彼女が歯周病に効果があるとプロバイオティクスのトローチを持っていたのでその会社のHPをのぞいてみた。

そこには女性の健康のページがあった。

プロバイオティック菌株(ラクトバチルス・rhamnosus GR-1菌とラクトバチルス・ロイテリRC-14菌)、両株ともに健康な女性から分離株として採取されたと書いてあります。

細菌性膣炎は、ある種の乳酸菌を経口摂取もしくは膣内投与することで予防的役割を果たせることを示唆する研究結果がいくつもあります。

じゃあ、これって効くのかなあ・・・・

繰り返す膣炎に悩む方は大勢いますから

この会社に問い合わせて論文を貰おうかなあと思います。

下痢や便秘、下痢便秘交代症にはビオスリー配合錠という薬があります。

会社は東亜薬品工業株式会社













最終更新日  2013年05月12日 22時47分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年03月08日
カテゴリ:カテゴリ未分類
ペスト患者を診察するときの医師の服装

見習い魔女さんのサイトに写真が有りました。

ベルギーの元施療院だった博物館で見たそうです。

ペストについて展示されているスペースに、異様な風体の人形が飾られていました。
重そうな真っ黒なマントに黒い帽子。鼻がビックバードのように長く垂れ下がった仮面。
最初は、お祭りの時に病魔を演じる方が着るのかと思ったのですが、
それが、お医者さんがペスト患者を診る時に着たもので、
長く垂れ下がった鼻の部分には、薬草?のようなものを詰めていたとのことです。

と記述されています。

ダニエル・デフォーのペストを読んでも多くの医師がなくなっています。
また医師たちが如何に戦ったか、隔離病院にはいかに大勢の良い医師がいたか
書かれています。

一方で残念なことに効きもしない薬を予防薬だと高い値段で売りつけた悪徳医師も
いたようです。

診察は命かけ、ですがペストの書籍では医者の診察の服装は書かれていませんでした。


ペスト















最終更新日  2013年03月09日 01時45分08秒
コメント(0) | コメントを書く

全790件 (790件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 79 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.