099356 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぷんぷいの空飛ぶかまど

PR

プロフィール


めーぷんぷい

日記/記事の投稿

サイド自由欄

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
  ↑
ブログ村ランキング参加中!

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

めーぷんぷい@ Re[1]:胡瓜☆国際的バイプレイヤー(10/16) mic328さん >クミポンさんの訃報残念です…
mic328@ Re:胡瓜☆国際的バイプレイヤー(10/16) クミポンさんの訃報残念です。 たまたま前…
めーぷんぷい@ Re[1]:ID:v29vk7 タイのアボカドの成れの果て?(09/14) mic328さん お久しぶりです!メッセージ有…
めーぷんぷい@ Re[1]:ID:v29vk7 タイのアボカドの成れの果て?(09/14) mic328さん >お久しぶりです。 >中身は…
mic328@ Re:ID:v29vk7 タイのアボカドの成れの果て?(09/14) お久しぶりです。 中身はまずくても立派な…

カレンダー

フリーページ

2013.01.29
XML

 herbfood125_41_z_snowtree.gifランキング参加中♪

  にほんブログ村

 アンチャン(蝶豆)の散歩道レシピでご紹介の飲み物の他、 いろいろと使用できるアンチャン水今回は市場で手に入れた生の蝶豆の花からつくってみました。 

     画像 085-003.jpg       画像 086-001.jpg

   1花を流水で洗います。       2沸騰したお湯に入れ色を出します。

 

      画像 089-001.jpg       画像 150-001.jpg

  3漉して冷まします(砂糖を加えても可)。4ペットボトルに入れ冷蔵します。 

 

  水を牛乳に変えて水色が美しいアイスクリームをつくってみました。すると不思議、花びらでつくったというのに豆の風味がして何とも美味!

       P8151313-001.JPG

   名付けてブルーへブンなアイスクリーム

  レシピはアンチャンのレシピ2を宜しければご覧下さい。

 

  さて、このアンチャン(蝶豆)とは、どのような植物なのでしょうか。調べてみました。

  タイ名(アンチャン)

 マメ科蝶豆属 東南アジア~インド原産 つる性一年草

 英名(Butterfly pea)

 和名(チョウマメ、蝶豆)

 学名(Clitoria teanatea)

           DSCN2907 アンチャン-001.jpg           20048 アンチャン豆-001.jpg

 また効能については、一般に世間で言われている効能(めーぷんぷいが調べて、その根拠と思われた含有成分)※補足と説明というようにしました。 

 育毛効果がある(アントシアニン、アデノシン)※ブルーベリー等にも含まれるアントシアニンは、青や赤の色素で抗酸化作用を持つポリフェノールの一種です。頭皮の毛細血管を保護拡張し、血液の流れをよくする働きがあります。アデノシンには血行を促進させ、血流に乗せて酸素を毛根まで届けて健康にさせる働きがあります。特に男性型脱毛を防ぐという分野では注目すべき成分で、すでに資生堂と徳島大学により共同で研究開発されて世界初の製品化がされています(塗布用)アデノシンには男性型薄毛部分の毛乳頭<髪の毛をつくる元となる部分>を活性化させ、発毛を促進する効果があり、更に脱毛に至る周期を遅らせる効果があるということで、悩める男性にはまさに朗報。アデノシンは植物を含む生物のDNAを構成する成分のひとつです。人間の体内にも存在する物質であるために吸収がとても速いそうです。

 ◎かすみ目、疲れ目に効果がある(アントシアニン)※アントシアニンには、網膜の毛細血管の血行をよくし、疲れ目を改善する働きがあります。また活性酸素の害から目の毛細血管を守り、加齢による白内障等 を予防します。

 ◎血栓、脳卒中、動脈硬化、心筋梗塞を予防する(アントシアニン、アストラガリン)アントシアニンには血管を丈夫にし、血流をよくして血液を固まるのを防ぐ働きがあります。また同じく抗酸化作用を持つフラボノイドの配糖体(フラボノイドに糖を含んだ型で存在する類)のアストラガリンには、血圧を下げる作用があります。

 ◎抗菌作用がある(アントシアニン)※アントシアニンには、膀胱炎等の元になる大腸菌の他に 腸管出血性大腸菌やリステリア菌、虫歯菌、ピロリ菌などに対して抗菌作用があります。

 ◎アレルギー、炎症を軽減する(アストラガリン、トリテルぺノイド)※アストラガリンには、アレルギーの原因となるヒスタミンの分泌を抑制する働きがあり、花粉症による鼻炎症状などを改善します。また炭素30個から成る天然の有機化合物、トリテルぺノイドにも同様の効用があります。

 ◎利尿作用がある(トリテルペノイド)

※また根を歯茎にこすり付けて歯痛を鎮める作用、インド等では下剤にの作用もあるとされるそうです。豆部分も食べられるということですが、現代のタイではもっぱら花部分を利用するのが一般的なようです。

                           画像 060.jpg

 ご案内 

phayaoorchard1.jpg

パヤオ果樹園さんでは熱帯果樹の栽培を通して意義ある活動をされています。 

12autumn-index.jpg

logo2.gif

カナズギャラリーさんでは素敵な手作りのハーブ製品やフランス直接買い付けの品を扱っておられます。

 

 

  







最終更新日  2013.07.25 15:48:02
コメント(0) | コメントを書く
[アンチャン(蝶豆)の巻] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.