1456078 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

アロマ大好き

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

フリーページ

症状別アロマセラピー&ハーブ


口唇ヘルペス&陰部へルペス


捻挫


慢性疲労症候群


眼精疲労&ドライアイ



脱毛


萎縮性膣炎(老人性膣炎)


尿失禁


耳鳴り


肩こり


生理不順


膀胱炎


火傷


禁煙


低血圧


時差ぼけ


不眠症


めまい


風邪とインフルエンザ


腱鞘炎


老人性乾皮症


月経困難症


二日酔い


アトピー性皮膚炎


頭痛


頭皮のかゆみ


尿路結石


PMS(月経前症候群)


多汗症


代替医療が必要だと思う理由


マッサージの効果


妊娠中のマイナートラブルとアロマセラピー


つわり


頭痛


おりものが多い


こむらがえり


便秘


下痢


胸やけ


不眠


鼻血


胎動がありません


下腹部痛


痔核


尿失禁、頻尿、排尿障害


静脈瘤


手根管症候群


喘息


浮腫


風邪とインフルエンザ


妊娠中毒症


会陰の柔軟化


花粉症


授乳を促すハーブ


妊娠線


妊娠と麻酔


婦人科疾患


子宮癌


細菌性膣炎


膣炎


各種問診票


物忘れ検診問診票


尿失禁問診票


マタニティブルーズ自己質問票


エジンバラ産後うつ病問診票


アルコール依存症の診断ガイドライン


簡略更年期指数


うつ状態の質問票


月経前気分不良障害の診断基準と問診票


パニック障害


男性更年期障害


「男性更年期障害」診断の目安


心の健康チェック


COPD早期診断チェックシート


ストレス強度の表


ベックのうつ評価尺度


モルツビーの5つの質問表


ハーブ


妊娠中の生活


葉酸


貧血


アルコール


たばこ


妊娠と薬


産み分け


妊娠とスポーツ


先天性風疹症候群


歯科検診を受けましょう


生物時計のはなし


周産期委員会による栄養指導方針


妊娠中の超音波検査


妊娠週数と予定日の決め方


放射線被爆と先天異常


母性健康管理指導事項連絡カード


胎児の大きさ


産後ダイエット


人工妊娠中絶術


妊娠と甲状腺ホルモン


妊娠中の食生活


妊娠中ですが、車で帰省してもいいですか?


妊娠とおたふくぜ


VBAC


低線量放射線の温泉にはいてもいいですか


乳房の手入れ


カフェイン


腹帯


妊娠初期にパーマをかけてはいけませんか?


トキソプラズマ症


ペットと妊娠


妊婦ダイエット子は肥満


妊娠リスクの自己評価


黄体嚢胞


出産後のメンタルヘルス


サプリメント


栄養機能食品


特定保健用食品


核酸


スピルリナ


母性看護【1】母性保健について


母性看護【2】正常妊娠


母性看護3


STD


指圧


肺経【LU】


大腸経【LI】


胃経【ST】


脾経【SP】


心経【HT】


小腸経【SI】


膀胱経【BL】


腎経【KI】


心包経【PC】


三焦経【TE】


胆経【GB】


肝経【LR】


督脈【GV】


任脈【CV】


妊娠中の指圧


指圧点


育児


乳幼児のテレビ・ビデオ長時間視聴は危険


ポリオワクチンについて


生活習慣をみにつけてかしこく育てよう


受動喫煙で成績低下


予防接種


おしゃぶり


ゆさぶられっ子症候群


離乳食


母乳


夜尿症


日焼け


生物時計(体内時計)


虫除け


虫歯の予防


新生児無呼吸発作


フォローアップミルク


臍ヘルニア(でべそ)


鼠頚ヘルニア(脱腸)


包茎


おちんちんが小さい


股関節開排制限


停留睾丸


BCG接種のあとが赤くなります


授乳中の薬


超低出生体重児


聴覚発達チェック


原始反射


先天性胆道閉鎖賞


インフルエンザ


乳がん


ピル


月経について


胎教についての論文


鍼療法は疼痛緩和に有効か


過活動膀胱に鍼治療が緩和する可能性


瞑想


骨粗しょう症


携帯で子育てママを応援しています


退院後の心構え


マタニティブルーに注意


お母さんが気になること


父親への10の教え


出産後のメンタルヘルス


2ヶ月のミラクル


首がすわる(3ヶ月)


4ヶ月になりました


離乳食


6ヶ月


7ヶ月


8ヶ月


9ヶ月


10ヶ月


11ヶ月


お誕生日がやってきました


ほどよいママになりましょう


感情移入にプラセボ効果


携帯でプレママ応援しています


妊娠6週


妊娠7週


妊娠8週


妊娠9週


妊娠10週


妊娠12週


妊娠16週


妊娠20週


妊娠24週


妊娠28週


妊娠32週


妊娠36週


妊娠40週


お母さんの体は環境そのもの


不妊症


ピル


ガイドライン


リンク集


日本産婦人科学会


戌の日カレンダー


Blog=Headline


Harb Garden Shop


I love baby


おすすめリンク集


花粉症の重症度


性格のタイプと病気


KAF顧問の先生がた


お気に入りブログ

認知症の人と信頼築… New! 抗加齢実践家てるさん

ドラマ「コウノドリ… 半熟卵さん

たかが楽天~「あっ… bmjapanさん
男の育児 頑張れサ… FAIR CHILDさん
ゆんたま Spiritual … ゆんたまゆんさん

コメント新着

マイコ3703@ Blogを拝見させて頂きました(*^^*) 最近読んだブログで1番気にかかってしま…
フルラ 財布@ tturziythq@gmail.com こんにちは、またブログ覗かせていただき…
めぐみ@ 大門医院では出産の際、お世話になりました いつもMixiからブログ拝見させて頂いてお…
ひろみ@ 講師やっています こんにちは。 介護の現場で10年近く働い…
2011年06月07日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
帯下のにおい(なんとも言えず嫌なにおいがする)が気になると受診される患者様がいます。
膣には自浄作用があって、乳酸菌が住み着いており、膣の中を弱酸性に保つ事により、自分で自分の膣の中を綺麗に保つ働きがあります。

何らかの原因でこの細菌環境が破綻すると、善玉の乳酸菌が他の細菌と入れ替わります。その結果細菌の代謝産物であるアミンアンモニアが増加するために、嫌なにおいがするようになるのです。

これをアミン臭(魚が腐った湯なにおい)と言います。

最近このような患者様が多いので、まとめてみました。


<膣の自浄作用>
膣粘膜は豊富に粘液線がありグリコーゲンを豊富に含んだ粘液を分泌します。膣にはデーデルライン桿菌という乳酸菌が住み着いていて、膣内を弱酸性に保つ事によって細菌や真菌がはびこらないように、膣をきれいに保つ働きがあります。



<膣炎>
特異的膣炎
膣の自浄作用の低下により、特定の病原微生物が原因で引き起こされる膣炎
・トリコモナス膣炎
・カンジダ膣炎
・細菌性膣炎
 原因の細菌としてはB群溶血性連鎖球菌(Group B Streptococcus:GBS)や腸球菌(Enterococcus)大腸菌等が検出されることがある

<細菌性膣症:Bacterial Vaginosis:BV>
非特異的膣炎と呼ばれていた。
膣内に病原性細菌が存在していても、無症候性であるものを細菌性膣症という。
正常の腟内細菌叢にみられる乳酸菌lactobacillus が減少し,かわってガードネラ桿菌Gardnerella vaginalis,バクテロイデス,ウレアプラズマなどが増殖している。
自覚症状が乏しいために、発見されにくく、無治療で放置され、防御能が低下すると上行性感染し、骨盤腹膜炎や絨毛羊膜炎を引き起こし流早産の原因となることがある。


<細菌性膣症の診断基準>Amselらの診断基準
1)均一な灰白色帯下
2)帯下のPH の上昇 4.5以上
3)アミン臭(魚臭)の検出
4)検鏡でのclue ce(ll 周囲に多数の細菌が存在しているために輪郭が不鮮明にみえる腟上皮細胞)の証明,
上記のうち,3 つ以上が陽性であった場合に細菌性腟症と診断する.

上行性感染以外にも,経卵管的な感染や,歯周病などの遠隔病巣からの血行性感染,さらには羊水穿刺に伴って絨毛膜羊膜炎が起きる可能性が報告されている.





細菌性膣症(BV)の頻度
妊婦の15~20%にみられるという報告もある。


どうして細菌性膣症(BV)になるのでしょうか?
膣内の正常な細菌叢は、通常、大部分の良いバクテリアと、少数の悪いバクテリアとの数的均衡から成り立っています。
このバランスが崩れる時、つまり、悪いバクテリアの増加が、BVを引き起こします。

では、どうしてこのようなことが、起こるのでしょうか。
次のような場合、BVが、起こりやすいと言われています

 1.新しいSEXパートナーや複数のSEXパートナーを持つこと
 2.習慣的に膣洗浄を行うこと
 3.避妊のために子宮内避妊器具(IUD)を用いること



細菌性膣症(BV)の治療
実を言うと、BVの治療は、まだ確立しておりません。
現在でも、研究機関で、BVの原因菌の検索が続けられています。

経験的に効果が高いといえるものは、メトロニダゾールの内服やマクロライド系抗生剤の内服、さらに、膣内の洗浄とクロラムフェニコール膣剤の挿入などがあります。






最終更新日  2011年06月07日 21時11分10秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.