097031 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぷんぷいの空飛ぶかまど

PR

全2件 (2件中 1-2件目)

1

タイ王室プロジェクト(食用ほおずき)

2014.06.20
XML

                      ☆★食用ほおずきのジャム♪★☆

 herbfood125_41_z_kasa.gifランキング参加中 

    にほんブログ村  

 タイ王国も日本と同じく曇天と雨が多くなってまいりました。またまたタイらしく、続きは。。とか言いながら全く忘れた頃にやって来めーぷんぷいです。前回のタイ王室プロジェクト(食用ほおずき)の巻は、食用ほおずき求めて~でご紹介したあのケープグースべリー(食用ほおずき)。ジャムにして美味しく頂きました。

 実は先週、マツコデラックスさんと村上信吾さんの番組「月曜から夜更かし」で食用ほおずき紹介されていてびっくり(タイでも民放見てます)!もちろん日本産のものだったのですが、味は同じだったはず。お二人共初めての味に「マンゴと桃とトマトが混ざったような?何とも不思議な味」という感想でした。めーぷんぷい更に「みかんとココナッツの風味も」と付け加えたいので、ますます摩訶不思議な味に?というわけで、食用ほおずき=不思議なお味ということで。でもけして不味くはないのですよ。 

 

         画像 043.jpg

             画像 039.jpg

 タイ名 ケープグースベリー เคพกูสเบอรี่   ナス科  ほおずき属

 和名  食用ほおずき ストロベリートマト等

 英名  Ground cherry

 学名  Physalis peruviana L.

 原産国 中南米

 一般に言われている効用~(根拠と思われる含有成分)※補足と説明というようにしてみました。  

 風邪の予防になる~(ビタミンC)※ビタミンCには免疫力を高めて風邪を予防する効果があります。

 インフルエンザを予防する~βーカロテン※(βーカロテン)には粘膜を強くしてウイルスの侵入を防ぐ効果があります。                                                     

 眼によい~ビタミンC、βーカロテン※ビタミンCには活性酸素の増加を抑えて白内障の発症を予防する働きがあります。βーカロテンには夜盲症、黄斑変性症を予防する効果があります。 

 動脈硬化の予防~ナイアシン ※ナイアシン(ビタミンB3ともいう)には血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし動脈硬化を防ぐ効果があります。 

 脂肪肝予防~イノシトール ※イノシトール(ビタミンに似た働きをする物質)には、脂肪の流れを良くして肝臓に脂肪が溜まるのを防ぐ働きがあります。 

 二日酔いに効く~ナイアシン※ナイアシンには、二日酔いの原因物質アセトアルデヒドを分解する働きがあります。

 精神を安定させる~チアミン、ビタミンC ※チアミン(ビタミンB1ともいう)には精神を安定させる働きがあります。ビタミンCはドーパミン、アドレナリンといった抗ストレスホルモンの合成に関わります。

 貧血を防ぐ~ビタミンB12、ビタミンC ビタミンB12には赤血球をつくる働きがあります。※ビタミンCには鉄を吸収しやすくする働きがあります。                        

 *尚カロリーは100gにつき54kcalですが、根部分に堕胎作用があるため、妊婦は多食を控えた方が良いとする考えもあります。   

      

 この食用ほおずきジャムにすると味の複雑さがなくなって、甘酸っぱいマーマレイドに似た風味になります。シンプルにバターと一緒にトーストに塗って美味。 

                 画像 053.jpg

 つくり方は下の詳細を楽天レシピで見るクリックで、よろしければご参照下さい。            

                       
        
料理名:ジャム
作者:めーぷんぷい

■材料(約150ml人分)
食用ほおずき / 正味350g
砂糖 / 150g
レモン汁 / 小匙1

■レシピを考えた人のコメント
めずらしい食用ほおずきが手に入りました。フルーツっぽい良い香りと、甘酸っぱさが詰まったジャムをつくってみました。トーストにお菓子作りに意外な美味しさです。

詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…







最終更新日  2015.03.03 19:15:09
コメント(2) | コメントを書く


2014.03.12

 herbfood125_41_z_uguisu.gif←ランキング参加中♪ 

  にほんブログ村

 タイ王室プロジェクトのショップに行ってきました。タイ王室プロジェクトは、タイのロイヤルファミリーの方々が、国民の生活向上のために私財を投じて推進しているプロジェクトです。その内容は水資源、灌漑計画から教育まで実に多岐に渡ることに驚かされます。中でも農業プロジェクトで産出される農産物やその加工品、雑貨、工芸品は国内各地にある王室プロジェクトのショップで気軽に手に取り、購入することが出来ます。どれも高品質で安価なため、タイ旅行のお土産としても人気が高いものです。特に有機農法によって栽培された農産物は、町なかの大型スーパーでも扱われていて、日常の消費の対象となっています。めーぷんぷい、パタヤにもタイ王室プロジェクト製品の出店があったを思い出し、遊びがてらに寄ってみました。第一の目的は「食用ほおずき」粘着質めーぷんぷい、以前から気になっていた王室プロジェクトの食材です(タイのワイナリー PBバレーカオヤイワイナリー宿泊編ご参照)それに王室プロジェクトショップに行ったら、タイ産コーヒーで一服も外せません。コーヒー好きのめーぷんぷいとしては、まずは駆けつけ一杯です。

    画像1 068-001.jpg    画像 1067-001.jpg

  「うーん、旨い!」セントラルフェスティバルパタヤ地階にあるタイ王室プロジェクトショップでは、挽きたてのタイ産コーヒーを味わうことができます。最近はタイ各地で、この「ドイカムコーヒー「ドイトゥンコーヒー」などのタイ産コーヒーの名を目にすることが多くなりました「ドイカム」は、タイ王室プロジェクトの中でも、現プミポン国王の財団であるロイヤルプロジェクト財団により運営されています。こちらはタイ北部山岳地帯ドイインタノン周辺での農業開発事業を推進しているそうです。「ドイトゥン」はプミポン国王の故王母ソンワーン女史が設立したメーファールアン財団により運営されています。こちらはタイ北部山岳地帯ドイトゥン地域の農業開発を推進しているとのことです。タイのコーヒー栽培は、このふたつのタイ王室プロジェクトにより始まりました。1988年頃までヘロインの原料となる非合法なケシの栽培に頼っていたタイ北部の山岳地帯は、この王室プロジェクトによりコーヒーの産地となり、ケシ畑は一掃されて山岳民族の劣悪な生活も改善されていったのです。そして現在まで続々と新しい農産物が生み出されています。

            画像 1065.jpg                          

  王室プロジェクトの紹介VDOでその様子を知ることができます。ところで、めでたく期待の食用ほおずき発見です!

                         画像 1066.jpg

       

  画像1 024.jpg

    タイ王室プロジェクトのマークが貼ってありました。食用ほおずきめーぷんぷいが知らなかっただけで、ヨーロッパではフルーツの一種として食べられているそうです。また中南米では古くから薬用植物として扱われていたそうですよ。一方タイ北部ではこの食用ほおずき、もともと雑草のように生えていた植物だったそうです。王室プロジェクトによって、この名も無い植物が栽培されるようになりケープグースベリー~เคพกูสเบอรี่(Cape gooseberry)という名前で呼ばれるようになったそうです。   

                              画像1 064.jpg

     ほおずきジュースまで見っけ!おいしいのかな?きっとおいしいよ。       

 食用ほおずきのお味と効用は次回に続きます。 

 

  ご案内

 phayaoorchard1.jpg

 パヤオ果樹園さんでは熱帯果樹の栽培をとおして意義ある活動をされています。

 14spring-seasontop.jpglogo2.gif 

 カナズギャラリーさんでは手作りの素敵なハーブ製品やフランス直接買い付けの品を扱っておられます。  

  8cf5adcd2e077fa66b7637d94f3da9cbcf00ef9c_08_2_3_2.jpg    

  楽天レシピめーぷんぷいのマイページにご訪問お待ちしています。     







最終更新日  2014.04.13 10:53:20
コメント(2) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.