047075 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

師匠!ホントに株で儲かりますか?

PR

全28件 (28件中 1-10件目)

1 2 3 >

弟子的相場観

2007年05月22日
XML
カテゴリ:弟子的相場観
『5月が天井』
...というアノマリーは今年は当てはまらなかったようです.

先日も言ったように,僕は日経平均先物を,現物のヘッジとして基本的に売りから入っています.

4月に先物を始めて以来,そこそこの利益が出ていますが,
現物と併せてみれば,まだまだ大した利益ではありません.

4月以来は,2~3日指数が上がれば売り..でかなりの勝率で勝てました.
今日は現物を買ったので,また先物売りで入っています.

でもなんとなく,今週から流れが変わるような気がしています.
まぁ,相変わらず当たらない弟子の,ただの勘です.

ロスカットはいつもよりタイトに設定して,明日からの動きに注目です.

そうそう.
孤独にやってきた先物ですが,最近身近な仲間の一人が先物を始めることになりました.
うれしいかぎりです.

彼は僕と同じ証券会社を使いますが,話を聞くと,
この一月あまりでも,口座開設審査のハードルがどんどん低くなっている模様.

一般的なメディアにはまだあまり出てきませんが,
おそらく先物取引口座は,この一年で急増しているのでしょう.
そして今はまだまだ序の口なのだと思います.

僕のようなド素人個人投資家でも,いまそれに気づいて練習しておいたら,
未経験の投資家から教えを求められる日が来るかもしれません.

たぶん,そう遠くはないでしょう.
ランキングバナー小






最終更新日  2007年05月22日 18時07分18秒
コメント(0) | コメントを書く


2007年04月24日
カテゴリ:弟子的相場観
なんだか上にも下にも動かない相場ですね.

それぞれの銘柄の動きも結局,全体の動きに引っ張られてるだけだし.
何買っても儲かったというバブルとある意味同じ.
なに買っても同じですね~.

プロ・アマ問わず一致しているのが,今の相場は結局上値を買う人が居ないということ.
腰の据わらない個人投資家では力不足だし.
外人の動きを待ちましょう,ってことね.

ヤフーの掲示板なんかでは,いつまでたっても外人頼みの『根性無し』『主体性無し』の日本人投資家を嘆く人が多いわけです.

米国市場につぐ規模を誇る日本市場をリアルタイムでトレードできることに,僕は誇りを持っているのだけれど.
大きな規模だからこそ,そこには色んな価値観を持った人が参加してて,一方通行に上がる銘柄.下がる銘柄.行ったり来たりの銘柄.
いろんな銘柄があって欲しいわけです.
その点,中国株なんぞは以前からほぼ全ての銘柄が指数に連動ですもんね.
潰れる会社さえ選ばなければ,ほんとに何買っても同じだった.

しかしまぁ,考えてみれば.
理屈のうえから言うと,企業価値そのものである株価が短期間にトンデモ暴騰や暴落する方が不自然なわけで.
そういう意味では,今んとこ日本市場のポジションは『適正値』に落ち着いている,ってことで納得しておきましょう.
三角合併が可能になる五月の夜明け前の静かな一時,ってことで納得しておきましょう.
ランキングバナー小






最終更新日  2007年04月24日 22時18分34秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年03月01日
カテゴリ:弟子的相場観
こんばんは.『弟子』です.
本業が本当に忙しくてなかなか更新できません.

..とはいえ,年に何度とない大揺れの相場ですので,とりあえず今のポジションだけでも書きとめておきたいと思います.

全て買いポジションです.

アンジェスMG 2株.
ラ・アトレ 8株.
タツタ電線 3000株.
荏原 6000株.
日本コマーシャル投資法人 2株.
森ヒルズリート投資法人 2株.
田中化学研究所 2500株.
江蘇高速道路 10000株
上海金橋 10000株
南山電力 10000株
AU$MMF 544.562口
ユーロMMF 630.345口
金 653g

投資を始めた5年前からずっとキープしているものもあれば,今日買ったものもあります.
このポジションの本日の下落額は,僕が5年間で確定させた利益の1.6%ほどです.
およそ僕が一週間勤労して得る収入程度です.
全くの偶然ですが3日前にポジションをかなり縮小させていたので,今回の急落の被害は軽微でした(今のところ).
目標の『資産10億』到達にはまだまだ遠いです(^^;;
ランキングバナー小(←ある読者からのご要望により復活させてみました)






最終更新日  2007年03月02日 10時24分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年01月09日
カテゴリ:弟子的相場観
先週末の急落にしろ,今日の反騰にしろ,僕,『弟子』はあんまり動かず.

急落はヒヤリとしたけれど,案外と僕のポートフォリオは堅調でした.

新興はまだまだの見方が多いのは確かだし,戻り基調が見えだした出遅れ銘柄だって再度急落が来ればアッサリと連れ安しそうな気はします.

ただ.年末から東証の出来高が20億株を超えてきていることにちょっと期待.

やっぱり相場は賑やかじゃないとね.

好相場は悲観の中で生まれ,懐疑の中で育つ.
乗り遅れたって,疑いの感情を持ち続けてれば大怪我はしないでしょう(ちょっと意味が違うか).

そんな中でREITを着々と買い増し中.
地味だけど気づけばなかなかの含み益です.

そして楽観で終わる..には巻き込まれたくないものです.






最終更新日  2007年01月09日 22時01分49秒
コメント(1) | コメントを書く
2006年11月04日
カテゴリ:弟子的相場観
最初はとある大手証券会社の一口座から始まった僕の投資.
なんかだんだん増えていまは数社で取引しています.

一応,メインの口座があって,そこは定額制にしているので売り買いやりたい放題(良い成績にはつながりませんが(^^;).
他の口座もそれぞれ目的はあるのですが,いくつかはIPOを申し込むだけの口座になってます.

さて,IPOとくれば何でもかんでも申し込んでる節操のない僕.
それでもこの夏までは一年以上当選はありませんでした.
証券会社にとっていわゆる『ゴミ客』の僕ですから,当選なんてハナから期待してません.
でもどんな会社だろうとどんな市場だろうとIPOとくれば,とにかく申し込み.
もう日課みたいなもんです.
申し込むのはタダですからね(^^)v

ところが秋になってポンポン当選します.
う~ん..感覚でいうと4~5社にひとつくらいの確率.
ひとつ当たったらそこで初めて目論見書を読む..という不届き者です!
んで目論見書を読んでもよく分からないし..
業態や業績で『なんとなく良さそう』とか,『なんとなくショボいな』とかは思うのですが.
印象が悪いからといってせっかく当選したものを買わない,ってのはない.
必ず買います.
せっかくゴミ客に当ててくれたもの.ありがたや,ありがたや.断れる身分じゃない!なんてね(^m^)

それにしてもこれだけ当選するのは,やっぱり応募する人が減ってるんでしょうね.
数年前のIPO神話は完全に崩れちゃった.
なんでもかんでも上場すりゃぁ買い気配値つかず.ストップ高連発で,一息ついたら分割発表でまたストップ高連発!! みたいなやつね.

今はそんなに美味しくはないけれど,やっぱり僕はIPOは申し込むし買ってしまう.
だって確率から考えると,公募値より上がる方が多いと思うし.
仮に公募割れしたって,いきなり半値.みたいになるわけじゃないし.

普通に好業績銘柄を買ったからといって儲けられるとは限らない今の相場だからこそ,IPOは安心して買える..と感じています.

..っていうか実際,ポートフォリオの中で含み益が出てるの,IPOだけだったりする時も多いです(--;;.

さて.いつぞやどなたかに,投資を始めてからのトータルの成績を尋ねられて,そのままになってたような気がする.
公表するほど大したものでないし,それほど緻密に把握できていない投資もあるので漠然とではありますが.
自分自身のためにも,どういう投資がどれだけの成績なのか,一度ザックリと計算しておきましょう.

こんな感じです.

外貨 :142.3%
金  :151.2%
外国株:140.2%
日本株:191.8%
勤労 :233.3%

いずれの投資もプラスになってるのはメデタイことです.
テクニック云々よりも,とにかく時機に恵まれたとしか言いようがありません.
しかし,やっぱり『勤労』が一番いいんですよね.
並の投資家なので当たり前ですがね(^^;
最終的にはここに不動産を加えなきゃと..最近ちょっと勉強中です.






最終更新日  2006年11月04日 23時52分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年10月08日
カテゴリ:弟子的相場観
株に関する雑誌や,その他経済誌,政治ものなんかの本もとんと読まなくなっております.
投資関連のブログも,これといって目にするものもなくなり..

要するに今の相場と同様,メディアも個人発信も小波しかたたない.

僕のような博打投機家はビッグウェーブが来ないと,オモチャを取り上げられた子供か飼い犬のようなもので,遊ぶ場が無いのです(^^;

とはいえ,僕の経験ですらこのような小波相場はかつて経験のあるものでして.
大勢の意見のように,ここは資金を温存して時が来るのを待つべし!となるわけです.

とくに最近の僕は小手先の投資テクニックに走りがちで.
実際それで儲かったものだから今や投資先のHPすら見ることもなく,四季報すらYahooファイナンスの企業情報すらマトモに見ない.
成長性を秘めた企業を探そうともせず,慣れた銘柄のテクニカル指標を追うばかりで,騰がっては高値掴みでやられ,下がっては底値で投げさせられ.
ホントに面白いように資金を目減りさせてしまいました.

頼みのIPOですら,いまは当選しても二倍三倍なんてことにはなりませんから,ほとんど情熱なし.
当たっても『またしょうもない銘柄を買ってみるか』程度なんです.

さて.嘆いてばかりでもしかたがない.

ここらで一発.腰据えて相場を見てみることにします.
さまざまな賢人たちの意見を参考にしましょう.

日経平均は8000割れから急回復し二倍を遙かに超える値をつけたものの18000には届かず.現在は15000から16000台で凪いでいます.
短期間で1000円,2000円の急騰も急落もないものの,僕に代表される個人素人投資家はこの半年間でかなりやられたか,相当の含み損を抱えて相場の復活を待っている状態だと思います.なぜだか分からないけれど僕なりに投資先とタイミングを絞っているのですが,それは面白いように間違いなのです(あくまで僕の感覚です).

最近著名なブログ著者が言うような『馬鹿なド素人投機家はすでに退場させられてしまった』相場..というのは,僕はいまひとつ納得がいきません.
だってティピカルな素人投資家の僕は,全然萎えてませんよ.
僕の戦友のド素人投資家たちだって全然気持ちは萎えてません.

この状況でプロだけが多大な利益を出しているとは思えないし(特に大口や海外組など投資信託の成績を見ればね).

株式に限らず相場というものは誰でも儲かってる時と,誰もが損してる時と,うまいヤツだけが儲けている時の3パターンしかないと思うのですが.
いまはプロでも素人でも大抵が『わずかながら』損をしていて,一部の変人がかろうじて利益を出している(中穴を当てた馬券師のような類の).
みなが退場するほどの傷を負うわけでもなく.基本的に悪くはない相場なので,ちょっと他のことでもやってみようか,って空気を感じています.

最近の16400円超えについて各人さまざまな見通しをたてていると思うのですが,そんなものは来るべきビッグウェーブの後で考えればやはり小波だったとなるでしょう.

僕は,皆が当然来ると言う『ビッグウェーブ』がホントに来るのかどうか.それは上なのか下なのか.
日経はいずれ18000円を超えてくるのかどうか.ということに疑いを持っています.

誰が買うの?
個人は買わない.
機関投資家は買えない.
外人は..やはり買わない.
いっちょ阿倍政権にでも買ってもらいたいものです.

日本人にとっては意外な感覚だと思うのですが,米国市場が史上最高値を更新中だとか..
おいおい..勘弁してくれよ.
さんざん盛り上がるのはいいが,日本市場は冷めてるし.あんたんとこが崩れた日にゃ,こっちは大火事だよ..ってなもんです.

日経平均がどうとかこうとか言うのもよいですが.
僕はいま,中国株の動きに注目しています(っていうか儲けています).
金なり資源なり.食料なり人なり.
国境なく移動する世の中ですのでね.日経やNY,ドル,ユーロ,原油,金,土地..いろいろ見るべき相場はあるのですが.
まがりなりにも『相場』がある品物全てを見なけりゃ資金の動きは分かりません(全てを見たって分かりません).

たぶん長寿のデイトレーダーが一番の天才だろうと思うのですが.
いまだそういう人を知ったことがありません.

ごちゃごちゃ言いましたが不肖,弟子である僕はいまは『買い』と思っています.






最終更新日  2006年10月09日 00時15分09秒
コメント(1) | コメントを書く
2006年08月25日
カテゴリ:弟子的相場観
'88年から'96年にかけて週刊誌に連載されたマンガです.
かわぐちかいじ作.

みなさんは読んだことありますか?

最近部屋を整理していてガラクタの山の中から掘り出して,ひっさしぶりに読みました.
まったく,何度読んでも読みごたえのあるマンガです.

初めて読んだ時,戦争の意味,核兵器の意味,国家のあり方,日本のあり方について,色々と考えさせられましたね.
10年以上経った今でもなお新鮮です.  ...ってか,10年経ったいまでも,どれも状況は何にも変わってないのだ(^^;

しかし作品の中で描かれる,新しい『メディア』,『コミュニケーション』の姿.
これはインターネットの普及で,この10年で劇的に変わったと思います.
自分がブログを始めて特にそう感じます.

マスコミが垂れ流す一方的な情報ではなく,世界中の人間同士がそれぞれの意思で双方向,多方向に交わされる情報,コミュニケーション.


さて.僕と相場の間の対話ですが..
ブログの更新と同様,ほとんど取引してないな~.

売りも買いも全然タイミングがつかめないですね.
でも相場の動きと,お気に入りブログのチェックは毎日してます.
相場が閑散としている間に本業とプライベートがシッカリできるので,まぁ良しとしてます(^^)

んじゃ,またグッド
ランキングバナー小






最終更新日  2006年08月25日 20時32分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年07月10日
カテゴリ:弟子的相場観
みなさんご無沙汰です.弟子です.
冴えない相場が続きますが,いかがお過ごしですか?

日経平均は6月半ばに14000円をつけて,そこからアッという間に25日線をクリア.
一見すると底打ったかにも見えます.
しかし,プロのアナリストや,多くの個人サイトでの大方の予想は下落相場はまだまだ続くとのこと..
僕の友人で最近初めて株を買ったという人ですら,ゼロ金利解除でまだまだ下がるとか,秋の総裁選までは怖くて買い増しできないとか,『いかにも』な意見を聞かせてくれます(^^)

ともあれ,常に相場に身をおきたい僕としては,仮に『アヤ戻し』であれ上昇するのは大歓迎.
ポジションを小さく,かつ利幅も小さくしてますので物足りない気持ちもありますが,とにかく自分のステップがリズムに合ってる感覚を思い出したような一日でした.
先週の北朝鮮がミサイル発射した日から買いを入れてた銘柄を利確しつつ..

>カルロスさん
あれから成長ポイントは上がりましたか?(^m^)
僕はせっかく始めた『空売り』を上手く使うことすらできず.いまだになんのコツもつかめてません.
センスのいいカルロスさんはどんな感じだったのでしょう.
ソフトバンクは本当に難しいです.

>MOUSUGUHASANさん
W杯終わっちゃいましたね.
ようやくゆっくり眠れそうです(^^;
HASANさんの塩漬け株.食べ頃はまだまだ先なのでしょうか?
それとも先月の急落のなか捨ててしまったのでしょうか.
当ブログにコメントを寄せてくれる人たちのなかで,投資歴が最も長い方なので実は塩漬けの中に勝機あり!なんてノンビリ構えておられるのかな.

>ホリエンロンさん
ホリエンロンさんが撤退完了と知り,少し寂しい気持ちでした(^^
『尻尾と頭はくれてやれ』という格言がありますが,僕はどうしても尻尾も頭も食べたい性分なのです.
この欲張りな性分のために随分とヤラれてしまいました.
『強気はたまに儲ける.弱気もたまに儲ける.しかし欲張りは絶対儲からない』
つくづく欲張り豚だなぁ,と反省しきり..
ホリエンロンさんお得意のマクロな相場観をまた聞かせてください.

さて性懲りもなく今日は今日で,ひっさしぶりな銘柄を買った僕.
またまた『上がれば買う,下がれば売る』の悪い流れにのりませんように.
明日の暴騰を期待します(--;
ランキングバナー小






最終更新日  2006年07月10日 18時44分32秒
コメント(1) | コメントを書く
2006年06月20日
カテゴリ:弟子的相場観
サッカー日本代表の戦績が象徴するような冴えない日本市場.

僕が秘かに見つけた法則..
サッカーでも野球でも.そしてオリンピックでも.
日本チームが世界の舞台で好成績をあげた時は必ず相場が下がる.
逆もしかり!  なんてねスマイル

それが当たりなら,ブラジルに負けて非難の嵐のなか日本代表が帰国した時には急騰するかもしれません.

ワールドカップってのは本当に国同士の戦争なんだと思う.
4年に1度,こうやってそれぞれの国が誇りをかけて戦って,人間が持つ好戦性を適度にガス抜きしてるんでしょうね.そんな気がする.
人間という種族にもしワールドカップが無かったなら第三次世界大戦が現実になってたかもしれない..なんて思ってしまいます.

各国の試合をテレビで見ていて思うこと.
サッカーの強い国の観客席には必ずすっげぇ美人がいる!うっしっし

日本のサポーターは皆,青いユニフォームを着ていて..
それはそれで美しい応援の姿だとは思うけど.
中には少しくらい,貴族的セレブ的な正統派の日本美人がお洒落して涼しげに座っていて欲しいな.
こういう時こそ叶姉妹が行くべきではないのか! 違うか.. (^^;

>ホリエンロンさん
あなたの投資歴は短いとおっしゃってましたが,そうは思えない内容の濃いコメント.
やっと謎がとけました.
実際に参戦するまでに,その何倍の時間をかけて研究していたのですね.
恐れ入りました.
それに比べりゃ,不肖『弟子』なんぞはただの博打打ちかもしれません.しょんぼり
僕が投資を始めてからの四年間は,いわゆる『バカでも儲かる相場』だったんですよね.
ようやく痛感しているしだいです.

>カルロスさん
実はカルロスさんには『株より大事なものはない!』みたいなコメントを期待してました(^^;
僕も最初はカルロスさんのように,株をやることによって色々なものに興味を持てるようになって嬉しく思っていました.
去年からの暴騰相場で,テクニックにばかり思いが走ってカルロスさんのような初心を忘れかけていました.
ありがとう.グッド
ところで前にも聞きましたが『成長ポイント』って何ですか??(^^;
ランキングバナー小






最終更新日  2006年06月20日 23時38分03秒
コメント(4) | コメントを書く
2006年06月15日
カテゴリ:弟子的相場観
師匠の出番はまだですようっしっし
僕個人としては,このブログに師匠が出場した時が再度上昇相場の始まりだと考えています.
要するに,だれが買っても儲かる相場 の再来ですね.

いまとなっては僕が『インターアクション』で儲けた時に師匠が言った言葉.
『いまの儲けは,将来のコストになります.そのうち分かる時が来る』
やっと意味が分かりましたウィンク

このブログにコメントいただいた方々で死んでる人はいませんよね??
『東京タワー』の感想文で師匠は大事なことを言っています.
株に命をかけることはバカバカしいことです.
人生には本当に大事なことがある.

ではでは.みんさんよろしくバイバイ
ランキングバナー小






最終更新日  2006年06月15日 23時18分49秒
コメント(2) | コメントを書く

全28件 (28件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.