047018 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

師匠!ホントに株で儲かりますか?

PR

カレンダー

プロフィール


投資の達人

カテゴリ

コメント新着

 桃次郎@ くぱぁぁぁあwww ここ使い出してまだ半年だけど、余裕で道…
 さい8@ ちょちょちょ(^^; 見せて見せてっていうからチャック開けて…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

まだ登録されていません

フリーページ

ニューストピックス

2005年12月01日
XML
カテゴリ:師匠の成績
4755楽天にしても、2768双日にしても調子いいですね。

僕の方は、11月のポートフォリオ全体の上昇率は、80.5%でした。利益に貢献してくれたのは、4755 楽天、 9984ソフトバンク、5713住友金属鉱山、7210日産ディーゼルなどです。
一方で、月間を通じての最大ドローダウン(資産の最大下落率)は、およそ3%と安定していました。

最大ドローダウンというのは・・・。
例えば、今日10%の利益があっても、明日、明後日には含み益が少なくなって、結局2%位の含み益に減ってしまうことはよくありますよね。
そうすると、最大下落率は(110-102)÷110=0.073で7.3%になります。
この数字を、全体で言えば、最大でも3%に抑えることができたということです。
いくら上昇相場と言えど、信用取引も多用している割には、安定しているでしょう?

自慢話はこれぐらいにしておきます。
そのトレードの技術は、追々、説明するとして、僕が強く言いたいのは、「損しないということと儲けるということはイコールである」ということです。
野球で言えば、アウトにならなければ、塁に出れる。
テニスの試合でも、実力が互角なら、ミスをしなければ勝てる、という意味と同じ類です。


一般的な投資家は、利益にはこだわりますが、この下落率にはあまり興味を示してくれません。
途中経過は関係なく、最終的に儲けがいくらか?というのが典型的な考えでしょう。
一方、洗練された投資家は、この下落率に対し、過剰な程、神経質になります。
その結果、安定した利益を生み続けることができるわけです。

29日の今日の取引で紹介されていた元スチュワーデスのデイトレ株日記には、一日2万円ずつ目標とあります。
こういった目標を雑誌や本にもよく見ますが、実際に2万円ずつ利益を儲けるためには、いかに儲けを得るかということと同じぐらい、いかに損失(下落)を抑えるかということを考えなければなりません。

一般的な投資家にとって、一日2万円というハードルは非常に高いと思います。
このハードルを越えれるかどうかが、投資家にとっての試金石ではないでしょうか?
しかし、そのハードルを越えてしまえば、マーケットは完全に君の味方です。
目標が一日10万円であろうが、一日20万円であろうが、額に応じてポートフォリオの額を変えればいいだけですから。

今日は何位でしょうか?

本日の教訓
「損しないこと=儲けること」






最終更新日  2005年12月01日 11時01分50秒
コメント(0) | コメントを書く
[師匠の成績] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.