047041 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

師匠!ホントに株で儲かりますか?

PR

カレンダー

プロフィール


投資の達人

カテゴリ

コメント新着

 桃次郎@ くぱぁぁぁあwww ここ使い出してまだ半年だけど、余裕で道…
 さい8@ ちょちょちょ(^^; 見せて見せてっていうからチャック開けて…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

まだ登録されていません

フリーページ

ニューストピックス

全25件 (25件中 1-10件目)

1 2 3 >

師匠の講義

2006年03月28日
XML
カテゴリ:師匠の講義
日経平均株価は、配当落ち分を埋め切り、40円高と3日続伸し、高値引け。
個別銘柄に注目しますと、三角保ち合いを上放れた銘柄もあれば、下放れた銘柄もあり、といったところでしょう。


ホリエンロンさんへ

>>>>>>>
「チャートは結果にすぎない。しかし、多くの投資家がそれを参考にしているのであれば、その心理に与える影響を考慮しなくてはならない」
>>>>>>>

テクニカル分析が有効か否かは、基本的に各個人の投資スタイルによるでしょうね。
例えば、ウオーレン・バフェットやジム・ロジャースなら、テクニカル分析そのものを否定するでしょうし、ラリー・ウイリアムズやBNF氏なら、“心理に与える影響を考慮に入れる”というより、そもそも、その影響に対し、最大限、焦点を絞るでしょう。

一般的には、投資期間が短くなればなるほど、テクニカル分析が重要になり、長期になればなるほど、ファンダメンタル分析の重要性が増すのではないでしょうか?
(実際、長期のテクニカル分析によって成功した投資家なんて聞いたことがないし、ファンダメンタル分析だけの短期投資家というのも、ちょっと考えられません)

言葉にしてしまえば、ごく当たり前のように捉えられるかもしれませんが、実際には、投資家の多くは、長期投資であるにもかかわらず、必要以上にテクニカル分析に傾いたり、短期投資であるにもかかわらず、必要以上にファンダメンタル分析にはまってしまっているのではないでしょうか?

要するに、僕自身の考えでは、テクニカル分析にしろ、ファンダメンタル分析にしろ、それらを正しく判断できると仮定すれば、“テクニカル分析とファンダメンタル分析の最適なバランスは、投資期間により必然的に決まる”ということになります。

さらに、ホリエンロンさんがおっしゃる、「チャートが心理に与える影響を考慮しなければならない」というテーゼに対しては、長期であるほど必要なく、中短期であれば、「考慮する程度を、投資期間によって、適切に調整すべき」というのが僕の意見です。

ランキングバナー小






最終更新日  2006年03月29日 15時21分24秒
コメント(0) | コメントを書く


2006年03月21日
カテゴリ:師匠の講義
ラソさんへ

>>>>>>>>>
何時も拝見させて頂いております。
とても勉強になります。
オイラも弟子にさせて下さい。ペコリ
>>>>>>>>>

ありがとうございます。
正直言うと、師匠という言葉自体に未だ違和感を感じたままですので、「弟子に」というのも、大いに戸惑いがあります。
師匠-弟子というより、お互い刺激的な対話を楽しめればいいと思います。
いつでも、気軽にコメント下さい。


『弟子』クンへ

>>>>>>>>>
うちの師匠は良くも悪くも放任主義です.
(中略)
そのかわり,師匠は推奨銘柄や,売り買いのタイミングなんてのは全く言ってくれません.
>>>>>>>>>

確かにその通りですね(^_^;)
中国の故事に、「子供には魚を与えるな、釣り方を教えろ」というのがありますが、僕は君に魚を与えるばかりか、釣り方を教えることさえできません。

理由の一つは、僕自身がそのレベルに達していないこと。
もう一つは、前にも書きましたが、一般的に、投資は極めて個人的な経験であるため、投資のスタイルや技術を他人に移植することが難しいということです。


さらに、僕なりに、その故事を改めるならば、「子供には魚を与えるな、釣り方も教えるな、釣り方を考えさせろ」となります。
ジャック・二クラウスによると、「良いコーチとは、生徒に、どのようにすべきか(How)ではなく、なぜそうなるのか(Why)を教えられる人」だそうです。
ゴルファーに限らず、投資家としても、Whyを教えることができることが良き師の条件でしょうが、残念ながら、相場については、僕自身もWhyの連続です。
僕自身にできるのは、せいぜいWhyのヒントを与えることぐらいでしょうか?
あしからず(^^)v


ランキングバナー小






最終更新日  2006年03月21日 23時11分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年03月20日
カテゴリ:師匠の講義
今日の日経平均は、先物主導で買われ、285円高と大幅続伸し、1万6600円を回復。

ホリエンロンさんへ

>>>>>>>>>

需給面について皆さんはどう見ておられますか?

>>>>>>>>>

需給面については、積み上がった信用買い残が、今後上昇していく過程で、さらに、積み上がるのか、それとも、利益確定により、減少し、売り残に近づくのか、注目しています。
買い方にとって、最悪なのは、下落しながら、信用買い残が、一層、積み上がるパターンでしょう。

ただ、以前にもこのブログで書きましたが、大前提として、相場の長期予測というのは、需給面の予測も含め、儲けるためには、本来、必要ないのではないでしょうか?

「投資とは知るべきもない将来を予測するゲームではない。投資とは、自分に有利な状況を作り、その有利さを調整し、自分のものにする取引システムを開発する行為なのである」
ラリー・ウィリアムズ



ランキングバナー小






最終更新日  2006年03月20日 17時24分19秒
コメント(1) | コメントを書く
2006年02月22日
カテゴリ:師匠の講義
本日は、主力株中心にさえず、平均株価は113円安と反落。
僕の基本的な考えは、昨日と変わっていません。

『弟子クン』は、反発狙いの買いからは入っているのでしょうか?
それとも、ぼちぼち、売りを実践しているのでしょうか?
『弟子クン』は以前、1月26日の記事に次のことを書いていましたね。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

空売りって,単に買いの反対の行動ってワケじゃなさそうですね.

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

誤解を恐れずに言うなら、理想的な上げトレンドのトレードと理想的な下げトレンドのトレードは単なる反対の行動であるべきだと思います。
うまく伝わるでしょうか?
簡単に言うと、上げトレンドにおける買いのポイント、利益確定のポイント、損切りのポイントなどが適切であれば、下げトレンドではその逆をすればいいだけではないでしょうか?
試しに、上げトレンドのチャートをひっくり返して見てください。
大きなヒントになると思います。


ただし、売りを仕掛けるなら、ポートフォリオ・マネージメントという点から、必ず注意しなければならないことがあります。

例えば、具体的に、100万円の株を買ったとしましょう。
予想通り上昇し、120万になったとします。当然、ポジションは、自然と120%に増えています。
一方、意に反して下落してしまい、80万になったとします。
この場合、当初に比べポジションは、80%に減っています。当たり前ですね。
つまり、買いでは、意識せずとも、自分が間違っていれば、自然とポジションを縮小し、自分が正しかったなら、自然とポジションを増大しているのです。

ポートフォリオ・マネージメントの原則の1つは、「自分の考えが正しければポジションを増やす、間違っていれば、ポジションを減らす」ことです。
買いの場合は、知らず知らずのうちに、ナンピン買いしなければ、自然とこの原則を守っているのです。

しかし、売りは全く反対になってしまいます。
つまり、何もしなければ、自分の考えが正しい時は、ポジションを減らし、間違っている時は、ポジションを増やしてしまうことになります。
自分の考えが間違っているのに、より大きなリスクを取ることほど愚かなことはありません。

要するに、結論としては、売りでは、より細かなポジション調整や、より厳しい損切りが要求されるということです。



ランキングバナー小






最終更新日  2006年02月23日 09時05分55秒
コメント(1) | コメントを書く
2006年02月21日
カテゴリ:師匠の講義
日経平均は大幅反発、457円高の15894.94円(出来高概算20億8200万株)で引ける。
上げ幅は1月27日の569.66円高に次ぐ、今年2番目。

さて、『弟子クン』、今日の大幅反発、どうみますか?
雑誌や新聞はいまだに「上昇トレンドの調整中」と書いているものが多いですが、賢明な投資家の意見は、「下落トレンドの中の自律反発、ひょっとすると底入れの兆し」ではないでしょうか?
僕の基本的な認識は、2月15日の記事で書いたように、現在は、下落トレンドの入り口であり、あくまで、「下落トレンドの中の自律反発」です。
当然、「ひょっとすると底入れの兆し」も考慮に入れていますが、下落トレンドという認識が正しいなら、今回の上昇が、「下落トレンドの終わり」とはとても思えません。

とすると、現時点での、ベストな戦術は、やはり、下落トレンドにある銘柄の“売り”でしょう。
的確なタイミングとしては、25日移動平均線近く。
一方、損切りラインは、「底入れの兆し」が確定した時点といったところです。


応援クリックお願いします






最終更新日  2006年02月22日 06時24分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年02月20日
カテゴリ:師匠の講義
先日の『弟子クン』の記事についての感想です。
基本的に個別銘柄に投資する方が経験を積むことができるという意味では賛成ですが、その方法がはたして万人向けかどうかは疑問です。

アメリカの統計では、大半のアクティブ・ファンドの成績は、インデックス(NYダウやS&P指数)に上回っていないことが証明されています。
日本でも、データ数が多くなれば、きっと同様の結果が出るでしょう。
その理由は、簡単です。
長期的に、インデックスを上回れるファンドマネージャーが少ないからです。
実は、インデックスを上回るということは、簡単そうに見えて、それ程難しいということでしょうね。
相場を生業とするファンドマネージャーでさえ、その程度なのに、平均的な個人投資家が、長期的にインデックスを上回れるものでしょうか?


それから、気になる点が、もう1つ。
この部分です。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ま,もちろん僕は勝ちます.株やってる人は皆そう思ってるでしょう(^^)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

いや、決してそうとは限りません。
最近『弟子クン』も読んだ「マーケットの魔術師」からの有名な言葉です。

「マーケットでは誰もが自分の欲しいものを手に入れることができる」(エド・スィコータ)

この一節、どう捉えようと違和感を感じますよね。
僕も、最初この言葉を読んで、そんな馬鹿な、と思いましたが、経験を積むうちにだんだん真実だと信じるようになりました。
冗談ではなく、人は決して資産を増やそうとして、投資するとは限りません。
正確に言えば、それが第一の目的ではないということです。
人によっては、単にスリルが欲しいだけかもしれない。
人によっては、熱狂に巻き込まれただけかもしれない。
人によっては、自分の資産を周囲に誇示したいだけかもしれない。
人によっては、自分の考えの正しさを証明したいだけかもしれない。
そして、自分の最も欲しいものを手に入れた結果、人は資産を失ってしまうのかもしれません。

「マーケットに敗北者はいない。誰もが自分の最も欲しいものを手に入れている。」

本当のところ、君は相場に何を望みますか?


ランキングバナー小






最終更新日  2006年02月20日 01時08分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年02月15日
カテゴリ:師匠の講義
久しぶりです。
負けている時というのは、相場への情熱も薄れ、ブログもついついサボりがちになります。(^^;
相場の視界もだいぶ良くなってきたので、気合を入れ直します。

さて、現在の認識ですが・・。
相場の方は完全に転換しましたね。
これまで、上昇トレンドを続けてきた銘柄の大半は、下落トレンドに突入しています。
全体的には、上昇トレンドの途中、もみ合い相場が続いていると考えられなくもないですが(実際、新聞や週刊誌にはそういうコメントが多い)、本日の急落(252円安)などをみると、むしろ下落トレンドへの入り口にさしかかっていると考えるべきではないでしょうか?
もし、この認識が正しいなら、無理に買いで勝負するより、売り方に回る方が利益を出しやすいでしょう。


ランキングバナー小






最終更新日  2006年02月15日 18時08分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年01月22日
カテゴリ:師匠の講義
今回の下落により、結局、最大10%近くのドローダウンとなりました。
火曜日の時点で、大半を見切ったのですが、ストップ安にはりついた 2432 ディー・エヌ・エーに対する対応だけが遅れてしまったというのがドローダウンが広がった理由です。
今後の反省材料にします。

一方、『弟子』クンの対応は、ベストなタイミングでしたね。
“最大級の利益”もおめでとう。
ただし、ピーター・F・ドラッカーの言葉、「現在の利益は将来のコストである」を決して忘れないで下さい(損失ではなく、コストです)。
もっとも、これは、本来経営に対する言葉なのですが、投資にこそ当てはめる言葉だと思います。


さて、今週感じたこと。

まず、ホリエモンに対して。
僕は、彼をみていると、「金持ちになるよりも、幸せになる方が難しいのかもしれない」とつくづく思います。
今回の事件で仮に有罪であったとしても、やはり、ホリエモンっていうのは、図抜けた才能を持っているし、とんでもない努力家でもあるのは確かだと思う。
ただ、稲盛さん(京セラの会長)が言うところの“人生の成功の方程式”(「人生の成功」=「才能」×「努力」×「人生への姿勢」)の中の、「人生への姿勢」の項が“正”ではなかったために、挫折してしまったのではないだろうかと感じます。

ライブドアに対する一連のマスコミの報道に対して。
マスコミに対しては、『弟子』クンと少し印象が違います。
僕は、マスコミは、特に、相場に関しては、常に間違うものだと考えています。
もちろん、それを信じるなら大衆も常に誤ってしまうのですが、日本のマスコミは、もし、本質を理解できたとしても、世の中の流れに反することは報道できない、大衆に迎合しなければやっていけないという面が多分にあると思います。
結果的には、大衆の誤った認識を助長しているのではないか、と。
そこで、湧き上がってくる感情は、決して『弟子』クンのような反発心ではなく、むしろ、その認識と自分が信じる真実とのギャップを利用できるという高揚感。むしろ、そこに、相場の醍醐味があると考えています。


東証に対して。
ジェイコムの時もそうでしたが、東証の取引停止に対しても、それも相場のうち。『弟子』クンがいうような、それに対する反発心というより、その変化に対して、うまく対応してみようという、どちらかといえば、日和見主義的なスタンスの方が強いような気がします。
まあ、人それぞれですね。
ただ、ホリエンロンさんがおっしゃるように、粉飾決算だけは勘弁して欲しい。
僕も、以前フットワークという会社でひっかかったことがあるんだけれど、あれは、完全な詐欺だと思う。
カネボウや西武の粉飾決算事件から、東証自体の変化をあまり感じないのは僕だけではないでしょう。
東証は、企業の倫理観に頼るだけでなく、もっと、経営の透明性を要求する義務があるのではないでしょうか?
エンロンショックの後のアメリカが、情報開示に対してより厳しくなったように、今回の件でも、日本の市場がより信頼できる市場に生まれ変わるように切に願います。


今後の展望ですが、いまのところ、前回の記事ライブドアショックに対する正しい対応は?で書いた3つのシナリオのうち、2)か3)かは、誰も明確な証拠を持てないという意味で、誰も正確には判断できないでしょう。
ただ、個人的には、金曜日の動きからみて、シナリオ3)を前提に、戦術を立て直しているところです。

まだ、状況が揃っていない段階では、あくまで推測の域を出ませんが、結局のところ、トレンドフォロー型の投資家には、相場の転換が起こってから、その事実(転換したという事実)をいかに早く気付けるかが、決定的なパフォーマンスの違いにつながるのではないでしょうか?

応援クリックお願いします






最終更新日  2006年01月23日 15時25分12秒
コメント(1) | コメントを書く
2006年01月17日
カテゴリ:師匠の講義
このブログ始めて以来最大のドローダウン。
先週金曜日から、銀行株を空売りして、リスクヘッジしているつもりでしたが、保有している新興株の下げが激しく、前日比にして、-7.6%、今年の利益の3分の2が吹き飛んでしまいました。
ある程度の下落は仕方ないにしても、ポートフォリオマネージメントが十分でなかったことを思い知らされ反省しているところです。

今回の暴落は、『弟子』クンが言うように、ライブドアへの東京地検特捜部による捜索そのものが下落の原因ではなく、下落するタイミングであったところに、効果の大きな“触媒”が加わったと考えるべきでしょうね。

さて、『弟子』クン、現在、君がまだある程度の新興株を保有していると仮定して明日はどうするのがベストでしょうか?

まず、明日以降からの予想ですが、3択です。
 1)ライブドアショックによる下げは一時的であり、日本経済への影響は軽微であるため、数日以内に急反発し、最高値を更新する。
 2)今回の下落は、予想外に長く続いた上昇相場の調整であり、上昇トレンドに戻るのに数週間~2,3ヶ月かかる。
 3)今回の下落が引き金となり、中長期的にトレンドが転換し、下落トレンドに入る。

『弟子』クンはどれを選びますか?
正しい答えはもちろん、後になってみないと分からないんだけど・・・。

僕としては、これほど新興株が下げても、おそらく多くの投資家はまだ利益が乗っていると推測されることに注目するだけでも、1)ではないような気がします。2)と3)に絞って仮定してみると・・・。

2)の場合。
短期的に急落した後の反発を狙うというのも一つの考えですが、僕自身の考えでは、この局面で、あえて、儲ける必要はありません。このような局面で大きなポジションをとるということは、例えるなら、見通しの悪い道路を、灯りも付けずにハイスピードで走るようなものです。
それよりも、僕の考えでは、とりあえず、生き残ることが最優先です。
キャッシュポジションを増やすなり、空売りを用いるなりして、現在のポジションをキープしてさえいれば、そのうち見通しが良くなります。
その段階で、また全速力で、走ればいいのです。


3)の場合。
典型的な“並みの投資家”によくあるパターンは、「まだまだ利が乗っている
から、もう少し戻るまで持っておこう」→短期的に反発すると、「ひょっとすると高値まで戻るかもしれない、もう少し持っておこう」→下落すると、「あれ程利益があったのにほとんど無くなってしまった。いまさら、売れない」→さらに下落、「そろそろ買い時」でナンピン買い→さらに下落、塩漬け株の出来上がり、でしょう。
いうまでもなく、どこかの段階で、心理的な抵抗を克服して、この連鎖を断ち切る必要がありますね。
理想的には「ひょっとすると高値まで戻るかもしれない、もう少し持っておこう」で売るべきでしょうが、心理的には難しいでしょうね。そうすると、現実的には、「まだまだ利が乗っているから、もう少し戻るまで持っておこう」という段階で、保有株を売るべきなのです。

結局、生き残ろうと思えば、自分の予想が2)であれ3)であれ、「売り」が最大公約数的な答えだといえます。
ただ、実際に経験すれば分かることですが、この答えを実行するには、かなり心理的な抵抗を感じることでしょうが・・・。

本日の教訓
”正しいトレードというのは、決して心理的には楽ではない”


お役に立ったでしょうか?YESなら応援クリックお願いします






最終更新日  2006年01月18日 02時39分30秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年01月15日
カテゴリ:師匠の講義
『弟子』クンに言われるまでもなく、例のBNF氏の言葉に対しては、自分なりの解釈をまとめておこうと思っていました。
過去ログや週刊誌の記事を検索する限りでは、僕と似ているのは、スイングトレード(2日から数日以内のトレード)を多用することや、短期的に上昇しそうな銘柄群を選択し、主に買いで勝負する投資方法であること。

一方で、彼と僕の違いは、僕が長期トレードからスイングトレードに移行したのに対し、彼はデートレードから、スイングトレードに移行しているということ。
一見些細な違いに感じるかもしれませんが、結果的に、僕がスイングトレードといえど、ある程度ファンダメンタルを重視する投資スタイルであるのに対し、彼はほとんど考慮に入れず、よりテクニカルを重視するスタイルになっているはずです。

だからといって、別にどちらがすぐれた方法というわけではなく、これは自分に合ったスタイルかどうかという問題で、いきなり彼の投資方法を真似ることはありません。

ただ、僕が驚いているのは、彼の洞察力や、合理性、柔軟性です。
僕の驚きを正確に伝えられるかどうか自信がないのですが、例えば、


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

乖離率は単に数字だけを見て、どの銘柄も横一列に並べてはだめなんです。
まず、セクターによっての乖離率の特徴。このセクターの銘柄群は移動平均線に比べて乖離しやすいから買うべき乖離率の目安も厳しめに設定しなければ
いけないとか、このセクターの銘柄群はいつもあまり乖離しないから それほど乖離率が厳しくなくても買いを狙えるとかですね。
しかし、これはかなり大雑把な区分けでここから更に同じセクターでも
乖離しやすい銘柄群、乖離しにくい銘柄群の判断をしていくことが重要ですね。

01年を例にとって説明すると乖離しやすかったセクターは 電気、精密、小売、卸売、銀行、証券、通信、サービス あとはセクターではないのですが低位株全般。店頭の銘柄。今と違って銘柄数は多くなかったですがマザーズの銘柄。
このあたりでしょうか。
例えば小売セクターではバブル崩壊以降に上場して99年に急騰した100株単位の銘柄群の乖離率がきつかったです。
私は22%~28%以上乖離した 段階から買い候補に入れていきました。
小売セクターが売られている時はこれ等の銘柄群の乖離がきつかったです。
サービスセクターでも同じような銘柄群の乖離がきつかったです。
こっちは22%~30%以上の乖離率から買い候補に入れていきました。
銀行セクターは20%~30%以上。店頭銘柄のIT関連以外でバブル崩壊以降に上場した銘柄群は22%~32%以上の乖離。
店頭のIT関連は25%~45%以上の乖離。
マザーズの銘柄群は28%~60%以上の乖離。
これはこれだけ乖離してやっと買い候補に入れるというだけで、アメリカなどの下げで更にここから売られてやっと買うというスタンスでした。
同じような銘柄群でも率に開きがあるのは流動性など個別に判断していかなければ いけないからです。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

この一節とってみても、まず、徹底的に細分化するという緻密な分析力を備えているということが分かります。
さらに、状況に応じて柔軟に対応できるという能力をも同時に兼ね備えていることが分かります。
周りの人や自分を省みて欲しいのですが、緻密であり、かつ柔軟な人というのはなかなかお会いできません。
しかも、これほど綿密な緻密さと正確な曖昧さを両有している人はめったにいないでしょう。

さらに、同時期の過去ログですが、

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

株で重要な要素の一つは銘柄の視野の広さだと思います。
結局、複雑にチャート分析しても単純にチャート分析しても
銘柄の視野が狭ければ有効利用はできないからです。
チャートは極力単純な方がいいと思います。
結局、株は上がるか下がるかだけの話なので 複雑にチャート分析しても単純にチャート分析しても上がるか下がるかの予想が付けばそれでいいのです。
むしろ複雑にチャート分析をしすぎてこっちの指標的には買いだけどこっちの指標的には微妙なんだよなぁという状態になり買い場を逃すようなことになっては本末転倒だと思います。
それなら単純なチャート分析の単純な買いパターンに入っている
株を探すのに集中した方がいいと思います。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

とチャート分析に対し、本質を鋭く捉える洞察力を披露しています。
どう考えても、チャート分析を徹底的に行っていながら、大局的に把握し、チャート分析の核心を突いているのです。

僕が強調したいのは、この二律相反する能力を同時に共有しているという点です。
言い換えるならば、鳥瞰図の細部を詳しく分析しながら、完全に全体も把握するかのような能力を兼ね備えているという点です。

以前紹介したかもしれませんが、F・スコット・フィッツジェラルドは、「第一級の知性とは、心の中に2つの対立する考えを抱きつつも、その機能を維持する能力である」と言っています。
僕からすると、彼には、この第一級の知性が備わっているとしか思えません。

さらにもう一節。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

「そもそも今儲かってる手法がそんなにいい手法かどうかは 私にはまだ分からないです。株式分割発表するだけで時価総額無視して上がりまくったりするような地合だからこそ通用するだけで下げ相場で今の手法をやったら儲かっても少しでリスクの方が高いかもしれません。
そもそも今の地合はどんな手法の人でも儲かってる人が多いような気がします。

(中略)

(自分の投資手法は)短期の強気の順張り手法はこんな強い相場だからこそ儲かる手法なだけで今の地合ならどの手法の人も儲けてるでしょうからそれほど特別
優れてる手法かは分からないです。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

僕は、相場で生き残るのに最も必要な要素は、“変化できる能力”と考えています。
チャールズ・ダーウインの有名な言葉、
「最も偉いものが生き残るわけではない。
 最も強いものが生き残るわけでない。
 最も変化できるものが唯一生き残ることが出来る」

をあげるまでもなく、相場を少しでも経験すれば、変化できる能力が非常に重要なことは身に染みて感じることでしょう。
しかし、成功すればするほど、簡単には変わることができなくなってしまいます。
上の文章からは、あれほど利益をあげても、変化できる謙虚さや柔軟性さえも兼ね備えていることも明らかです。

緻密な分析力、的確な状況判断、本質を捉える洞察力、変化できる謙虚さや柔軟性。
これら、ひとつでも備わっていれば、ある程度利益を上げられるであろう程の能力が、同時に全て備わり、有効に機能しているところが、天才的な成果を上げ続けている最大の要因ではないでしょうか。

お役に立ったでしょうか?YESなら応援クリックお願いします






最終更新日  2006年01月16日 12時16分21秒
コメント(0) | コメントを書く

全25件 (25件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.